お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

3回コース 【教室+オンライン】⒈アカウンティングの要点(特典エクセル付き)

3回コース
対面 オンライン

独自のエクセルファイルを使って財務諸表の読み方から企業価値や株価評価分析まで短時間で学べます

こんなことを学びます

(2020年5月21日 全面改訂しました)
本コースは教室とオンラインとで並行して開催する財務分析の入門講座です。
参加者は教室かオンラインかどちらかを選択できます。教室参加者は2名までとし、四ツ谷駅もしくは市ヶ谷駅周辺の貸会議室を用意します。オンライン参加者は教室で実施する講座をライブで視聴しながら質問もしていただけます。

財務諸表を自動で図化できる独自のエクセルファイルを活用して、財務諸表の読み方からスタートし、ROEなどによる企業価値評価、さらにはPBRなどを用いた株価水準との比較までを短時間で理解します。
簿記知識が全くない初心者を主な対象としていますが、実在企業を事例に行いますので、ある程度知識のある方の経験知の整理にもご活用いただけます。

(こんなことができるようになります)
 財務諸表(PS,PL,CF)の読み方から、企業価値分析の基本的な考え方、さらには株価水準との比較方法が身につきます。独自に作成した財務3表図化エクセルシートの特典もついていますので、講習後も自分で調べたい企業の分析に活用できます。

(こんな風にすすめます)
一方的な講義形式ではなく、対話とワークを中心に行います。
基本的な事項について解説した後、ケース企業を対象にコーチングを受けながらエクセルシートに入力作業を行い要点を掴み、自ら調査・分析できるスキルを伸ばしていきます。

<必要なもの>
当日は事前に配布するエクセルシートが使えるパソコンと計算機とをご用意下さい。

【特徴】
MBAホルダーにも負けないような分析が出来るようになり、ビジネスパーソンとしての自信がつきモチベーションも向上します。初めての方のみならず、リピート受講の方が多いのも特徴です。

【問題意識】
MBAを学んだ後に企業経営者として勤務した経験を通じて感じたことは、「財務諸表を読みこなし、財務データとつなげて理解する能力が不可欠だ」ということでした。特に損益計算書だけでなくバランスシートやキャッシュフロー計算書も理解した上で、社員や社内決裁者だけではなく株主や銀行に対しても納得感のある数値計画とストーリーを語ることが求められました。
私はMBAで学んだ後さまざまな経験をしながら身につけた経験を通じて、財務データと経営とをつなげて理解できる学習機会は極めて少ないことに疑問と不満を抱いていました。また日本と米英とでは投資や株式会社の仕組みに対する根本的な考え方が異なっていることから、単に米国のMBAで行われている教科書の内容や教育手法をそのまま日本で再現してもうまくいきません。
そうした問題意識から本講座では、日本で働く経営者・管理者が「実務に活かす」という観点で、実在企業をケースに中心課題に絞ったスキルを短期間で習得するプログラムを提供しています。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥29,800(¥9,933 × 3 回)

受けたい
110人が受けたい登録しています

対面で受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥29,800
場所 渋谷・恵比寿

オンラインで受講できる日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥29,800

この講座の先生

スキルと自信を身に付けたい方のためのコーチ

はじめまして。講師の松田です。平素は経営コンサルタントやビジネスコーチをしています。私は働き始めた当初、経営の仕組みなど全くわからず、財務的数字も大の苦手でした。長年の経験から苦労して身につけた経験をもとに講座を開設しました。他の講座や書籍で腑に落ちない方にこそお勧めします。
【主な職歴、学歴】
大手建設会社で海外駐在などを含め8年間勤務した後、退職してMBAを取得。経営コンサルタント等を経て、約15年間にわたり複数の企業の社長や取締役として勤務する傍ら、2004年より関西学院大学丸の内講座講師(継続中)。
東京大学工学系研究科博士課程中途退学(工学修士)
関西学院大学大学院商学研究科修了(経営学修士、MBA)
【ストアカ履歴】
2018年7月 開講
2019年8月 Goldバッヂ獲得
【趣味】
人のスキルアップ支援が趣味で、休日は主にスキーやディスクスポーツなどのインストラクターをしています。
【ライフワーク】
子どもの貧困・教育格差の解決を支援する公益社団法人「チャンスフォーチルドレン(CFC)」を応援しています。
https://cfc.or.jp/ + 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 【ステップ1】図化による財務3表の読み方

    ステップ1では財務3表を図化する手法を用いて、全体像を把握するスキルを身につけます。この段階で財務諸表を手に取ることに抵抗感がなくなっています。

    Keyword;ROIという不動の判断軸、簿記と財務分析との違い

  • 第2回 【ステップ2】企業業績の分析

    ステップ2では財務分析指標を用いた基礎的な分析スキルを身につけます。
    図化した財務3表をもとに、ROE,ROA,キャッシュフロー、レバレッジなどを見る方法をワーク形式で学んでいきます。
    「株主・銀行・経営者」それぞれの立場から見た「投資とリターン」とを考えると、一見難解なROEやROAといった指標もすっきりと理解することができます。
    Keywords;ROE,ROA,キャッシュフロー分析、レバレッジ分析

  • 第3回 【ステップ3】株価水準の評価

    日々変動する株価と財務諸表とを見比べるスキルを身につけます。
    図化した財務諸表と時価総額とを見比べることで、PBRやPERといった指標の意味が理解できるようになり、株価水準の割高感や割安感がつかめるようになります。
    *ここで身につける分析スキルは、株価変動チャートなどによる分析(テクニカル分析)ではなく、企業の業績と見比べる分析(ファンダメンタル分析)の手法です。

    Keywords;PER,PBR,PCFR

  • こんな方を対象としています

    ・財務諸表が読めるようになりたい方
    ・管理職としての自信を身に着けたい方
    ・企画部門などで経営戦略の立案に携わっている方
    ・MBAで学ぶことを考えている方
    ・学びなおしたい方
    など
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    全くの初心者でも理解できるよう進めますので安心してご参加ください。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

レビュー

  • 23
  • 楽しかった!( 14 )
  • 勉強になった!( 19 )
  • 行く価値あり!( 18 )
  • M2

    男性 30代

    この講座は「現状の課題に沿った内容にしていただき、満足いくもの」でした

    一方的に教える的な座学でなく、
    こちらの課題に沿った内容にしていただきました。
    もちろん、全体的な説明もわかりやすくお話していただきました。
    受講後、財務に関係ありそうなニュース、ドラマを見ながら、
    財務諸表をおも浮かべることができるようになり、
    財務諸表が身近なものになりました。
    あと、松田先生はパワフル(笑)
    ありがとうございました!

  • M2

    男性

    この講座は「経営学を俯瞰的に捉えられる講座」でした

    今までバラバラに学んでいた学問がどのように関連しているのか、経営学とは何なのかが理解でき、これから財務分析を学びたい人はにお勧めです!
    何より先生の人柄、話し方が上手で時間があっという間に過ぎます!楽しい時間をありがとうございました!

  • W2

    女性 30代

    この講座は「面白くてわかりやすく「脳みそのアハ」体験できる眼から鱗の講座」でした

    10:00-17:00までと長丁場ながらあっという間に感じるほど面白く楽しかったです。以前に関わっていた新規事業開発でもPLを作る、資産計算するなど独学やってましたがいつも肝心の俯瞰して結局今どんな状態かをクリアに見抜けずモヤモヤが残っていました

    それがこの講座を受けて見る視点がわかり、全体像を掴むことができる成功体験をしたので自信がもてました。全くの素人のわたしにも読めるようになれるんだと。

    忘れないように復讐して今度は気になる企業の財務分析を自分でも落ち着いてやってみたい思います
    アレルギー反応はもうしなくて済みそうです
    ありがとうございました

  • M1

    男性 30代

    この講座は「先生と生徒が相互に話し、自分の頭で考え、財務のポイントが理解できる講座」でした

    先生がとても話しやすい雰囲気をつくってくれますし、一人ひとりの講義を受講する背景、一人一人の理解度に合わせて講義の内容を調整してくれます。そのため、内容が理解しやすいですし、定着もしやすいと思います。

    また、ファイナンスの本などを読むと、数多くの数式を解説しているものが多いですが、本質が理解できているのかいまいち実感を持てないと思いますが、工夫された講義により、自分の頭で意味が理解できるようになりました。

    まず、企業活動を全体でとらえたうえで、その中で財務分析がどういう目的でやられるのかという点。これは、経営戦略、マーケティング、ファイナンスなど、絞られた目的の中で、単一の科目を勉強すると、全体感がわかりにくいものですが、先生の過去の経験やMBAでの学びから、各分野を横断的につなげて話してくれます。

    その中でも、財務分析で言えば、経営者、銀行、株主の3つの観点からどういう財務状態が望ましいのか、という点を理解してから、各指標の解説だったり、それを使って何を見たいのか解説してくれます。

    財務諸表も、ついつい一般的なじみのあるPL重視の見方をしてしまいますが、BSによりわかることや、PLとBSのつながり、各指標を横断することでわかることなど、とても親切に教えてもらえ、すっきりしました。

    また、一人で聞いているというより、参加しているメンバー全員でつくっていく感覚の参加型授業で、これも素敵です。先生は、スキーのインストラクターもなさっており、そのような経験の中で、どういう学びが一番人を伸ばすのか、ということも意識して授業を組んでくれます。

  • M2

    男性

    この講座は「専門書を読むより遥かに本質を理解できる講座」でした

    私は経営者として財務諸表を作る立場にありますが、以前から「財務諸表だけで本当にその会社を理解できるのか」疑問がありました。自社や他社のBS/PLを見比べても、自社の良いところが伝わるとは思えず、また他社の実態を表しているとも思えませんでした。しかし銀行や株主は財務諸表を見たがります。彼らが何に注目し、どこに会社の実情が反映されてくるのか、それを知れる生きた講義でした。

    財務をまったく知らない人はもちろん、勉強したけどイマイチ分からない人にも多くの学びと突破口を提供してくれる先生です。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?