お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

Naramoto Yojiのプロフィール写真

Naramoto Yoji

本人確認済み
(65)
  • 156人
  • 68回

"作りたい"を"作れる"へ

"ハイテク品を買うよりローテク品を作る方がハイテク"が信条のマルティプルクラフト作家です。デザインやクラフト品を売っている人です。
そこで得た知識をワークショップなどで還元しています。

様々なものづくりやDIYをします。
■たたら製鉄
■ウッドデッキ制作
■刃物
鋼を熱したり冷ましたりして硬さや削りやすさを調整してナイフを形作っていきます。
■グラフィックデザイン
企業ロゴのデザイン等
■アナグラフ
氏名など文字面を変形させて写実的な人物画やキャラクター的な絵を描きます。
■シルクスクリーンプリント(布印刷)
紗張り、感光製版、印刷の一連の作業と、露光機や印刷台などの機材作りからやります。
■ステンドクロス
布にステンドグラス調の絵を描く技法で、誰でも失敗せずに綺麗な図柄が描けます。
■豆本製本
布ハードカバー無線綴じ
■言葉遊び
言葉の連想イメージを組替えて言葉に新しい肌触りを感じます。
■鳥や小動物の解体
■ロケットストーブ
簡単な仕組みで高性能な災害時やキャンプで活躍するコンロを作ります。
■レジンアクセサリー

製作物参考:https://minne.com/anagraph

企業研修のご依頼はこちら
Naramoto Yojiの教室ページの見出し画像

アナグラフ

自分でモノづくりする人を増やすための教室です。

ひとりでモノを作ると、必ずと言っていい程つまづきます。
そして自分は向いていないんだとモノづくりから離れていきます。
一方でその段差を乗り越える人もいます。それは工夫をした人たちです。

工夫はその都度違いますが、何を工夫すればいいのか、それは経験が物を言います。
ワークショップの時間はごく僅かなもので経験を積むには不十分です。
だからこそ、この教室では加工する材料や道具の形状や材質、材料ー道具ー体の位置関係など「何を工夫すればいいのか」を考える“切欠”を持ちうる限りの知識と経験から伝えていきます。

その“切欠“”を持ち帰ってもらうことで、自分自身のモノづくりを豊かにしてほしいと思っています。


ご不明な点はメッセージまたは下記メールアドレスまでお問合せください。会場のユギムラ牧場への連絡はお控えください。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー65件

男性 50代

この講座は「中学の技術の授業を思い出しました」でした

『先生は高校・大学では工学部とかですか?』『いえ、文学部哲学科です。』(笑)
そして、焼き入れ・焼きなましの説明等は、科学的で理科系チック。
穏やかな雰囲気の先生でした。
金属を切る時は火花も出るし、プロの工具は最初、ビビりました。
ナイフは、なかなか、難易度が高く、失敗を先生にフォローしてもらいながら、完成しました。

男性 40代

この講座は「女性でも楽しめる講座」でした

初めての電動工具にビビってしまい、やや慎重になりすぎましたが、先生の優しいフォローもあり最後までやり遂げる事が出来ました。鋼の性質や刃物になるまでの過程を実体験出来たのは大変貴重なものでした。電動工具を使用している間は、緊張感が尋常ではなかったですが、不器用な私でもナイフを完成出来た事は非常に嬉しかったです。作業に迷った時は直ぐに先生に確認、軌道修正してもらえるので安心です。少し頼り切ってしまった感はありますが、私には丁度よかったです。今回はご指導有難うございました!

その他 40代

この講座は「★一生モノの宝物★」でした

ナイフづくりを、鉄の特性の基礎を学びながら、実際に工作機械を使って、楽しく体験できました。かなり本格的。朝から夕方まで1日がかりのワークショップで、(付き添いの親は^_^)大変でしたが、子供たちは、作業に没頭し、時間が足りないくらい。あっという間に時間が過ぎたと言ってます。家に帰ってからも、興奮は止まりません。一生大事にする宝物ですって。よい思い出になりました(´∀`)

その他 20代

この講座は「熱中クラフトナイフ!!」でした

初めてのナイフ作りでしたが、項目ごとの注意点や作業工程の意味合い、ナイフ作りのプロセスをわかりやく指導して頂きました、質問も丁寧にお答えして頂けて、理解も深まりました。
ナイフ作りに熱中して、時間もあっという間に過ぎる、濃厚な学びのある口座でした。

65 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真