高感度&標準ズームで《江戸東京博物館》を撮る♬【雨天開催】

リアルに作り込まれた街並みや人物・・実物大からミニチュアまで、ホンモノを思わせる表情をしっかり撮影!〔初心者向き〕

learn

こんなことを学びます

『江戸東京博物館・常設展』に展示されている、江戸の町人町や明治の銀座レンガ街などは、一人一人の人物の細部まで作りこまれ、クローズアップするほどに、豊かな表情を見せてくれます。
この講座では、ズームレンズを活用して、実物大の建物(歌舞伎座、新聞社)からジオラマのミニチュアまで、いろいろな表情を引き出すような撮り方をアドバイスします。

また、室内で暗い照明のもと、カメラを高感度に設定して、シャッター速度・絞り・露出補正などの適切な使い方もアドバイスします。初心者でもちゃんと撮れるように、わかりやすく説明するので安心です。
撮影後、希望者には、撮った写真を拝見して、大まかに講評します。

【常設展HP】 https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/p-exhibition/

<ご用意いただきたいカメラ・レンズ>
●レンズ交換式一眼レフやミラーレスカメラと、標準ズームレンズ(高倍率スーム)、望遠ズームレンズなど。

<三脚・ストロボの不使用について>
●博物館内の撮影のため、三脚・一脚・ストロボは使えません。その場の照明で、手持ち撮影となります。

《教える内容》
●その日の撮影に合わせたカメラの基本設定
 (撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなどの設定を説明)
●撮影ポイントでのズームレンズを活かした撮影の仕方
 (展示物ごとに講師が撮影し、作例で撮り方を説明)
●参加者に撮影してもらいます。
 (必要に応じ、絵作りと技術面をアドバイスします)
●撮影を終了後、希望者について写真を拝見し、大まかに講評します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、「参加申し込みコメント欄」に「当日使用予定のカメラ・レンズの機種名」と、「当日の連絡先(携帯)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<天候を問わず開催します>
屋内での撮影のため、雨天でも開催します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

両国・錦糸町

価格

¥4,500

受けたい
32人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    《午前に開催の場合》
    10:00 『江戸東京博物館』の指定場所に集合します。
    10:00~10:15 当日のカメラの設定の説明と確認をします。
    10:15~11:30 入館後、撮影ポイントを巡り、その場ごとに撮り方をアドバイスし、撮影していただきます。
    11:30~12:00 希望者の写真を拝見し、大まかに講評します。

    《午後に開催の場合》※都合により、14:00開始の場合があります。
    13:30 『江戸東京博物館』の指定場所に集合します。
    13:30~13:45 当日のカメラの設定の説明と確認をします。
    13:45~15:00 入館後、撮影ポイントを巡り、その場ごとに撮り方をアドバイスし、撮影していただきます。
    15:00~15:30 希望者の写真を拝見し、大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆博物館でのスナップ撮影にトライしてみたい方。
    ◆カメラの基本設定や撮影の基本を、実地で学びたい方。
    ◆ふだん触れられない江戸~東京の雰囲気を味わいながら、キチンと写真で撮ってみたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。
    『江戸東京博物館・常設展』では、観覧料600円が必要です。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●デジカメの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をお持ちください。
    ●カメラのメモリーは、余裕があるか、残りの容量をご確認ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●移動しながら撮影しますので、歩きやすい靴でご参加ください。

review

レビュー

  • 2

  • 楽しかった!( 2 )

  • 勉強になった!( 2 )

  • 行く価値あり!( 2 )

  • 女性 40代

    この講座は「暗くても撮影を楽しむことができる講座」でした

    博物館という光が限られた環境でISO感度、露出、シャッタースピードや対象の決め方など撮影ごとに細かく教えてもらうことができました。井口先生の梅の花の撮影講座にも参加しましたが、屋内での撮影の楽しさも教えてもらうことができ、カメラの知識を増やすことができ、光がなくてもカメラの設定次第でいろいろと撮影を楽しむことができることを実感できる講座でした。また運良くマンツーマンということもあってその都度その都度で質問することもできるので、初心者にとってはお得感も満載の講座でした。

  • 男性 70代

    この講座は「高感度&標準ズームで『江戸博』を撮ろう☆彡《江戸東京博物館》」でした

    私、普段はアウトドァの撮影が多く室内の撮影は初めてでしたが、
    撮影前の条件の設定を丁寧にご指導とアドバイスの資料を頂き、館内の撮影実習が
    1枚目から上手く撮れました。
    今日は…三脚禁止、フラッシュ無しで〝ピント合わせ”と〝手振れ”に対して大変
    苦労しましたが、良い実習で大変勉強になりました。
    ご親切なご指導有り難うございました。  

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています