【少人数制】懐かしいテレビゲームの作り方を楽しく学べる!入門編WS

ゲームを作ってみたいと思っているあなたへ。ゲームクリエイターが作った教材で楽しみながら学べる入門知識編のワークショップです。

こんなことを学びます

私はこれまでテレビゲームのソフトを制作してきました。

1983年の発売以来、国民的テレビゲームとして大人気となったファミリーコンピューター。
30代以上の方ならば、お気に入りの一本が思い浮かぶのではないでしょうか。
なんと、あのカセット一本の容量はわずか40キロバイト。
現在のiPhone8のカメラ画像1枚は約4.8メガバイトですから、カセット約100本分に相当します。
このような限られた容量のなかで、ぐっと引き込まれる世界観が構築されていたことには驚かれるのではないでしょうか。

私がワークショップでお伝えしたいことは、自分がゲームクリエイターとして体験したテレビゲームづくりでの創意工夫、楽しさをみなさんにお伝えすることです。
これからの世の中では課題発見・課題解決能力が求められます。
テレビゲームづくりを通して、一人でも多くの方にクリエイティブ志向を身につけていただく手助けができれば、すばらしいことだと思っています。

このワークショップは、シンプルなレトロゲームをきっかけとして、テレビゲームづくりの第一歩を記す入り口となることを意識した、入門講座です。

主にテレビゲームに関する知識をお伝えします。

・ファミコンやそれ以前の、レトロなゲームの簡単な歴史
・テレビゲームが動くしくみ
・レトロなゲーム表現の制約や、それを逆手に取って工夫した表現
・レトロなゲームの構造、仕組みの基本パターン
を学んでいただきます。
※ “レトロゲーム”の定義は諸説ありますが、ここではファミコンやファミコン以前の時代のビデオゲームとします。

かつてみなさんが夢中になって遊んだテレビゲームに込められた工夫を学ぶことで、テレビゲームづくりのきっかけとなるようにお手伝いができると考えています。

私は10年前から千葉商科大学にて、これまで延べ600人以上の大学生に対して、クリエイティブについての授業を行ってきました。
座学ではなく、自分で手や頭を動かすワークショップ形式の授業を行っており、朝1限にもかかわらず80%近い出席率をキープしています。
ゲームが得意とする「楽しい」という感情を最も重視し、授業を行ってきました。

その授業づくりで得たノウハウをみなさんに提供したいと思い、このワークショップを開催します。

プログラミングやグラフィックのワークショップではありませんので、バソコンやタブレット端末のご用意は必要ありません。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥4,000

受けたい
26人が受けたい登録しています

この講座の先生

ゲームクリエイター

(しばた がぼん)
ゲームクリエイター・プロデューサー
千葉商科大学 政策情報学部 客員講師
1才児の父。いつか息子と一緒にゲームをつくりたいとおもっています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    第一部 レトロゲームの基礎知識
    ・ファミコン基礎知識
    ・ファミコンの経済
    ・ワーク1「ゲームと私」

    休憩

    第二部 レトロゲームの技術
    ・ファミコンのカセットの中身
    ・ワーク2「レゴでファミコンドット絵手作り体験」
    ・「スプライト」「BG」「背景」「スクロール」について
    ・カラーパレットについて、カラーパレットを活用した演出
    ・ROM容量のサイズ感

    休憩

    第三部 レトロゲームのゲームデザイン
    ・ゲーム制作の工程
    ・アーケードゲームのゲームデザインの根底
    ・ファミコンのゲームデザインの変化
    ・レトロゲームの飽きさせない仕組み
    ・エンタテイメントにする一工夫
    ・ワーク3「アイデアしりとりでゲームの着想を得る」
  • こんな方を対象としています

    かつて一度でもテレビゲームに夢中になったことがある人
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代、材料費、場所代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ディスカッションのために、自分が夢中になったテレビゲームや、テレビゲームにまつわる出来事を思い出しておいてください。
    ・テレビゲームのタイトル
    ・一緒に遊んだ人
    など

レビュー

  • 1
  • 楽しかった!( 0 )
  • 勉強になった!( 0 )
  • 行く価値あり!( 0 )
  • W1

    女性 30代

    この講座は「親子での参加も楽しい講座」でした

    アットホームで気楽にレトロゲームを振り返りつつ、メモリの扱い方での先人の工夫に驚くばかりでした。パソコンを使う続きの講座も計画されているそうなので、引き続き参加したいと思いました。
    異業種の人でも、昔遊んだゲームを通して日々の業務へのヒントが得られる良講座だと思います。

  • relation

    関連講座