折れない心を育てるレジリエンス【第一段階】感情コントロール

落ち込みやすい、くじけやすい、怒りやすい、ネガティブ感情に振り回されない為には??

learn

こんなことを学びます

◇レジリエンスとは
 レジリエンスとは以下の言葉に定義されます。
 『ストレスやプレッシャーを糧にして、強く成長する力』
これまでストレスは悪いものとされていましたが、最近の研究ではストレスを悪いものと認識している人の方が死亡リスクが高まることがわかりました。つまりストレスと適切に付き合うことが、自身を健康に保ち、さらには活き活きとした人生を送るのに重要であることになります。
 このレジリエンスは、ストレスと適切に向き合い、自分を成長させるスキルとして近年注目を浴びています。

◇レジリエンスを鍛える3つのフェーズ
 30年以上にわたるレジリエンス研究の結果、この能力は「習得可能」であることがわかりました。そして認知行動療法、ポジティブ心理学、PTGなどの実証研究により、レジリエンスを養うために、3つのフェーズにわけました。

●第1段階 【感情コントロール】
 失敗の怖れや不安などのネガティブ感情は、しつこく繰り返されることにより”行動回避”につながる悪循環を生み出します。そのサイクルを断ち切るための気晴らしの方法を習得します。
そして、深層心理に刷り込まれた思い込みを発見し、効果的に対処することでネガティブ感情が生まれる根本原因を解消する方法を習得します。

 感情コントロールを知ることで、失敗やトラブルといったピンチが原因として起こる精神的な落ち込みを底打ちすることができるようになります。

●第2段階 【レジリエンス・マッスルを鍛える】
 感情コントロールによって、落ち込んだり、怒ったりした時の精神的な落ち込みを止めたら、落ち込みの原因となった障害を乗り越える力が必要になります。これがレジリエンスマッスルといい、乗り越えるための役割を果たします。
レジリエンスマッスルには4つがあります。
 ①強み
  その人のポジティブな特徴。使うと高いパフォーマンスが発揮でき、また使うこと自体が楽しかったり、活き活きさせたりする。
 ②ポジティブ感情
  人を前向きにさせたり、創造的な思考を働かせる感情。ネガティブ感情に対する心理的な緩衝材の役割がある。
 ③社会的支援
  その人が持つ周囲との支援関係。助言や情報、または感情を共有できるなどの関係のことで、多く持つ事で健康リスクを下げ、人生を豊かにする。
 ④自己効力感
  やればできるという認識、自信のようなもの。できるという認識が困難な目標に向かわせ、また高めると成功の可能性を高める。

これら4つのレジリエンスマッスルは、実際の筋肉の様に鍛えることで、増やしたり強くしたりすることができます。

●第3段階 【目的意識を明確にする】
 人はストレスのかかった経験から、学びを得ることで自分の内面に『変化』を起こします。この『変化』というのは、自身の大切にしている価値観や使命感に気付きを得ることで、そうした『変化』を得る為には、自身の目的意識を明確にしておくことで、目的意識を持っていると、この変化を得る為の原動力になります。

目的意識が明確になると、目的に向かって成長するための意欲が湧き、新たな自分に向けたチャレンジができるようになります。

◇本セミナーで教える事
 本セミナーではレジリエンスを高める第一段階として、【感情コントロール】を中心に、その原理からストレスの対処の仕方についてレクチャーとワークを用いてご説明します。
47人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 5,000

過去に開催した日程一覧

Akada Takehiko さんの他の講座

teacher

この講座の先生

Akada Takehiko

ビジネスパーソンとしてのスキルを最大限に活かす!

イローナ・ボニウェル博士公認
Executive Certificate in Resilience Training Instructor

国内医療機器最大手のテルモ株式会社と英国最大の製薬企業グラクソ・スミスクライン株式会社にてMRとして医薬品の情報提供活動... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ◇レジリエンスの基礎知識
    ●レジリエンスとは?
     【ワーク】レジリエンスの高い人をイメージする

    ◇レジリエンストレーニング
    ●ネガティブ感情の悪循環から脱出する
     -ネガティブ感情の弊害
     【ワーク】『ラベリング』によって自身の感情を適切に認識する
    ●役に立たない”思い込み”をてなずける
     【ワーク】自分のもつ『思い込み』を発見する
     【ワーク】『思い込み』に対処する
    ●最善の反応を起こす『思い込み』とは?
  • こんな方を対象としています

    ◇落ち込みやすいなと感じている方
    ◇落ち込んでもすぐに立ち直りたいと考えている方
    ◇他人の気持ちが理解できず、傷つけてしまうことがある方
  • 受講料の説明

    受講料には配布テキスト代とドリンクがつきます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい