ビジネスモデルデザイン講座(IoTアイディア創出編)

「もし⾃動⾞と信号機、冷蔵庫と電⼦レンジが会話したら︖」 - IoT事業のアイディアをキャンバスに描こう!テクノロジーに関する知識は不要!

learn

こんなことを学びます

共著による「IoTビジネス入門&実践講座」が、2016年9月2日にソシム社より発刊決定!!
(アマゾンのサイト)
http://amzn.to/2ctSgDj
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
企業のイノベーションを加速させるメディア「BizZine」連載「事業企画の現場で使う、ツールTips」にて紹介の「IoTキャンバス」活用の体験講座です。講座にご参加いただく前に是非ご一読下さい。

(連載記事)
http://bizzine.jp/article/detail/1295
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
あらゆるモノがインターネットを介してつながる!!

昨今、IoT(モノのインターネット化)というテクノロジーが多くの関心を集めており、2020年には世界中で約365兆円という巨大な市場になるという予測までなされています。

米国シリコンバレーではソーシャルメディアに続く次の大きな波がIoTと言われており、1,000社以上のベンチャー企業がコンシューマー向けのIoTビジネスを続々と立ち上げているようです。

しかしながら、展示会に行ってもモノだらけで全然スマートじゃない、カンファレンスに行けばテクノロジーと将来予測の話ばかりとフラストレーションをお感じの方も多いかと思います。

多くのビジネスピープルにとって、これから何が起こるのか、自社の業界にどのような影響があるのか、どのように取り組めばよいのか、どのようにアイディアを出せばいいのか..いろいろと悩んでいるのが現実ではないでしょうか?

本講座は、IoTビジネスによる成長機会を模索している企業やスタートアップに対して提供される一連のワークショップのエントリー版です。IoTビジネスに大きなポテンシャルを感じている方であれば、テクノロジーに精通している必要は全くありません。テクノロジー部門の方のみならず、プロダクト/サービス開発やマーケティング関連に携わっている方にも役に立つものと考えております。また、グループでのご参加も大いに歓迎いたします。

<こんな風に進めます>
レクチャーとグループワークによる二部構成です。グループワークでは、約150のIoT事例をご紹介しつつ、身近にあるモノとしての素材や質問カード約200枚、アイディアを可視化するためのIoTキャンバスを駆使しながら楽しく進めていきます。

<このワークショップで得られるもの>
・IoTビジネスの本質とポテンシャル
・IoTビジネスのアイディア発想法
・自社のビジネスにイノベーションを起こすきっかけ!

<持ち物>
ノートPCおよびスマートフォンをお持ちの方はご持参下さい(必須ではありません)。

<定員数>
基本14名(要望と開催スペースに応じて変わります)

<その他>
領収書が必要な方は、以下より発行いただくことができます。
http://goo.gl/2LiQep

<参考スライド>
http://www.slideshare.net/kazuyashishirai/io-t-ioe?qid=8f50421d-c4a2-4218-bca8-d9efdb06c6ef&v=qf1&b=&from_search=1

<成果物サンプル>
http://www.slideshare.net/kazuyashishirai/iot-70458692
387人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

過去に開催した日程一覧

スタートアップ、事業開発、イノベーターのためのビジネスモデルデザイン講座 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

この講座の先生

白井 和康

革新的なビジネスモデルを再発明する

ビジネスイノベーションハブ株式会社 代表

大手システム・インテグレーターやコンサルティング・ファームを経て、2014年にビジネスイノベーションハブを設立、代表取締役に就任。スタートアップから大手企業まで、ビジネスモデルのデザインに関するコンサルティングやプロジェクトのファシリテーションを手掛ける。

日立グループの人財育成事業を行う(株)日立インフォメーションアカデミーの定期プログラム「顧客価値の発見とビジネスモデルデザイン」を担当。世界中の経験と知見が循環する社会の創造を目指す(株)サーキュレーションの主任研究員を兼務。

(株)翔泳社が運営する企業の事業開発者のためのWebメディア「Biz/Zine」にて、長期連載コラム「ビジネスアーキテクト養成講座」、「事業企画の現場で使う、ツールTips」を担当。

サーキュレーションとの共同運営のFacebookページ「ビジネスアーキテクチャー研究ラボ」は、18,000人以上のファンをもつ。

2016年9月「IoTビジネス入門&実践講座」共著にてソシム社から発刊。2016年12月「ビジネスモデルデザインの道具箱」を翔泳社から発刊予定。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    IoTビジネスの本質(レクチャー形式)約60分
    ・IoTビジネスのポテンシャルと本当の価値
    ・全ての企業がサービス業に変身
    ・IoTビジネスで未来を切り開くための要件

    IoTキャンバスを活用したアイディア創出(グループワーク形式)約90分
    ・テーマ、モノ、ヒトの設定
    ・IoTアイディアに役立つ20の質問
    ・収集可能なデータの発見
    ・IoTビジネスアイディアの創出
    ・アイディアのプレゼンテーション
  • こんな方を対象としています

    ・IoTビジネスを検討中の新規事業部門のご担当者
    ・IoTビジネスを検討中のスタートアップ起業家
    ・IoTビジネスに関心のあるその他全ての組織および個人
  • 受講料の説明

    ご参加者全員に以下を提供します(印刷は各自でお願いします)。
    ・IoTアプリケーション事例150選
    ・IoTビジネスデザインカード(約260枚)

review

レビュー

  • 男性 40代

    この講座は「大変、ためになる講義」でした

    もちろん、IoTビジネスのアイデアは自身で見つける必要がありますが、IOTキャンパスなどの各ツールで具体化する手段を学べる講義でした。

  • 男性 50代

    この講座は「短時間でも有意義な講習でした」でした

    短時間でしたが、有意義な時間を過ごすことができました。
    また機会あれば先生の講習を受講したいと思います。
    宜しくお願い致します。

  • W1

    女性 20代

    この講座は「IoTの面白い事例がわかる講座」でした

    先生の見せてくださったIoTの事例がとても勉強になりました!

  • 男性 50代

    この講座は「ビジネスを考え出す発想を身に付ける入口となる講座」でした

    IoTを利用したビジネスとはどのようなものなのか、また、ビジネスモデル創出にあたってアイデアをどのように出していけばいいのか、そのイメージがいくつかの事例のプロモーション映像視聴やグループワークを通じて理解できました。
    グループワークで使用した「IoTキャンバス」というシートや素材のカード(紙媒体として配布された訳ではなく画面で見る形でしたが)は今後も実際に使用していきたいと思います。
    短時間ではあったので、入口に来たのみという感じですが、現状のままでは今後が不安で、新しいことを生み出すきっかけを掴みたいと考える方にはおすすめだと思います。

  • 男性 40代

    この講座は「IoTについてざっくり理解する研修」でした

    フレームワークやグループワークをしながら、IoTについて理解を深めることができます。

  • 女性 30代

    この講座は「IoTビジネスキャンパスついての基本を楽しく学べる講座」でした

    最初に動画をみんなでみて一通りIoTに関する基本的な知識を吸収し
    グループに分かれて実際にビジネスモデルを作りました。
    時間が足りずビジネスモデルの出来はまあまあでしたが人と話し合うことでアイデアに新たな風が吹き込んでとてもよい刺激になりました。

  • 男性 30代

    この講座は「利益と可能性が爆発するような会」でした

    製品事業が衛星という非常にニッチな分野だったことから、IOTとどうコラボしていけばいいのか悩みの種でした。先生の非常に綺麗でシンプルなプレゼンとアイデアワークを通して、今まで固まっていた固定観念から取り払われた気がします。今回のアイデアで自社分野に多くの可能性を見つけられました。本当に来てよかったです。ありがとうございました!

  • 男性 40代

    この講座は「忙しい人にもお勧め」でした

    方法論と例示がコンパクトにまとまっていて、大変費用対効果の高い講座でした

  • 男性

    この講座は「IoTを知らなくても大丈夫」でした

    IoTを知らなくても、簡単な説明があり、IoTのビジネスモデルを
    身近なものとして考えることができるコースです。
    ビジネスモデルを考える方法を参加者数名でチームとなって
    作成します。
    IoTを本気で勉強するコースではなく、ビジネスモデルデザインを勉強するコースなので
    物足らない人もいると思います。

  • 男性 30代

    この講座は「アイディエーションを体験する良い機会」でした

    アイディア創出編、とあるようにアイディアを出すプロセスを体系立てて経験する良い機会だと感じました。逆に言うとこの講義は「ビジネスモデル」のデザインまでは辿り着かないので、自分の期待と合致しているか、確認する必要があります。再度となりますが、アイディア創出のプロセス、ツールを学ぶ経験として良い講座だと感じました。