ストローアートの定番「エビ」を編む

触覚の長〜いカッコいい〜「エビ」自信作です

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
曲がるストローを使います。長手方向に、細い触覚2本、残り本体2本を切り出します。触角2本に本体2本を重ね編みしてエビの形を仕上げます。曲がる部分をエビの背中に見立てて、尻尾部を加工して完成です。

なお、前もって、私の別講座「草バッタを編む」を受講していただけば、草バッタの基本編みとほぼ同じなので、上述の作業はすぐ理解できると思います。
(草バッタのシュロの葉よりもストローは硬いので編むのに多少コツというか力がいります)

<この新作の特徴は?>
実際のエビ(複数本触覚)ではなく「エビ」風のストローアートです。長ーい触角がとてもカッコいいです。(と私は思っています)

旅先のレストラン、、、目の前にあるストローを使って、さっさとストローエビを編んで見せれば、旅仲間や友人に受けること間違いありません。ぜひ旅の称賛お供スキルとして、子供たちへのどうだ!自慢スキルとして、ストローアートにチャレンジしてみませんか。

<こんな風に教えます>
少人数制のグループで丁寧に教えます。
講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、自由に楽しく学んで頂きます。

<定員>
基本 2名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

吉祥寺・三鷹

価格(税込)

¥1,500

受けたい
13人が受けたい登録しています

この講座の先生

無心の手作業は心の糧

手作業好き、放浪旅好きのお爺さんです。

 草玩具(草バッタ、金魚、フェニックス等)を作って、フリマに出したり、子供達に教えたりしています。
 ストローアート(エビ、サソリ等)は独特の雰囲気を持つ形態を考案しました.
 とても高く飛ぶ竹とんぼを作ります。無心に竹を削っていると時間を忘れます
 海外旅では日本人学校を訪問、現地の子供たちと一緒に折り紙を楽しんだりしています。
 折り紙は折った後で遊んで楽しめる、唇、花火、マジックボールなどが大好きです。
 数独は独自に編み出した3/2法を使えば、超難問レベルも楽々クリアーです。
 最近は裁縫に目覚め、ネクタイリメイクでペンケースを作ったりしています。
ーーー世界一周旅、自転車やバイクで日本一周、四国のお遍路をしたりしました。その時、上にあるような手作業の技のおかげで、外国でも言葉の壁を乗り越えて、現地の人たちと交流できました。

  • こんな方を対象としています

    ストローアートに興味のある方。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    素材のストロー、はさみは用意しますので持ち物は一切不要です。
※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 0 )
  • 勉強になった!( 0 )
  • 行く価値あり!( 0 )
  • W2

    女性 40代

    この講座は「楽しくてわくわくする講座」でした

    まさかストロー1本でエビが作れるとは!と感動しました☆
    先生が分かりやすく説明して下さったので無事完成しました。
    だんだんエビの形になっていくので作っていて楽しかったです♪
    友人にプレゼントしたら喜ばれました!

  • この先生の他の講座

    16

    開催リクエスト受付中

    9

    開催リクエスト受付中

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?