6回コース

【小説家育成プログラム】ベテラン編集者があなたの挑戦を徹底サポート

計6回に及ぶマンツーマン式のプログラムです。あなたの小説の魅力を引き出し、輝きを与え、多くの読者を魅了するためのノウハウを身に付けてください

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    6
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

 おおよそ6ヶ月のインターバルを決め、企画立案からプロット立て、登場人物の検討、全体の構成、執筆原稿の校正、マスコミへのプレスリリースサポートなど、ベテラン編集者がマンツーマンであなたをバックアップします。さらに各回では文章力、描写力等をアップするトレーニングを数回、盛り込みます。

「子供の頃から小説やエッセイを書くのが夢でした。しかし、どのような方法でチャレンジしたらいいのかがわからず、なかなか執筆活動の第一歩が踏み出せなくて」。

そんな作家のタマゴは世の中に大勢います。みなさん、それなりに面白いテーマを隠し持っているにもかかわらず、実現できないジレンマをかかえて埋もれてしまいます。

このプログラムでは、そんな悩みを払拭、作家活動の第一歩が踏み出せるよう、ベテラン編集者が全力でバックアップをいたします。ストーリーはどのようにしたら輝くのか、登場人物の設定はどのようにしたら引き立つのか、シーンの展開はどんなタイミングで替えたらいいのか、読者が引き込まれる表現をどう取り入れるか、最後は印象的なエンディングに繋げられるか、などなど、ベテラン編集者がそのキャリアを生かしてアドバイスします。

さらに、執筆後はどのような売り出し方をしたらいいのか、著者の希望をうかがったうえでプレスリリース作りや販促方法のアドバイスを差し上げます。

【ご存じですか? Webのおかげで作家デビューしやすい時代です】
作家として食べていくには、どのようにデビューするのがベストだと思いますか? 「そりゃ、◎◎新人賞をとらなきゃ」とか、「小説誌□□春潮に連載が載ることだよ」なんて思っている人はかなり時代遅れです。いや、出版社の編集者にもこういったアドバイスをする人がいますからね。

現代はwebのおかげで身近なところに登龍門があります。小説専門の各投稿サイトでは、たくさんの新人作家が作品を投稿し、書籍化(書店流通)されるケースが増えてきました。

面白いデータをお知らせしましょう。2015年11月期の『出版月報』では、文芸書部門売り上げベスト20のうち約半分、45%にあたる9冊がWebサイト発の小説です。つまり、2冊に1冊はwebでの投稿が評価され、陽の目を見ているわけですね。

そうです。毎回、血眼になって文学賞へ応募したり、出版社詣でする時代じゃないのです。面白い作品をWeb投稿すれば、黙っていても評価される時代になりました。今こそがチャンスなのです。

【とりあえず相談してみたい! という方は単発のセッションをご利用ください】
本を出してみたい方のために、60分×1回のマンツーマンセッションもあります。ご相談のテーマは自由ですので、遠慮なくお越しください。「これから作家を目指したい」というビギナーさんも歓迎です。
どんな準備をしたらいいのか、どんなジャンルの小説が適しているのかなど、あなたのキャリアを考慮した上でアドバイスいたします。

お申し込みはこちらからどうぞ。なお、日程が合わない場合は、遠慮なくメールにてご希望の日程(複数案)をご提案ください。当方で調整がつくかどうかお返事させていただきます。なお、この単発セッションは本プロクラムの1回目に充当できるものではありません。

◎本を書きたい、出版してみたい方へ贈るマンツーマンセッション
https://www.street-academy.com/myclass/6274

【プログラムの催行日程について】
初回はここに表示されている日程に準じます。2回目以降は毎月第1土曜日同時刻のような決め方をしますが、このあたりは臨機応変に考えていますので相談の上、決めましょう。また、遠方の方、身体の不自由な方、お忙しい方のために、2回目以降はスカイプでも受講できるシステムを導入します。また、初回からどうしても東京へお越しいただけないようでしたら、こちらから伺う方法も考えています(ただし交通費等は依頼者側でご負担ください)。


【実用書の著者を目指す育成プロラムも用意しております】
小説だけでなく、実用書の著者育成用のプログラムも用意しております。こちらからご覧ください。

【実用書著者育成プログラム】ベテラン編集者がお悩み企画を徹底改良!
https://www.street-academy.com/myclass/12386

*ご希望の日程があれば、問い合わせしてみましょう。
【希望日程フォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/39c9d8ca343673

この講座の先生

三武 信夫

600冊の編集ディレクター

編集者として出版社に10年勤め、その後独立して編集プロダクション株式会社ハミルトンを設立。企画書作成5000本以上、書籍&雑誌製作数600冊以上、10万部以上のベストセラー5冊……。このような経験から培った企画力・文章力・取材&構成力のノウハウを惜しみなく紹介します。他のセミナーにありがちな知...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数40

教えた人数90

カリキュラム

  • 第1回 ファーストミーティング

    小説の方向性をうかがった上で最適なプログラムを組み立てます。また、この回から、構成検討や資料収集、トレーニングも同時にスタートします(60分)。プログラム類は、後日、メールでお渡しいたします。1回〜6回は各60分のミーティングスタイルですが、トレーニングや執筆は常におこなっていただきます。

  • 第2回 全体の構成案を検討

    客観的にみて面白いプロット作りと、そのストーリーにマッチした登場人物の洗い出しをおこないます(60分)。

  • 第3回 資料収集

    執筆に必要な資料やデータを取材&収集し、必要なものをピックアップ。不慣れなところはネタの取材先もアドバイスします(60分)。

  • 第4回 執筆開始

    1章分を提出してもらい、ここで校正を入れます。最初の舵取りの修正が何よりも重要です(60分)。

  • 第5回 最終章まで執筆

    この先はテンポ良く、原稿を仕上げてもらいます。順にいただいた原稿は当方で校正ポイントを指摘いたします(60分)。

  • 第6回 完成後のアピール

    投稿サイトやマスコミへのプレスリリース等、告知の最適な戦略方法をアドバイスします(60分)。

こんな方を対象としています

【このような方に向いています】
・小説やエッセイを書くことが大好き
・書き上げる前に、プロのアドバイスが欲しかった
・世に問う作品を出したかったが、機会がなかった
・週末だけ、副業として作家活動をしてみたい
・自分はのんびり屋なので、後押ししてくれる管理者が欲しかった
・進行のタイミングごとにチェックしてくれるプロが欲しかった

受講料の説明

毎月8000円換算のお得な講座です。
含まれるものはレッスンに関する講座一式です。
なお、カフェでのミーティングは講師のお茶代をご負担願います。
また、依頼者の希望により、こちらが指定地外へ出向く場合は
交通費のご負担をお願いすることもあります。

受講する際は以下をお読み下さい

【本プログラムのご注意】
・期限が過ぎても執筆が間に合わない場合について。2ヶ月の猶予期間を設けます。ただ、のんびりと進行してしまうことは本人のためにもなりませんので、締切日を設定させていただきます。期限が過ぎ、再度、アドバイスが必要な場合は単発のセッションを申し込んでいただきます。
・セッションの期間はメールでの質問を承ります(5回まで/1ヶ月あたり)。
・当プログラムは、ご自身のモチベーションが何よりも大切です。すべて”オンブにダッコ”を望んでいる方はプログラム途中でも解約させていただくことがあります。その際、受講料の返金は一切いたしません。
・当プログラムの目的はあなたの作品をプロ仕様に変貌させることですが、プログラムを受講したからといって、いい作品に仕上がる、ヒットするといった補償はありません。ご本人の意識改革が何よりも大切です。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:池袋・巣鴨

    受講料:¥ 48,000( ¥ 8,000 ×6回 )

この講座の関連ツイート

三武 信夫 さんの他の講座

Page Top