右下 敦子のプロフィール写真

右下 敦子

(2)
  • 2人
  • 2回

こねないパン教室「パンcafe日和+」

1977年東京生まれ。

2012年からパン教室を主宰しています。

もともと不器用な私は、母親のお料理の手伝いをしていた時の「見ているとイライラするから目の前で包丁は使わないで」のひと言ですっかり料理に自信をなくし料理を全くしない日々を過ごす。
一人暮らしを機に必要に迫られて料理を始めました。
その頃から趣味でパンを焼き始め、週2日の休日はほぼパン焼きに費やすほどのめり込みました。
手作りパンの楽しさをたくさんの人に伝えたい、パンを仕事にしたいと思い歯科衛生士を退職。
30歳で初めてフリーターとなって、パン屋、ベーカリーカフェ、カフェで働き自分にあったスタイルを模索するも
パン屋もカフェもひとりで開業するのはとても難しいと実感し、
「女性が好きなことを仕事にすには自宅教室が一番!」と気が付き自宅パン教室を池袋にオープン。

好きなことで収入を得られることがとても嬉しい♪毎日にメリハリがついて楽しく過ごせるようになりました♪

毎日食べても安心、安全、身体に優しいパンと料理を通してたくさんの方が豊かなライフスタイルを送れるように導きます。

右下 敦子の教室ページの見出し画像

千葉 こねないパン教室のパンcafe日和+

こねないパン教室の体験ならパンcafe日和+へ
フードプロセッサーでヘルシーなパンが
2分で生地こね完了!

パンは大好き!

パンは毎日食べたいけど、市販のパンは添加物が気になる。

国産小麦をつかった焼き立てのパンが食べたいときに食べられたら嬉しい。

自分で食べるパンは自分で作れるようになりたい!

身体に優しい、ヘルシーな焼き立てパンが簡単に作れたら嬉しいですよね♪

美味しいパンを作るポイントのひとつ”生地つくり”

手でこねて作ると手はベタベタで生地の扱いが難しいし、いつまでこねたら良いのかわかりにくい。

けっこう力が必要!腕が筋肉痛になるくらい頑張ってこねたけど、焼きあがったパンは硬くてイマイチだったということも。

手ごねは面倒だからホームベーカリーを持っているが、パンを作る以外に使えないし、

大きくて場所をとる。しかもこねるのに15~20分ほど時間がかかる。

これは、私が以前に開いていた「手ごねパン教室」での生徒さんの感想。

自宅でパンを作る作業で一番ハードルが高いのは”こねる”作業ですね。

そこで私が自信を持ってオススメするのがフードプロセッサーを使ったパン生地作り。

たった2分!スイッチONするだけで力要らず!

これで美味しいパン生地が出来ちゃうのです!

フードプロセッサーで作った生地はしっとり滑らかで気持ちいい!

このパン生地の触感、ぜひ体験して欲しい!

こねる労力が省けた分、そのあとの作業も疲れることなく進められるしいいことずくめ。



フードプロセッサーで本当に美味しいパンが出来るの?

そう思ったあなた、ぜひ一度体験しましょう。

こちらは手作りパンを楽しみたい方のためのクラスの体験レッスンです。

作るパン、サラダ、スープは月ごとに変わります。

パン好きが集まる楽しいレッスンへのご参加お待ちしております。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー2件

女性

この講座は「いい経験になった講座」でした

パン教室はいろいろ体験してますが、フードプロセッサーを使用する教室は初めてでした
確かにこねは時短になりますが、発酵時間は変わらないので全体的にたいして時短にはならないなと思いました
パンはてごねで生地の変化を楽しむのも醍醐味だと思いますので、フードプロセッサーを使わなくてもいいかなと思います
あとチケット制のお教室だったので、有効期限もありますし、ちょっと通いきれるかわからないので体験だけさせていただきました

ありがとうございました

続きを読む

女性 50代

この講座は「フードプロセッサーを使ったパン作りの手順がよくわかる」でした

手ごねのパン作りとの違いを、わかりやすく解説していただきました。パンを作るだけでなく、パンに挟む具材やスープも、バランスがよく、特に、この季節ならではの枝豆のスープは、豆の甘みが感じられて、とても美味しかったです。

続きを読む
2 件中 1 - 2 件表示

photo

教室風景写真