teppei takazawa 『一眼レフを学ぶと人生が変わる』と思ってる人(笑) location 神奈川
  • レビュー 18
  • 教えた人数 35
  • 開催回数 9

profile

自分を表現したくてウズウズしてた留学生時代にたまたま手に取ったカメラ(アナログ)をきっかけに、いつの間にか写真の道へ。もともと大の映画好き&アート好きだったため、その中間に位置してるような写真に魅かれたのだと思います。

写真は『眼差しの芸術』や『選択の芸術』と言われますが、私個人は『出会いの芸術』だと思います。カメラを覗いた時に見える世界との出会い、その瞬間に頭の中で起こるスパーク‼︎、それを写真に残すことが大切だと思っています。

略歴
1978年神戸出身
2004年 二ューヨーク市立大学クィーンズ校芸術学部卒業。写真現像所にて白黒写真のプリンターとなる。
2005年に帰国し上京。CDカバーやポールダンサーの撮影を行う。現在はモデル撮影、商品撮影、インテリア撮影、インタビュー撮影等をメインに活動中。

2011年より白塗りアーティストminori氏との作品制作を開始。
2014年その写真作品がホノルル美術館に収蔵され、横浜トリエンナーレ関連イベント『100人先生』でminori氏と一緒に講義をする。
2015年以降はminori氏と世界各地のイベントに参加し、作品制作を行う。


skills

スキル&専門知識タグ

  • 撮影会
  • モデル撮影
  • 18

  • 楽しかった!( 12 )

  • 勉強になった!( 14 )

  • 行く価値あり!( 12 )

  • 男性 20代

    この講座は「感性にうったえるカッコいい写真が撮れる」でした

    「カッコいい写真をいかに撮るか」に力点を置いた講座です。普段から写真は撮るけれど、どれも平凡になってしまうという悩みをお持ちの方にはぴったりの講座だと思います。

    非常に勉強になりました。また同じ先生の別の講座に参加したいと思います。

  • 男性 50代

    この講座は「文字通り、作品創り(見る者に創造させる)のキッカケを与える講座」でした

    モノクロ撮影は初めてでしたが、カラーと異なり、光そのものや光が生み出す陰影がとても分かりやすく、先生がその場で撮った構図見本画像を参考に心地よく撮影することができました。
    構図のセンスにない私が作品創りを学ぼうとする際には、先生のマニアックさがちょうど良く感じます。
    ありがとうございました。
    作品創りの参考になる画集もしくはサイトなどあればご紹介ください。

  • 男性 40代

    この講座は「写真の見方も変わる講座」でした

    基本的な写真技術はもちろん、作品としての見方、考え方などについてご教授いただきました。普段なかなか考えない要素でしたので、大変勉強になりました。また実施でも具体的な撮影方法などを教えていただき、大変勉強になりました。

  • 女性 50代

    この講座は「何をどう撮るかを導いてくれる講座」でした

    キューブリック監督のホラーの金字塔「シャイニング」を何度か見ていたので、廊下に並んで佇む双子の映像は鮮烈に脳裏にありました。ダイアンの写真集の双子を見た時、映画の双子はこの写真へのオマージュかと思い当たったのでした。(実際もオマージュだったと後で知りましたが)。多くの物を見て生きてゆく日々の中で、記憶に深く突き刺さる映像、あるいは作品。
    その眼差しを持って、何を選択するか?
    まさに、写真とは?の答えではないでしょうか。
    大変、興味深い講義でした。

  • 男性

    この講座は「ワークショップ101〜【光の話】」でした

    *お父様が画家という環境のためか、他の写真家にはない視点での座学内容で、非常に  新鮮で勉強になりました。
    *実際の撮影会では、各被写体に対して、まずご自分の嗜好なり見方を説明して下さった ので、ここでも非常に勉強になりました。

  • 男性 30代

    この講座は「モノクロとマニュアルモードを楽しく学べる講座」でした

    前半は座学でカメラのマニュアルモードについて必要な知識を分かりやすく説明していただきました。
    また座学の中で先生がNYCで学んだ知識をアートな写真も交えて情熱的に紹介していただき、とても興味深い内容でした。
    後半の撮影実習はあいにくの雨天でしたが、屋内でも十分に写真映えするスポットをたくさん周り、マニュアルモード、そしてモノクロの写真の面白さ、光の見方を楽しく勉強できました。

  • 女性

    この講座は「楽しくわかりやすい。」でした

    マニュアル撮影は、ほとんどした事がなかったのですが、スムーズに使いこなす事が出来るようになりました。私の分けの分からない質問にも丁寧に答えていただき、機会があればまた参加させて頂きたいとおもいます。

  • 男性

    この講座は「マニュアル撮影の面白さが分かる」でした

    前半は座学で、絞り・シャッタースピード・ISO感度の関係についてさらっとおさらい。後半はみなとみらい周辺を散策しながら自由撮影。このとき、モノクロのマニュアルモードで、絞りとシャッター速度を自分で決めながら撮影します。普段カメラ任せにしている部分をしっかり意識しなければならないので勉強になりました。何よりマニュアルモードの面白さを知ることができたのが収穫でした。撮影後にすぐに解散だったので、フィードバックや意見交換の時間があればなお良かったと思います。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「電信柱は邪魔だった」でした

    勤め先の地域でしたので電信柱がないことは知っていたのですが、あの地域特有の解放感はそれゆえだったということを撮影してみてわかりました。またグルリとまわってみたいと思います。先生、参加された皆様、おつかれさまでした。

  • 女性

    この講座は「きっかけをもらえた講座」でした

    今まではモノクロ撮影も、マニュアル操作もしていなかったので、
    光を見ながら自分で設定を操作することなどを、野外撮影で歩きながら体験できました。
    これからは状況に応じてマニュアル撮影も試してみたいなと思うきっかけをもらえました。