“できる場所”がここにある!

たたら製鉄と羊肉BBQ

learn

こんなことを学びます

昨年の11月に操業した、たたら吹きの光景です。砂鉄と木炭を炉内に交互に投入して風を送り込み夜空の天井に昇り星を散りばめながら炎の柱を立ち上げます。

大規模なたたら製鉄は一度途絶え、現在では唯一、奥出雲の日立金属泰樹製作所で少ない頻度で操業されており、そこで作られた玉鋼(不純物の極めて少ない良質の鋼)は刀鍛冶にだけ販売されています。刀は美術品で、それはそれで素晴らしいことです。

ただ、ここユギムラ牧場には工房があり、ナイフづくりのワークショップなどをやっていることもあって、そんな優れた鋼を使って、包丁やナイフ、鉈や鎌など実用刃物を作れないものか、それが最初の動機づけでした。
製鉄は4000年も前に発明された技術です。溶鉱炉のような大がかりな設備もありません。あったのはもっと素朴な土地土地にあるものです。

そして、それはここにありました。

八王子地域には砂鉄の取れる場所があります。
里山を手入れして木を切って炭焼き小屋で炭を作る人達がいます。
そして大きな炎を立ち上げることのできる環境が都心から50分ばかりの八王子の里山に、このユギムラにはあります。

だからやります。
秋の近づく夜の里山で、燃える紅葉に先駆けて。



この操業を通して、以下のことについて触れます。
・砂鉄の集め方
・鋼の面白い性質について
・現代製鉄とたたら製鉄でできる鋼の違いについて
・炉の組み方。
・炉内での酸化還元反応について
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

多摩

価格

¥6,000

受けたい
14人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

"作りたい"を"作れる"へ

"ハイテク品を買うよりローテク品を作る方がハイテク"が信条のマルティプルクラフト作家です。デザインやクラフト品を売っている人です。
そこで得た知識をワークショップなどで還元しています。

様々なものづくりやDIYをします。
■たたら製鉄
■ウッドデッキ制作
■刃物
鋼を熱したり冷ましたりして硬さや削りやすさを調整してナイフを形作っていきます。
■グラフィックデザイン
企業ロゴのデザイン等
■アナグラフ
氏名など文字面を変形させて写実的な人物画やキャラクター的な絵を描きます。
■シルクスクリーンプリント(布印刷)
紗張り、感光製版、印刷の一連の作業と、露光機や印刷台などの機材作りからやります。
■ステンドクロス
布にステンドグラス調の絵を描く技法で、誰でも失敗せずに綺麗な図柄が描けます。
■豆本製本
布ハードカバー無線綴じ
■言葉遊び
言葉の連想イメージを組替えて言葉に新しい肌触りを感じます。
■鳥や小動物の解体
■ロケットストーブ
簡単な仕組みで高性能な災害時やキャンプで活躍するコンロを作ります。
■レジンアクセサリー

製作物参... + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    炉内反応の概要講義
    ・築炉
    ・炭切り
    ・送風
    ・炉解体
    ・鉧出し

    並行してBBQ
  • こんな方を対象としています

    以下の言葉が引っかかる方
    ・たたら吹き
    ・製鉄
    ・里山
    ・資源
    ・実験考古学
    ・炎
    ・火柱
    ・BBQ
  • 受講料の説明

    講師料、体験料、夕食代
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日連絡用の携帯番号をお知らせください。

    火花が散ります。
    汚れてもいい長袖、長ズボンでお越しください。
    軍手をお持ちの方はご持参ください。

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています