お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

部下や受講生の心をつかむ教え方・話し方 教育効果を高める指導の話術

対面 オンライン

受講生や部下が持つ「聴きたい」「知りたい」の気持ちを引き出し、教育効果を高める技術を学びます!

こんなことを学びます

**************

「zoom」を使用したオンライン講座です。

過去に「zoom」を使ったことが無い方には
別途ご案内をいたしますのでご安心ください。

**************


はじめまして!
講座開発&講師を育てる講師の市川です。
(本業では、講師を対象にした研修講師をしています)


私は、研修やセミナー、部下への教育をするときに
必ず3つの前提に考えるようにしています。


1. Not Listen(人は話を聞かない)
2. Not Believe(人は話を信じない)
3. Not Act(人は行動に移さない)


最初から「この3つをひっくり返そう!」と考えながら
話す内容・話し方を考えることで
質のいい研修や講座を作成することができます。


実際に学校や研修などを思い浮かべるとわかりますが、
どのような場にもしっかりと話を聞いてくれる人と
やる気なく参加している人がいますよね。


話を聞こうとしない人に対して、
「あの人はやる気がないからダメだ!」と
受講者のせいにするのは、講師としてNGです。


このような話し手は
「私の伝え方は100点満点だ。何も悪くない!」と
宣言しているようなものです。


残念ながら、この考えを持っている限りは
自分自身を成長させることができないでしょう。


実は、2014年までの私自身がその状態でした。
そして私は2014年に講師としての師と出会い、
次のようなことを言われました。


「良いですか?市川くん。
 話を聞かない受講生がいるのではありません。
 話を聞いてもらえない講師がいるだけです。
 なかなか話を聞いてくれない人に対して
 どうやって惹きつけようかと工夫をすることが
 話し手としての自分自身の成長に繋がるのです。」


この言葉は私に深く深く突き刺さりました。


そして私は、これを機に「つかみ」を始めとした
心を動かすシナリオ・話し方を習得していきました。


1. Not Listen(人は話を聞かない)
2. Not Believe(人は話を信じない)
3. Not Act(人は行動に移さない)


あなたはこれをひっくり返すことができますか?


【この講座を受講すると】

・聞き手があなたの話に夢中になります!
・講師や上司としてのあなたを尊敬するようになります!
・話をしている自分自身も楽しめます!
・情報が伝わるだけでなく、説得力が向上します!
・あなたのメッセージが記憶に残ります!
・あなた自身が記憶に残り、「次の仕事」に繋がります!
  ※その場限りの効果ではなく、継続的な効果があります!
・影響力が身に付きます!


***************


それでは、みなさんに質問です。


実は、誰でも100%できる方法で
人を惹きつけるテクニックがあります。
さて、それは何だと思いますか?

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

  ・

「え?何だろう?」と思って続きを読んでいるあなた!
もしかすると、心をつかまれた状態かもしれません。


人は知的好奇心が強いため、
「疑問・謎・不思議」などを感じると
「知りたい」という心理状態になります。


その気持ちがあるからこそ、
こうして続きの文章を
読んでいらっしゃるわけです。


このように、聞き手がしっかりと
話を聞いてくれるタイミングは
「知りたい・聞きたい・身につけたい」などのように
「〇〇したい」と感じているときです。


つまり、「興味を持ったとき」ですね。


では、「興味」とは一体何なのでしょうか?
どうすれば「興味」を創り出すことができるのでしょうか?


この講座では、聞き手の興味を創り出し
自分の話をしっかりと聞いてもらい、信じてもらい、
そして行動に移してもらうための話し方・教え方を
学習していきます。


***************


【この講座で学ぶこと】


今回のテーマである「心をつかむ話し方」は、
相手の興味を刺激し、心に働きかける話し方の技術です。


この講座では「心を動かすシナリオ」を中心に学びます。
今回の内容は主に3つ学問を応用したものです。


・メンタリストとして学んだ「心理学」
・シナリオライターとして学んだ「行動経済学」
・講師として学んだ「成人教育理論」


あくまでも「話術」を学ぶ講座なので
学術的なお話はいたしません。


伝え方にはパターンがあります。
自分のメッセージをパターンに
当てはめるだけで大丈夫なので
特別な知識や技術は必要ないのです。
続きを読む

6月8日(月)

19:00 - 21:00

オンライン

※予約後のキャンセルはできません。

参加人数

2/5人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥8,000

6月27日(土)

09:30 - 11:30

オンライン

予約締切日時

6月24日(水) 09:30

参加人数

0/4人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥8,000

¥6,800

早割15%OFF(早割残り2席)
  • 6月8日(月)

    19:00 - 21:00

    オンライン

  • 6月27日(土)

    09:30 - 11:30

    オンライン

    早割15%OFF
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
34人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥8,000
場所 新宿・代々木

オンラインで受講できる日程

6月8日(月) 19:00 - 21:00

¥8,000
参加人数 2/5人

6月27日(土) 09:30 - 11:30

早割 ¥6,800
参加人数 0/4人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

オンライン受講料に含まれるもの

○受講料にはレッスンに関わるすべての費用が含まれます。

オンライン講座においてZoomでの通信にトラブルがあり
講座開催できない場合はご返金させていただきます。
必ず通信環境の良い場所でご受講ください。

この講座の先生

講師を育てる講師&講座開発のプロ

「興味を創り出せる大人が増えたら世の中は幸せになる」をテーマに講座を開催しています。

大人(上司・先生・親)が興味を持たれる存在であれば、後進(部下・生徒・子ども)に自発的な行動を促せるようになります。私はそんな技術を持った大人を増やすべく、ストアカでの活動を行っています!

普段の私は、教育業に勤める会社員としてビジネス・パソコン系の「講座開発」や「講師向けの研修」を行っています。私の講座を受講してくれた方は20万人以上にのぼり、個人でも年100回のセミナー開催をしています。

ストアカで扱っているテーマは「伝える技術」です。主に、コミュニケーション、メンタリズム、読書感想文の書き方などを教えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    ・アイスブレイク
    ・話し手が考えるべき3つの前提
    ・相手が最も話を聞いてくれる瞬間とは
    ・興味を創り出すための三原則
    ・道具を使って興味を創り出す技術
    ・言葉を使って興味を創り出す技術
    ・興味深い話をインプットする方法
    ・掴んだら活かす
    ・心が動けば行動が変わる(システム1とシステム2)
    ・つかみのパターン
    ・3種類のストーリー
    • こんな方を対象としています

      ・ストアカ講師の方
      ・これからストアカ講師を目指す方
      ・セミナー講師、研修講師、教師・先生をされている方
      ・部下を教育したい上司、管理職、リーダーの方
      ・人材育成を担当している方
      ・講師としてのプレゼンテーション力、スピーチ力をつけたい方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      別講座「相手の心をつかむ話し方」と
      ほぼ同じ内容なので、過去に受講された方は
      本講座の受講の必要はありません。
      https://www.street-academy.com/myclass/38028

      ***

      この講座で取り上げているのは
      「話の型」「話す内容」「話す順番」などの
      「シナリオ」を工夫することで興味を惹きつける技術です。

      そのため、抑揚・間の取り方・アイコンタクトなどの
      「非言語の表現」については取り上げておりません。
      (※質問をしていただければ回答いたします)
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 17
    • 楽しかった!( 11 )
    • 勉強になった!( 14 )
    • 行く価値あり!( 13 )
  • W1

    女性 40代

    この講座は「「つかみのポイントが的確にわかる」講座」でした

    今回もとても分かりやすくあっという間の講座でした。

    先生の実体験エピソードなどの例を交えてお話してくださり、とても頭に入りやすかったです。
    「間」ひとつにしても、意味があり、やり方によっては逆効果になるなど、的確なアドバイスのオンパレードでした。

    また学ぶ内容によっては、他の先生の講座を紹介してくださるなど、生徒のことを考えてくださっているのが、とてもありがたいです。

    また参加させて頂きたいと思います。
    ありがとうございました。

    先生からのコメント

    ご参加いただきありがとうございました。メンタリズムやマジックのパフォーマンスを行う中で、正しい間の取り方(良い反応がもらえる間の取り方)の効果を実感してきました。ぜひお役立てください!

    私が教えられる内容には限りがありますので、その分は他の先生をご紹介させてもらっています。やはり、その道のプロから聞くのが一番だと思います!ストアカには魅力的な講座がたくさんありますので、ぜひ色々な講座を受講してみてください!講座の内容も学びになりますし、講師の教え方や立ち振る舞いなどもまた参考になります。

  • M2

    男性 40代

    この講座は「気づきを得られる講座」でした

    2時間楽しく、かつ学びの多い講座でした。また、自分自身も講座をやる上で気づきを得ることが出来ました。お話も上手で、サポートも手厚く非常に良い先生です。

    先生からのコメント

    ご参加いただきありがとうございました。人に行動を促すには、まずは心です。心を動かせる講師こそ影響力のある講師だと思っています。別講座で6種類の熱意の源泉をお伝えしましたが、その中でも私が注目しているのが「興味」です。興味を創り出せる大人は後進に対して自主性・自発性を与えることができますので、ぜひ興味を創り出せる人を目指していきましょう。

  • M2

    男性 50代

    この講座は「部下や受講生の心をつかむ話し方・教え方 教育効果を高める指導の話術」でした

    「話し方講座を受ける」という目標があり、検索して偶然ですが市川先生に出会うことができて講義を受けました。漠然とした思惑の中で描いていた“話し方”というものに対して定義を持つことができました。まずは受講のきっかけとなっているワンパターン化した課内会議の変革へと進めます。当然ですが教えていただいた内容を使って、雰囲気づくりもして、相手への思いを考えて展開してみます。67%をできるだけ減らすために、ノートをまとめることから、、、今日できることからはじめます。本日はありがとうございました。

    先生からのコメント

    私の講座を見つけていただき、ありがとうございます。自分の中の定義を持つことは非常に大切ですね。講座の中でもお伝えしたとおり、私にとって話し方は影響力であり、人を動かす力です。そして、AI時代において私たち人間が市場価値を高めるために持つべきスキルだと考えています。

    即日に書くことは最高のアウトプットです!今日の学びを振り返り、整理して、書き出す…。整理の段階で自分の解釈や理解がどんどん進んでいきますので、ぜひ実践してください!

  • W1

    女性 50代

    この講座は「自分自身の行動やアプローチを再点検することができる講座」でした

    自分の中に迷いのあることや確認したい点を再度点検することができました。
    明確で解り易く、惜しみなく教えていただけることが先生の講座の一番の魅力です。
    又、お世話になりたいと思います!ありがとうございました。

    先生からのコメント

    ご参加いただきありがとうございました。講師は自分も受講生さんも大切にしないとですね。自分の目的、受講生さんの目的、そして行動を促す承認…。上手に組み合わせて教え方・話し方にお役立てください!

  • W3

    女性 50代

    この講座は「深い大切なポイントを的確に教えてもらえる講座」でした

    いくつかの大切なポイントを軸に話をすることが大切で、効果もあることを感じ、私も実践で学んだことを生かせたらと思います!ありがとうございました!

    先生からのコメント

    ご参加いただきありがとうございました。「伝える」という意味では、教育も、プレゼンも、スピーチも、集客も同じです。ぜひ、「△△とは〇〇である」を明確にして、それを軸にメッセージを伝えていきましょう。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?