Taninaka Mika スケッチを使った音楽ワークショップ講師 location 東京
  • レビュー 3
  • 教えた人数 5
  • 開催回数 4

profile

普段は愛媛県で音楽教室をのんびりとやっています。
教室での子どもたちとのやり取りの中で、音楽の要素を動的にスケッチしていくことによって、細やかなやりとりができることに気がついて、これを10年かけて研究。
2014年から東京で大人向けの講座をはじめました。
スケッチをしながら童心に帰りつつ、聞く力を広げることを主旨としたワークショップは、音楽初心者もプロも一緒に参加して頂いています。
垣根を超えて新しい発見ができる、聴き方が変わった、演奏が変わったと、好評。
このワークは紙と色鉛筆かクレヨンがあれば、どこでも誰とでもできるお手軽なのが良いところですが、それだけではなく、音楽とより深い場所での出会いに誘う可能性を持っています。
牡牛座
趣味 庭仕事 読書 犬の散歩
東京にきても 木や花や猫なんかが気になります。

skills

スキル&専門知識タグ

  • 3

  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 0 )

  • 行く価値あり!( 1 )

  • 女性 50代

    この講座は「音楽を線で描くことを通して自分の体験に気付き、人の体験に触れることができる」でした

    一緒に同じ音楽を聴いていても、一人一人が感じていることは同じじゃない、という事がわかってとても興味深かったです。
    その違いが各々の描く線に現れるのが不思議。
    先生の弾いてくれるピアノを聴きながら、二人で一緒に線を描いていくのが、楽器はできないけど、アンサンブルしてるみたいで楽しかった!

  • 女性

    この講座は「音楽をあらためてとらえる経験、そのはじまり」でした

    講座を受けるまで、「音楽」=「聴くもの」でした。
    ほとんど聴覚だけで受け止めていたものを、指で、目で追いかける体験が、音楽のとらえかたを立体的にしていく。そんな新しい世界の入り口に立ったような気持ちです。

    演奏をする人には、きっとまたちがう発見があると思います。
    個々の体験という内的なプロセスを、描くワークがやんわり可視化するのかもしれません。

    確かに変化があって、でもそれは今はじまったという予感で、講座が終わってからもワクワクしています。

    「音楽」=「聴く」だけじゃない、触れたり、眺めたり……新しい音楽との出会いにつなげてくれる、そんな不思議な体験ができました。

  • M1

    男性

    この講座は「音楽の楽しみ方が増えた」でした

    楽譜とか苦手だった話も興味深く聞くこと出来ました。