お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

Takahasi Naoのプロフィール写真
(0)
  • 1人
  • 1回

自己実現への挑戦 〜志を大切に〜

指導者として、様々なスポーツに関わり、人間の特性を上手に取り入れ、短時間で、効率良く、結果にこだわってきた。運動トレーナーとして、人間工学の手法を取り入れ工学的観点からの動作分析、心理分析、脳活科学などの融合によって【人間の力を上手く引き出す方法】のメカニズムを、レクチャーしていきます。だからこそ、他のトレーナーと異なった教え方、実験なども取り入れ、子供から大人まで理解しやすい人間の身体活動を伝えていきたいと思っています。トレーナー、心理資格保有。

【指導実績】
バレーボール 地区大会3位など
ソフトテニス 県大会出場など
ソフトボール 県大会ベスト16など
陸上競技 全国大会、関東大会、県大会2位など

企業研修のご依頼はこちら
Takahasi Naoの教室ページの見出し画像

人間工学×運動=パフォーマンス向上

人が立つ動作のときに、どんな所が使わるの? 綺麗に見える姿勢は? 強い気持ちとは?
身体の動きや心理行動を人間工学の分野から解析!!

人間の身体活動で、姿勢や体の可動域や連動性が大切です。運動で投げる動作が一番難しいとされています。個人差はありますが6歳で歩く動作が安定します。しかし、その指導はされていないのが現状です。小学生、中学生、高校生と成長過程の中で骨の成長、筋力の増加など負荷を掛ければ記録が伸びるものではありません。リスクが伴います。それは、怪我などにつながります。
人の骨格は、個人差があります。しっかりと【セルフチェック】をして自分自信を理解を深めて、自分に合ったトレーニングや走り方、技術を得ることが必要です。勉強も同じように、勉強方法も多彩です。運動もその動きを自分で意識して理解し、繰り返し練習して習得していきます。
次に、良い状態を作り、パフォーマンスを常に上位に持ってこれるかが課題です。食事、睡眠、筋肉の状態など、どうすれば良いのか。自分の状態をしっかりと把握する事が大切なポイントです。

学生やアスリートの方で、コーチングが必要であれば対応も致します。まずは、メッセ下さい。

続きを読む