海外事業強化の為の勉強会①

1°のズレが運命を決める。海外事業を正しい方向に推進する方法とは?

learn

こんなことを学びます

 PART1.海外事業あるある!日本企業が陥るワナとは?
日本市場が縮小する中、多くの国内企業が海外へと向かっています。
しかし、海外に行けと言われてもどう進めていいかわからない。。。
このような状況下、半ば手探りの状態で進出していった結果、多くの日本企業は、はまってはいけない”ワナ”に陥っています。
★陥りがちなワナ★
①先入観でとらえて決まりきった国しか行けていない
②EV?IoT?流行ワードに踊らされる
③先進国がダメでも、途上国なら何とかなると思っている,etc.
このようにワナにはまってしまう企業の実態と、ワナにはまらずグローバル進出成功している実例をご紹介致します

PART2.こうやったらうまくいく。プルーヴが考える海外事業の処方箋
数々の会社は海外特有の事象を捉えられず、ワナに陥ってしまっている現状がある。
こういった事態を回避するためにはどうしていったらよいだろうか?
施策を考える際にはどんな時でも、「情報収集→分析、示唆・アクションの抽出→意思決定→計画・実行」という4つのステップが必要である。
海外において特に疎かになりがちなのは情報収集であり、重要なのは現地のリアルな情報をどう集められるか?である
Part2においては海外事業強化における以下2フェーズにおける進め方の極意をご提案させて頂きます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格(税込)

¥3,000

受けたい
0人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

大家 崇里のプロフィール写真
リアリティの高い現地調査情報とおよび戦略・組織分析
大家 崇里

プルーヴ株式会社 シニアマネージャー 大家 崇里
日系最大手の流通企業でマーケティングと消費者心理を学び、世界の流通を実感する為に世界一周の旅を実施。
帰国後に大手企業を中心に海外調査、コンサルティング案件を40か国以上の国へ自ら出向いて実施。
リアリティの高い現地調査情報とマーケティング、および戦略・組織分析を軸にした独自のコンサルティング手法を用いて
大手企業の海外事業拡大をサポート。
現在も年間の1/4以上は海外を訪問し、ヒヤリング調査を行い、最新の情報を用いて顧客の課題改善に取り組んでいる。

この講座の主催団体
detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    新規に海外進出を検討しているが、どのように進めていくか悩んでいらっしゃる方
    海外進出したものの、事業がうまくいかずに打ち手に悩んでいらっしゃる方
    その他海外ビジネスについて学ぶ意欲のある方
  • 受講料の説明

    テキスト代、場所代
relation

関連講座