Naramoto Yojiのプロフィール写真

Naramoto Yoji

(20)
  • 62人
  • 25回

"作りたい"を"作れる"へ

"ハイテク品を買うよりローテク品を作る方がハイテク"が信条のマルティプルクラフト作家です。デザインやクラフト品を売っている人です。
そこで得た知識をワークショップなどで還元しています。

様々なものづくりやDIYをします。
■たたら製鉄
■ウッドデッキ制作
■刃物
鋼を熱したり冷ましたりして硬さや削りやすさを調整してナイフを形作っていきます。
■グラフィックデザイン
企業ロゴのデザイン等
■アナグラフ
氏名など文字面を変形させて写実的な人物画やキャラクター的な絵を描きます。
■シルクスクリーンプリント(布印刷)
紗張り、感光製版、印刷の一連の作業と、露光機や印刷台などの機材作りからやります。
■ステンドクロス
布にステンドグラス調の絵を描く技法で、誰でも失敗せずに綺麗な図柄が描けます。
■豆本製本
布ハードカバー無線綴じ
■言葉遊び
言葉の連想イメージを組替えて言葉に新しい肌触りを感じます。
■鳥や小動物の解体
■ロケットストーブ
簡単な仕組みで高性能な災害時やキャンプで活躍するコンロを作ります。
■レジンアクセサリー

製作物参考:https://minne.com/anagraph

Naramoto Yojiの教室ページの見出し画像

アナグラフ

自分ひとりでモノづくりできる人を増やすための教室です。

ひとりでモノを作ると、必ずと言っていい程つまづきます。
そして自分は向いていないんだとモノづくりから離れていきます。
一方でその段差を乗り越える人もいます。それは工夫をした人たちです。

工夫はその都度違いますが、何を工夫すればいいのか、それは経験が物を言います。
ワークショップの時間はごく僅かなもので経験を積むには不十分です。
だからこそ、加工する材料の形状を、材質を考え、道具の形状を、道具の運動方向を、関節の稼働軸を考え、材料と道具と体の位置関係を考える切欠をこの教室では持ちうる限りの知識と経験から伝えていきます。

その切欠を持ち帰ってもらうことで、自分自身のモノづくりを豊かにしてほしいと思っています。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー20件

男性 40代

この講座は「金属加工と鋼の知識が楽しく学べる講座」でした

鋼の小片を切断して削り、焼き入れ・焼き戻し処理して刃を作り、同時に木片を加工して柄を作り、接着してナイフを完成させました。
複数の電動工具を使った金属・木の工作体験に加えて、短時間ですが鋼の熱処理に関する専門知識の座学もあり、密度の濃い講座です。また、自分で考えたデザインのナイフ作りができる点も面白いです。中学生の息子と一緒に参加し、2人とも大満足でした。ありがとうございます。

続きを読む

男性 30代

この講座は「非常に勉強になる講座です。」でした

演習形式なのですごく実践的でためになりました。

続きを読む

男性 40代

この講座は「期待通りの講座」でした

鋼材から刃物を作り出す。木片グリップを着けてナイフにする。講師とやり取りし、知識欲を満たす。一日かけて何とか完成に持っていきます。充実した時間を過ごせました。講座説明に過不足なく思います。読んでピンと来た方なら、面白く取り組めるのではないでしょうか。

続きを読む

その他 40代

この講座は「金属に対する考えが少し変わるかも?」でした

参加する前は時間が長いなぁと思うかもしれませんが、あっという間です。
自分の頭の中の物が形になるのは楽しいですね。
座学も少しありますが、とても分かり易く教えてもらいました。
楽しかったですね。

続きを読む
20 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真