写真撮影を"作品作り"にするワークショップ102〜【絵作りの話】

【初心者〜中級者】写真のテクニカルな部分だけではなく、その芸術面や”写真表現とは何か?”に重点を置いたワークショップです。なかなかレアです。

learn

こんなことを学びます


【初心者〜中級者】向けの写真のアートの部分にフォーカスした講義です。
【光の話】を受けてからの方が分かりやすいですが、この講座からでも受けられます。

『写真撮影』を『作品作り』にするワークショップ・シリーズ第2段は『絵作りの話』です。

この講座のテクニカル面はまずデジタルカメラの画質の話から始まって、レンズ、ホワイトバランスと【光の話】では解説できなかったパートのお話をします。
そして、後半のアート面ではロベール・ドアノーと、リー・フリードランダー、蜷川実花といった3人のフォトグラファーの写真集を中心に写真表現の面白さや深さについて紹介していきます。


【初心者〜中級者】向け、写真のアートの部分にフォーカスした講義です。

<こんなことが体験出来ます>
一眼レフのマニュアル撮影で、光の量のコントロール(露出)、変え方を体験出来ます。
写真作品の"鑑賞の仕方"が分かるようになります。
ちょっと珍しい写真集を使って写真の魅力を解説します。

みなとみらい周辺のレンタルスペースにて1時間30分の講義、その後屋外撮影となります。

<こんな風に教えます>
最初の1時間の座学をにて、写真の基本的な原理に加えて、写真の芸術的部分を有名なプォトグラファーの作品や自分の過去作品を用いて説明します。
少人数制で分かり易く丁寧に指導します。


<このレッスンで得られるもの>
光をコントロールしながら、写真を撮る様になります。
シャッターを押す前に設定を色々考える様になります。 
自分の撮った写真に”個性”入る様になります。
日常生活から”光”にうるさくなります。
多分、ちょっと人生の見方も変わります。

<定員>
基本 6名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

SOLD OUT

12/9 (日)

1:00PM - 4:00PM

神奈川 / 横浜・みなとみらい

予約の締切り日

12/8(土) 1:00PM まで

参加人数

6/6人

開催場所

京浜東北線 桜木町駅 徒歩3分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格(税込)

¥3,500

  • SOLD OUT

    12/9 (日)

    1:00PM - 4:00PM

    神奈川 /横浜・みなとみらい

    選択中 選択
  • 日程が合わないですか?
    気軽に先生に開催リクエストしてください。
    開催リクエストする
受けたい
126人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

日本で珍しく『写真リテラシー』に力点を置いてます!

自分を表現したくてウズウズしてた留学生時代にたまたま手に取ったカメラ(アナログ)をきっかけに、いつの間にか写真の道へ。もともと大の映画好き&アート好きだったため、中間に位置してるような写真に魅かれたのだと思います。

略歴
1978年神戸出身
2004年 二ューヨーク市立大学クィーンズ校芸術学部卒業。写真現像所にて白黒写真のプリンターとなる。
2005年に帰国し上京。CDカバーやポールダンサーの撮影を行う。現在はモデル撮影、商品撮影、インテリア撮影、インタビュー撮影等をメインに活動中。
2011年より白塗りアーティストminori氏との作品制作を開始。
2014年その写真作品がホノルル美術館に収蔵され、横浜トリエンナーレ関連イベント『100人先生』でminori氏と一緒に講義をする。
2015年以降はminori氏と世界各地のイベントに参加し、作品制作を行う。2017年10月、その活動が英国BBCのWEB版に取り上げられ、全世界で報道される。2018年7月、minoriとの今までの作品をまとめた三部作の総集編『minori Trilogy』をKindleより出版する。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    14:00 桜木町付近のレンタルスペースに集合 座学を開始します。

    15:30  屋外で撮影開始

    17:00 撮影終了
  • こんな方を対象としています

    一眼レフを買ったけど、使い方が分からない方
    マニュアル撮影をしたい方
    自分が思っている様な写真が撮れない、もっと上手く撮れるはずと思ってる方。
    写真を趣味にしようとしたけど、イマイチ何が楽しいか分からない方
    写真のセンスがないって言われた事がある方
  • 受講料の説明

    カフェでの開催の場合は別途、飲み物代を頂く可能性がございます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は歩きやすい服装でお越し下さい。
    座学もありますので、必要な方は筆記用具を持参して下さい。
    ご自分の一眼レフをお持ち下さい。持ってない場合は、お貸し致します。(二台まで)
    小雨ではレインコート等の雨具を用いて、講義を決行致します。

review

レビュー

  • 11

  • 楽しかった!( 8 )

  • 勉強になった!( 8 )

  • 行く価値あり!( 7 )

  • 男性

    この講座は「作品としての写真と向き合う方法を学ぶ講座」でした

    大変、熱のこもった話をされる先生でした
    今まで気づかなかった、作品としての写真を
    意識させてくれたような気がします

    他の先生に比べて、講座の開催数が少ないようなので
    開催されていたら是非申し込んでみたら如何でしょうか?

  • 男性 40代

    この講座は「勉強になりました」でした

    撮影場所の選定から撮影対象の選択など細かいところまで教えていただけました レベルに応じて教えていただけるので安心して受講してほしいです

  • 男性 70代

    この講座は「写真撮影を"作品作り"にするワークショップ102〜【絵作りの話】」でした

    座学で一番印象に残った言葉は、「視線誘導」でした。ただ夢中になって撮影していると、目に入った被写体しか残りませんが、写真を見る人の視線を誘導出来るような作品が撮れれば良いと切実に思いました。

    こんな撮影場所があったのかと思われる所が色々あり、ロケハンに力を入れていると言われていましたが、さすがと思いました。出来れば再度同じ場所で一人でじっくりと撮影できればと思います。どうも有難うございました。

  • 男性 70代

    この講座は「撮影を、「作品作り」にするワークショップ」でした

    先生は、ニュウヨークで写真を学んだ人らしく「アートとしてのものの考え方、見方」
    アメリカナイズされていて、シンプル、大胆、センシティブで、明解な教え方を、感じました。

  • 男性 30代

    この講座は「プロ視点からの写真がわかる講座」でした

    講座の中で一番聴き応えがあったのは、写真集を例に各写真家の特徴をお話していただいたこと、プロならではのものの見方がわかるこぼれ話、それと先生のマニアックな話(笑)

    それと撮影実習でもプロはどのようにしてロケを観ているのか、カメラをどう操作しているかがわかりとても勉強になりました。

    個人的には写真表現に関する先生のいろんなマニアックな話をもっと聞きたかったという感じでした。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています