Oguma Asacoのプロフィール写真

Oguma Asaco

(83)
  • 309人
  • 102回

えんぴつ1本でスタート!絵画教室 “えんぴつで名画”  

小熊 麻紗子(Oguma Asaco)

美大卒業後、高橋メソッドにて古典技法を学ぶ。
絹地に独自開発した基底材を使った油絵と、ガラス絵の制作と、えんぴつで名画を模写することで、心を静め、アートと深く関わり、「みる」楽しみ「描く」楽しみを探求する教室を展開しています。
<主な展覧会・受賞歴>
2005 第1回 アルソアアートウェーブ2005 入賞 佳作 買上 /川上四郎記念第10回「越後湯沢全国童画展」入賞佳作 買上
2008  モナコ・日本芸術祭2008 招待出品(モナコ)
2011  ミューズの会(三人展)東急本店(渋谷) /現代作家 秀作展 (吉祥寺東急)
2012  ミューズの会(三人展)東急本店(渋谷) /小熊麻紗子個展(仙台三越)
2013 小熊麻紗子個展 ギャラリー杉(秋田) /小熊麻紗子油絵展「open sesame ~ひらけごま~」
    ギャルリーコパンダール(京橋)/ 毎日新聞西部社会事業団 歳末チャリティー作品提供
2014 小熊麻紗子個展 ギャラリー杉(秋田)
2015 杜の都のアートフェスティバル 仙台三越 
2016  新春絵画展 吉祥寺東急
    2月 小熊麻紗子展 小田急 町田店
    7月 仙台三越 小熊麻紗子 個展
    9月 東急たまプラーザ 個展
    12月 川越 丸広  個展
2017 女流作家二人展 台湾

その他 ル・サロン(パリ)入選・グループ展等多数

Award

ストアカアワード

優秀講座賞 アート・デザイン
優秀講座賞-趣味・ライフスタイル部門-
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー83件

男性 40代

この講座は「名画を模写することで、描く技術を向上させ、鑑賞眼を養おうとする教室の第一歩」でした

線を描くことこそが、描画の基本。鉛筆は手軽にすすめられる方法だと言うことで、とにかく具体的に手を動かしていくので、難しく考えずに一生懸命線を描きました。きっと鉛筆画は奥が深く難しい面も多いと想像されますが、我流趣味を少しステップアップさせたかった私にとっては充分満足な2時間ちょっとで、集中したので疲れたものの、もの足りない位でした。

続きを読む

女性 20代

この講座は「鉛筆1本で世界が広がる講座」でした

絵を描くことの基礎の基礎を教えていただきました。子供の頃に何で上手くかけないんだろう?と感じていた疑問とその解決法が、少しわかったきがしました。それは先生もおっしゃっていましたが、なんとなくかいていたから。まずは基礎を身につけて上手な絵が描けるようになりたいです。

続きを読む

女性

この講座は「基礎中の基礎を学べる講座」でした

先生がとてもフレンドリーな方で、
終始なごやかな雰囲気でした。
初回はほとんど線をひたすらひいてましたが、
先生がオススメの美術展や、美術館に行く時の
絵の見方などを合間合間にお話ししてくださって、
飽きることなく2時間過ごすことができました。

続きを読む

男性 30代

この講座は「基本から丁寧に学べる」でした

具体的な鉛筆の持ち方、線の種類等の基本的な部分を丁寧に指導して下さいます。
社会人ですが美術部の様な気分を味わい懐かしさを感じ、また新しい趣味の開拓が出来てとても楽しむ事ができました。

続きを読む
83 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真