お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

人間関係コミュニケーション向上ワークショップ・演劇人/一般の方向け

対面

ロシア演劇大学講師が直接指導!スタニスラフスキーシステムを使った初歩レッスン

こんなことを学びます

ロシアの演劇メソッド・スタニスラフスキーシステムを使って、
ロシアの大学や劇団で、講師をされている、
ロシアの多忙な講師、セルゲイ・シェンタリンスキー先生をお招きして、
コミュニケーションのワークショップを開催いたします!

このワークショップに関しては、運動するとか、演劇するというイメージは、
全く持って、捨ててください。

それよりも、人間対人間で、
日常生活で、コミュニケーションしていく上で、
必要な
「情報を受取る」

「情報を発信する」

を、
どうしたら、円滑に出来るようになるのか、
そんなことを、レッスンしていきます。

ですので、
激しく体を動かすものではなく、
自分の気持ちや、他者の様子を観察したり、想像したり…
そんなことを、徹底的に行う内容になっています。

セリフも出てきません。
それよりも、先生がみなさんの良さを引き出してくださるので、
終始、笑顔で参加できる内容かと思います。

演劇人はもとより、一般のちょっと興味ある方や、
一般職の方にも、対象となるレッスンです。


●ロシアでは、日本と違い、俳優は国家資格です。
演劇大学に入るのには、100倍から400倍の倍率で、
俳優になりたい人は、小さいころから、
それなりの訓練を受けているようです。
しかも、トリッピー表現力教室が目指しているように、
ロシアの俳優教育は、「人間教育」なんだそうです。
演技以外にも、学ぶことは多く、多種多様のカリキュラムがあり、
人間の器を広げていくのが、ロシアの演劇教育(スタニスラフスキーシステム)なんだそうです。

ロシア演劇大学の学生のレッスンを、
拝見させて頂いたら、あまりのレベルの高さに、
びっくりしてしまいました。

今回は、そのロシアの演劇大学で講師をつとめ、
かつご自身も著名な俳優として活動されているセルゲイ先生が
講師ですので、本場ロシアから来日していただいてのレッスンとなりますので、
こんな機会は滅多にありませんので、
ぜひぜひ、ご参加ください。


●場所は、広尾駅から徒歩5分。
天現寺隣、「多聞ホール」です。
アクセス、こちら↓
http://tengenji-square.jp/access/

●開催日は、
2018年8月21日(火)19時30分~21時30分


●内容(予定)少し、ご紹介します。
①輪になって、椅子に座って、手拍子を、隣の人に回していく。
素早いスピードであったり、嬉しい感情であったり、怒った感情であったり…
そんな手拍子を、隣の人に送ったり、送り返されたり…
⇒目的:これは、集中力や、相手や全体との呼吸を合わせること、様子を見ること、感情を出してみること、他者が出した感情を受けること等が、目的です。

②輪になって座り、その中で、1名(A)が、部屋の外に出ます。
外に出ている時に、部屋にいる人の中で一人リーダーとなります。
そのリーダーの動きを、Aに悟られないように、微妙な動きや変化を見つけて、
誰がリーダーなのか、Aが当てます。
他の人は、誰がリーダーなのか、Aにばれないように、動きます。
⇒目的:これも、集中力と、注意力を鍛えます。自分勝手には出来ないことなので、他者との呼吸を合わせたり、様子を見たり、
本当に小さなサインを見逃さないように注意深く意識を向けることが、求められます。

ゲーム形式なので、とても楽しく参加できます。


【講師】セルゲイ・シェンタリンスキー ※こちらのページより参照http://www.seinengekijo.co.jp/moscow/moscow2018.html
1991年チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学のタバコフのクラスを卒業。ジュリアードスクール(米)、シェイクスピア王室劇場(英)で研修を受け、その後タバコフ劇場の舞台に立ち、映画、TVドラマに出演。92年より、チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の俳優学科副科長として教鞭を執り、現在に至る。コロンビア大学・イリノイ大学における俳優演技マスタークラス(01年~03年)、ミハイル・バリシニコフのアートセンターで俳優のためのワークショップ(08年)などの講師をつとめている。モスクワ芸術座附属演劇大学のイギリス人学生クラス担当(07年)。01~06年、同大学協賛のプロジェクト「新しい文明」の代表者のひとりとして、ロシアで舞台俳優として最も才能のある若い人たちの指導に当たる。15年よりライキン舞台芸術大学に勤務。


【通訳】安達紀子
ロシア演劇研究、通訳、翻訳、早稲田大学、慶應大外語講師、著書「モスクワ綺想曲」で小野梓記念賞受賞!ロシアでの生活も長く、ロシア演劇の評論や流行を、今も探究し続けている。


続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥8,512

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
14人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

セルゲイ シェンタリンスキーのプロフィール写真
ロシア演劇大学の一流講師!自身も俳優でもあります。

セルゲイ シェンタリンスキー

1991年チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学のタバコフのクラスを卒業。ジュリアードスクール(米)、シェイクスピア王室劇場(英)で研修を受け、その後タバコフ劇場の舞台に立ち、映画、TVドラマに出演。92年より、チェーホフ記念モスクワ芸術座附属演劇大学の俳優学科副科長として教鞭を執り、現在に至る。コロンビア大学・イリノイ大学における俳優演技マスタークラス(01年~03年)、ミハイル・バリシニコフのアートセンターで俳優のためのワークショップ(08年)などの講師をつとめている。モスクワ芸術座附属演劇大学のイギリス人学生クラス担当(07年)。01~06年、同大学協賛のプロジェクト「新しい文明」の代表者のひとりとして、ロシアで舞台俳優として最も才能のある若い人たちの指導に当たる。15年よりライキン舞台芸術大学に勤務。

この講座の主催団体

トリッピー表現力教室

【胸を張って生きる。表現は手段。ゴールは真の自立。】

「表現」のプロから、様々な表現を学んでみませんか?
実際の厳しい現場での実績があるからこそ、
伝えられる「学び」があります。
トリッピー表現力教室は、大人も子供も「自分で生きる力」を育てることを目標としている教室です。

お子さんの悩みで多いのは、
・挨拶ができない
・他者と関われない
・親御さんと離れられない
・話すのが苦手
・幼稚語が残る
・学校でいじめられている/クラスで浮いている
・自分から友達に話しかけられない
・将来俳優になりたい
・小学校受験の対策にしたい
・発達障害グレーまでいかないけど、気質が強い


大人の悩みでは、
・滑舌が悪い
・声が小さい
・プレゼンを上手にできるようにしたい
・部下に伝わりやすくする方法を知りたい
・モテたい
・俳優になりたい
・引きこもり気味なのを、少しでも改善したい
など

企業では、
・コミュニケーション力を向上させたい
・言い合える仲間にしたい
・部下への伝え方
・聞こえる声にしたい
・HSPについて
... もっと見る >>

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    19時受付開始
    19時30分レッスンスタート
    21時15分レッスン終了
    21時30分質問タイム
    • こんな方を対象としています

      演劇人はもとより、一般のちょっと興味ある方や、
      一般職ので、自分とは何ぞや?という自問自答している方や、
      他者とのコミュニケーションに悩んでいる方など、
      そんな方が対象となるレッスンです。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      当日、動きやすい恰好でいらしてください。

      スカート不可。
      パンツスタイルでご参加をお願い致します。

      当日の持ち物は、
      ・ドリンク
      になります。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    6

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿
    0

    開催リクエスト受付中

    渋谷・恵比寿 / オンライン

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?