LIFE DESIGN VILLAGE

新しい自分に出会う面白い「より道」を提案します
歩き慣れた道から一歩抜け出してみると、今まで観る事の無かった景色や出会う事のなかった人に遭遇します。そのような変化は、物の見方や考え方に選択肢を与え、新しい出会いを生み、人生を豊かに彩るきっかけとなります。日々の生活に追われ、大切なものを見失いがちな現代こそ、沢山の「寄り道」を提案する事で「ライフデザイン」のヒントを与えていきます。... もっと見る
公開中の講座
TOKYOジビエAutumn「鶏をさばき、ジビエを学ぶ」VOL,2

TOKYOジビエAutumn「鶏をさばき、ジビエを学ぶ」VOL,2

開催リクエスト受付中

Thumb 8c05ad1a 1519 4108 be24 1f99966ef72a

小川 岳人先生

サラリーマン猟師

6
TOKYOジビエvol,3忍者の携行食糧 兵糧丸とジビエ干し肉作り

TOKYOジビエvol,3忍者の携行食糧 兵糧丸とジビエ干し肉作り

開催リクエスト受付中

Thumb 8c05ad1a 1519 4108 be24 1f99966ef72a

小川 岳人先生

サラリーマン猟師

1
TOKYOジビエ2016夏"秋川筏下り&焚き火deジビエBBQ"

TOKYOジビエ2016夏"秋川筏下り&焚き火deジビエBBQ"

開催リクエスト受付中

Thumb 8c05ad1a 1519 4108 be24 1f99966ef72a

小川 岳人先生

サラリーマン猟師

0
先生一覧
小川 岳人

小川 岳人

サラリーマン猟師

サラリーマン猟師。 九州は熊本で育ち、立身出世を夢見て上京するも、満員電車、コンクリートジャングル、資本主義におけるレッドオーシャンに打ち勝つことができず、田舎移住を決意。 といっても、都会の生活も捨てきれず、仕事を辞める度胸もなかったため、通勤は大変だが、 "一応は東京"であり田舎生活が出来るあきる野市五日市に2013年に移住。 移住してからというもの、ご近所さんとの交流などで、ローカル経済の可能性を感じ、時節到来の折は一旗揚げてやると野心を抱いている。 趣味はフットサル。 好きなジビエ料理は、イノシシ肉で作るポロフ。

河野 竜二

河野 竜二

LIFE DESIGN VILLAGE 代表

1981年生湘南在住。美容・服飾系専門学校の運営、ヨガスタジオマネージャー、学習塾教室長を経てフリーランスへ。転職エージェント、スクール講座企画、講師業、地域活性化プロジェクトといった複数の仕事を請け負う。趣味はサーフィン。

押田 朝子

押田 朝子

アロマセラピスト/ アロマデザイナー

1999年に英国IFA認定アロマセラピストのディプロマを取得して以来、 講座や講演、鍼灸院やサロン、都内5つ星ホテルのスパでの施術、また会社員などを経験。 2010年より東京都国立市に、アロマセラピーサロン「ル・マタン」をオープン。 ホリスティックアロマセラピーと東洋医学を基に、心身のメンテナンスを通して健康美をサポート。 ”香りの活用で人生が変わる”をテーマに、ブログ・FBページ「美的アロマ生活」やオリジナルブランド「フレグラントアート」の運営、 NTTレゾナントのポータルサイト内「教えてgoo」にて美容・ファッションカテゴリの専門家として参加するなど、 香りの活用を広めるべく活動中。

藤本 あや

藤本 あや

KULUSKA ディレクター

鎌倉を拠点に、国内外を旅しながら全国各地でワークショップをしている、ものづくりユニット「KULUSKA」ディレクター。「暮らし」と「ものづくり」をテーマにした実験室『LIFE&CRAFTS LAB』主宰。デザイナー、ライター、編集者として「ものづくり」の現場に立ち、つくることに終らない、伝えて届けることをデザインする伝え手。ものづくりはコミュニケーション手段でもあると捉えていることから、「もの」を「場」に見立てた関係性に光をあて、地域に根ざしたプロジェクトを続けている。開催している「自分でつくる教室」では、物語を自分で語るといったストーリーテリングや、アイデアを形にする力を育むなど、参加者自身が探求する場をつくっている。消費型の経済に振り回されることなく、小さな経済をまわしていくことを目標に、「いかにして共に生きて学んでいくか」を模索し続けている1児の母でもある。

感想一覧
  • M2
    この講座は「楽しい体験」でした
    貴重な経験が出来て大変有意義な時間でした。二回目開催時は予定が合わず残念でしたが、次回開催されるのであれば是非参加したいです。
  • W1
    この講座は「未知との遭遇」でした
    サラリーマン猟師や職業忍者というカテゴリが存在することも、そういった方々がまさか自分が住んでいるのと同じ東京都内にいらっしゃることも衝撃でした。 作業だけでなく、その結果として美味しいものも食べられて大満足でした。また次回以降も是非行きたいと思います!有難うございました。
  • M1
    この講座は「猟師本の内容を体感できる貴重な講座」でした
    生きている鳥を捕まえて、捌き、羽を抜き、部位に分けて食料にする作業を、猟師の視点で教わることのできる貴重なワークショップです。盛りだくさんですが、できなくてもサポートしてもらえるので不安なく参加できると思いました。ちなみにサラリーマン猟師は王子系でした(笑)
  • W2
    この講座は「食べる事=命をいただく事の実感」でした
    手の込んだジビエ料理をいただいたりシャモを捌いたりする体験によって、肉をいただく事が命をいただく事、プロセスを必要とすることを実感できました。 自分で捌いた東京シャモは骨の髄まで調理し大切にいただきたいと思います。
  • M3
    この講座は「いい体験をさせていただきました。」でした
    また企画していただければありがたいです。
  • M2
    この講座は「知っているようで全然知らないと気づく講座」でした
    店頭に並んでいる鶏肉の状態からは、鶏の重さや首や羽根の感触や、温度や、音があることを知る事はできません。肉の部位も解体しながら覚えられました。 とても良い体験でした!
  • M1
    この講座は「産まれたら一度は体験すべき講座」でした
    質問しやすい雰囲気を作って頂きリラックスして臨めた。準備物を忘れたが貸し出して頂けて助かった。
活動エリア
活動風景