花めぐり+花写真入門【7月=ヤマユリ&夏の花】《小石川後楽園》

季節の花をめぐり、出合いの感動を写真に撮りましょう!ユリの王様=ヤマユリの花を訪ねます!

learn

こんなことを学びます

季節の花めぐりは、自然からの贈り物です。花に寄り添いながら、その魅力を撮影します。
お花屋さんの店先を飾るオリエンタル・リリーやカサブランカは、品種改良された園芸品種。一方、万葉の昔から愛され、野山に咲き続けるのが、日本特産種の『ヤマユリ(山百合)』です。
7月に咲くその花は、気品と存在感にあふれ、蓮の花と並び、強く印象に残ります。白地にオレンジ色と黄色が混じり、写真写りも抜群な花です。
この講座では、ヤマユリの生育地の日本庭園を訪ね、ヤマユリやキキョウ、オニユリ、スイレンなどの夏の花を撮影します。撮影にあたり、お持ちのカメラをフル活用して、ステキな写真を撮れるよう、アドバイスいたします。

(花の開花状況により、予定外の花を撮影する場合があります。ご了解のうえ参加願います。)

<撮影場所>
『小石川後楽園』(文京区後楽1丁目6−6)
アクセス ⇒ https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access030.html
主なアクセス・・JR総武線・都営大江戸線「飯田橋」下車徒歩約8分
 
<教える内容>
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定を説明します。
(撮影モード、ISO感度、ホワイトバランスなどの設定)
●各撮影ポイントで、カメラ・レンズの使い方と絵作りを作例で説明します。
(画面のまとめ方・ピント合わせ・絞り・露出補正などアドバイス。)
●作例を参考に、参加者に撮影していただきます。
◆撮影後、希望者には、撮影結果を拝見しながら大まかに講評します。

<使用カメラ・レンズ・三脚不使用について>
■レンズ交換式一眼レフまたはミラーレスカメラをお持ちの方。
■今回の撮影レンズは、いずれかをご用意ください。
①標準ズームレンズ(14-42㎜、18-55㎜など)
②高倍率ズームレンズ(14-140㎜、18-135㎜など)
③標準ズームレンズ+望遠ズームレンズ(55-200㎜、70-300㎜など)
■入園者の多い園路からの撮影のため、手持ち撮影のみとします。三脚は使いません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日使用のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所・時間の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、当講座のグループメッセージで詳しい集合場所をお知らせします。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。雨天や荒天が予想される場合には中止とし、前日23時までに当講座のグループメッセージでお知らせします。開催キャンセルと同時に、返金手続きが行なわれます。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

四ツ谷・飯田橋

価格

¥4,500

受けたい
94人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <午前に開催>
    9:30 「小石川後楽園」入口の券売所前に集合。 
    9:30~9:45 カメラの設定を確認、当日の撮影での注意点を説明します。
    9:45~11:10 園内の撮影ポイントを移動しながら、撮り方を作例を使って説明します。参加者に撮影していただきます(アドバイスあり)。
    11:10~11:30 撮影後、希望者には、撮影した写真を大まかに講評します。

    <午後に開催>
    14:00 「小石川後楽園」入口の券売所前に集合。  
    14:00~14:15 カメラの設定を確認、当日の撮影での注意点を説明します。
    14:15~15:40 園内の撮影ポイントを移動しながら、撮り方を作例を使って説明します。参加者に撮影していただきます(アドバイスあり)。
    15:40~16:00 撮影後、希望者には、撮影した写真を大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆季節の花がお好きで、キレイな写真に撮ってみたい方。
    ◆花の写真をとおして、撮影技術をレベルアップしたい方。
    ◆ふだん行けない花園に行き、花などと触れて心身をリフレッシュしたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
    撮影地の『小石川後楽園』では、入園料300円が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●当日天候や気温に合わせた身支度でおいでください。
    ●紫外線防止に、帽子などの対策をおすすめします。
    ●園内を移動しながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●小雨が予想される場合は、折りたたみ傘をご持参ください。

review

レビュー

  • 59

  • 楽しかった!( 48 )

  • 勉強になった!( 56 )

  • 行く価値あり!( 51 )

  • 女性

    この講座は「冬ぼたんが美しく撮れる」でした

    当日は晴天で牡丹の花に陽射しが当たる所が多かったのですが、光の遮り方を色々と試行錯誤してくださり、柔らかな牡丹の花を撮影する事が出来ました。花の特徴なども教えてくださるので、それも井口先生の講座の魅力だと思います。まだ咲き始めの花が多かったので、また後日行ってみたいです。また季節を変えて違う講座にも参加させて頂きたいと思います。

  • 女性

    この講座は「目から鱗の為になる講座」でした

    最初に、花を撮るときの一般的なカメラの設定を講習していただき、実習に入りました。
    実習は、ウメモドキ、紅葉している葉、十月桜、ツワブキなどでした。
    一つ一つ丁寧に撮り方を教えてくださり、撮った写真一枚一枚にアドバイスしていただき、撮影のコツがとても分かりやすかったです。
    特に勉強になったのは、F値と露出補正の決定と、構図においての主題と副題と背景などの関係性についてです。
    基本をしっかり教えていただきましたので、これからの花の撮影にかなり勉強になりました。
    主題の力で勝負したい人におすすめです。
    私もまた近いうちに、講習受けたいです!

  • 男性 50代

    この講座は「花の特徴を理解して撮影できました」でした

    色々な花の特徴を説明して頂き、各々に適した撮影方法、設定を教わりました。花の特徴を知らないと綺麗な写真にならない事を教わりました。

  • 女性 80代

    この講座は「楽しく花の撮影ができる充実の講座」でした

    ユリの花の撮影は初めてと言って良いほどの私ですが、井口先生の丁寧なご指導で独りでは絶対に撮れないような写真を撮影出来てとても嬉しく思っています。花を撮るときの背景の選び方、組み合わせる花の決め方、背景の表情がカメラの位置によって劇的に変化することなど、、、今まで繰り返し教えていただいてきましたが、受講の回を重ねる毎に少しずつですが身についてくるのを感じます。花の美しさや儚さを先生のように素敵に表現したい!を目標に、楽しみながら続けています。

  • 女性 30代

    この講座は「植物を撮るのがより楽しくなる講座!」でした

    屋外で自然のままの植物を撮るときのコツ(適した天気、背景の選び方、撮る角度、植物の選び方、などなど他にもいっぱい!)を講師と一緒に撮影しながら教えていただき、とても勉強になりました。
    コツを踏まえて撮った写真は、今までよりもより印象的に、その植物の長所を引き立てて撮れたと思います。
    これからまた植物を撮るのが楽しみになりました!
    これからもっとたくさん撮っていきたいと思います。
    ありがとうございました!

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています