ビジネススクールM-Cass

(0)
  • 3人
  • 3回
企業研修のご依頼はこちら
ビジネススクールM-Cass-ビジネスゲームM-Cass教室ページの見出し画像

ビジネスゲームM-Cass

わたくし達は、独自開発したビジネスゲーム
『M-Cass』(特許出願中)を使い、ビジネス
に必須の「経営数字」を読み取り、活かせる
能力を養っていただき、

あなたを『ビジネス上の成功者へ』と導く
研修を展開しております。

★M-Cassで身につくこと
①決算書を読める
②決算書を活かせる
③決算書を作れる
   ▽
 このことにより
・経営判断がどのように業績に影響するのか
・業績評価にはどんな方法があるのか
・決算書をどう読み取り、設備投資などの意思決定
 を行えばいいのか

といった経営上の重要事項を「体感的に」に
学ぶことができます。


【あの財務省にも認められた!!確たる実績】
→当社の法人研修およびセミナーの開催実績

(法人研修)
●財務省財務局様、金融証券検査官向け研修
●ミロク情報サービス様社員研修
●近代経営様社員研修
●風呂井公認会計士事務所社員研修

(セミナー)
●くまもと森都心プラザビジネス支援センター様
 創業者・経営者向けセミナー
●水俣市商工会議所様
 創業者向けセミナー
●熊本県信用保証協会様
 経営者・創業者向けセミナー
●福岡市スタートアップカフェ様
 経営者・創業者向けセミナー
●大阪スタートアップカフェ様
 経営者・創業者向けセミナー
●福岡県古賀市古賀北中学校様
 課外授業
 など

◼︎M-Cassを使った企業研修の特徴①
それは、

『座学+ワーク+ビジネスゲームによる演習』

オリジナルテキストを使い、決算書の読み取り方
から、自己資本利益率などの経営指標まで
しっかりと解説を行います。

そして、そのうえで、ビジネスゲーム「M-Cass」
を使い、実践演習を行っていただきます!

私どもの研修では、

「座学による基礎知識インプット」
  ▽
「ビジネスゲームM-Cassによるアウトプット」
  ▽
「ワークを通してのディベート」
  ▽
「ビジネスゲームM-Cassによるアウトプット」

といった形で「スパイラル学習」を行います。
このことで、従来の座学のみの企業研修よりも
遥かに学習効果及び効率性の高い、ビジネス
スキルを身につけることができます。

◼︎M-Cassを使った企業研修の特徴②

『チームを作って、会社経営を体験』

例えば、営業部門と総務部門、営業部門と
製造部門など、部門間では業務の違いから
コミュニケーションを取ることはなかなか
難しく、お互いがどんな仕事をしていて
どんな苦労を抱えているのか、よく分からない
という会社様も多いのではないでしょうか?

私どもはビジネスゲームでは、3人1チーム
として会社経営を行いますので、異なる部門
の社員様をチームとして組んでいただくことで
部門間のコミュニケーションを取るキッカケに
なります。

また、営業部門の方が会計帳簿をつけてみる
ことで、経理部門の仕事内容や、自身の
営業成績が会社の業績にどのように反映される
のか、といったことが体感的に理解できるなど
座学だけのセミナーにはないコミュニケーション
による効果があります。

続きを読む
  • 講座一覧

  • 先生一覧

  • レビュー0件

高木 昭宏

簿記を教えて18年のキャリア〜! ・ファイナンシャルプランナー ・税理士4科目合格 専門学校で簿記を教えて18年。 また、自らもファイナンシャルプランナーや 建設業の経理なども担当し、企業会計の分野 について、教えるスペシャリストと自負しております。 自分自身でも株式投資をおこなっており ビジネスにおいて、経営者の立場でも、投資家の立場 でも、「経営数字」に対する強さは必須であると 痛感しております。 この「経営数字」に対する強さを「ビジネスゲーム」 を通して、楽しく皆様に身につけていただけるように 精進してまりますので、何卒、宜しくお願い致します!

平井 孝道

ビジネススキルをゲームで楽しく身につけます! ・日本公認会計士協会準会員 ・株式会社M-Cass代表取締役役 14年ほど前に、ビジネスゲームを使った教材を開発 しました。いま、ようやく日の目を見て、皆様に 体験していただく準備が整いました。 私自身、公認会計士試験の勉強において 企業会計や経営学など、非常に苦労しました。 試験も何度も落ちて、大きな挫折を味わいました。 この経験を活かし、もっと楽しく、もっとビジネスで 活かせる知識をご教授したい!との思いで 当セミナーを展開させていただいております。 皆様のご参加を心よりお待ちしております!

2 件中 1 - 2 件表示

photo

教室風景写真