イタリアのプロダクトデザインの黄金時代

「えー、昔はこんなものがあったのか!」いう発見があるとおもいます

  • 開催回数

    2
  • 受けた人

    2
  • 受けたい人

    7
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

イタリアのプロダクトデザインの黄金時代とも言われている1960年代から70年代にかけての多くの作品を振り返ります。
添付画像はその一部です。
最初の本はずいぶん古びていますが、当時の世界中のデザイン事務所でこの本がおいてないところはないほど有名な本です。
1972年にニューヨーク近代美術館で開催された、イタリアの当時のデザインを俯瞰する内容です。
2枚目は今でもたぶん「いちばん美しいミシン」といわれる「mirella」で、1956年に世に出たマルチェロ・ニッツォリのデザインによるものです。
3枚目は今も現役のマリオ・ベリーニデザインのオリベティ社のプリンター付き計算機です。
美しい造形ですが、ICT技術の進歩のなかで消えていったものです。

この講座の先生

本上 文士
WEB

本上 文士

工業デザイナー&フードコーディネーター

千葉大学工学部工業意匠学科を卒業後、イタリアおよびドイツのデザイン事務所に4年間勤務の後帰国。
都内にて工業デザイン事務所を自営。
傍ら、都内のデザイン専門学校やベルリン芸術大学にて、客員教授・講師を務める。
2000年頃より、以前より興味のあった「食」分野の仕事...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数7

教えた人数10

当日の流れとタイムスケジュール

約1時間半程度、画像を見ながら、お茶を飲みながらリラックスした雰囲気で参加していただけます。(ただし、お茶は自分で買って持参してくださいね)

こんな方を対象としています

デザインやインテリアや雑貨小物に興味のある方

受講料の説明

他は一切不用

受講する際は以下をお読み下さい

こちらで簡単なレジメのようなものを用意しますが、筆記用具があったほうがいいでしょう

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:新宿・代々木

    受講料:¥ 1,500

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

本上 文士 さんの他の講座

Page Top