お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

都会の林や水辺で鳥を見つけよう!早春のバードウォッチング入門

対面

さえずりと姿を同時に見聞きできるのはこの時期が最適!野鳥博士のガイドで、ひとりでもバードウォッチングを楽しめるようになっちゃいましょう!

こんなことを学びます

●3月15日は、川崎市多摩区にある生田緑地を訪ね、さえずりの声の主を探したり、この時期の林や水辺の鳥たち鳥の生活をのぞいてみます。
【光学機器メーカーKOWAの双眼鏡の無料貸出を行っています】

街の中の雑木林にも、スズメやカラスだけでなく、意外とたくさんの鳥がくらしています。遠くにいて気になる鳥たちを見分けられたり、その鳥の面白い行動を知るようになると、見る目が変わったり親しみが増して、ふだんのお散歩やまち歩きも楽しみが広がります。

春先までの時期、さえずりが聞こえはじめ、また芽吹き前の雑木林で鳥が見つけられやすくなります。まだ肌寒いですが、姿を見ながら春のさえずりを覚えるにはこの時期が最適です。

この講座では、東京都心の大小の緑や、多摩丘陵の北端に位置する、多摩川右岸崖線(たま-ゆめ崖線)をフィールドに、都心や、たま-ゆめ崖線に残る緑と水辺に暮らす鳥を探しに出かけます。約2時間の間に、さえずりを中心に、野鳥の見つけ方や見分け方を紹介する他、それぞれの鳥の特徴や興味深い行動を解説し、身近な野鳥観察を楽しむのに、どんなところに注目すると面白いかが分かります。

歩きながら、細かい疑問や、今まで聞いてみたかったことなど、いろいろなご質問にもできるだけお答えします。

※参加申し込みコメント欄に、当日万が一の連絡のため当日連絡先をご記入下さい。

開催後は、ママチャリ鳥見日記や、たま-ゆめ崖線ネットワークのblogでも見られた鳥のリストや講座の紹介をします。
ママチャリ鳥見日記
http://ardea.blog.so-net.ne.jp
たま-ゆめ崖線ネットワークのblog
http://tama-yume2.blog.so-net.ne.jp

2014年2月22日開催分
http://tama-yume2.blog.so-net.ne.jp/2014-02-24-1

同様の講座は、こちらの企画でも行ったことがあります。
http://www.tokyo-teqteq.com/guide/guide.php?_id=29
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

川崎・武蔵小杉

価格(税込)

¥2,200

受けたい
53人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,200
場所 川崎・武蔵小杉

この講座の先生

野鳥研究者が街で鳥や生物の見つけ方楽しみ方をご紹介

都留文科大学と和光大学で動物生態学の非常勤講師。アオサギ博士(博士(理学))。街ブラ系ナチュラリスト。
普段は東京近郊、特に多摩川のアオサギの行動や繁殖に関する生態を研究。また多摩丘陵北端「たま-ゆめ崖線」http://bit.ly/aFlUJk などで自然観察ガイドもやってます。
朝日新聞掲載記事→ https://t.co/ulMjo02Brm
(日本鳥学会、日本動物行動学会、Waterbird Society、都市鳥研究会、日本鳥類標識協会 会員)
鉄道ファン・鉄道ピクトリアル誌などへ写真投稿中。

都会や近郊にいる鳥が、どのような戦略で暮らしているのかに興味があり、街歩きやポタリングなどで生きものを探しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    講座は2時間程度の予定です。概要は下記のとおり

    集合場所へ集合。当日のコースと探す鳥の紹介。(10分前後)
       ↓
    観察場所へ移動(徒歩10分〜20分)
       ↓
    野鳥観察(3、4箇所。1箇所20分前後)
    ※鳥を観察しながら、その鳥の外見や面白い行動の解説
    ※最初の観察スポットでは双眼鏡の使い方や、鳥の探し方見つけ方を丁寧に紹介します。
    ※観察スポットの説明もします。
       ↓
    解散場所で見られた鳥のおさらい(10分前後)


    ●なお、日吉駅発の企画では、下記のような予定にします。
    東急東横線日吉駅出発→日吉公園(林の鳥の探し方と、たま-ゆめ崖線の説明)
    →矢上川(水辺の鳥を観察)→井田平台緑地保全地区(林の鳥を探そう)
    →井田山特別緑地保全地区(緑と水辺の鳥を探そう)
    →現地解散(解散後、最寄り駅まではバス移動になります)

    ●なお、久地駅発の企画では、下記のような予定にします。
    JR南武線久地駅集合→鳥の探し方の簡単な説明→駅近くの二ヶ領用水に来る水辺の鳥の観察
    →緑が丘霊園へ(林の鳥の探し方と、たま-ゆめ崖線の説明)→松寿弁財天(林と草地の鳥の観察)
    →東高根森林公園(林の鳥と草地の鳥を探そう)
    →湿生植物園(水辺の近い林の鳥探し。落葉樹と常緑樹の林にいる鳥の違い)
    →現地解散

    ●今後は、都内や、たま-ゆめ崖線の他の地域でも行う予定です。
    • こんな方を対象としています

      これからバードウォッチングを始めたい方
      身近な雑木林にいる鳥が気になるけどよくわからないという方
      一人で鳥を見つけられるようになりたい方
      東京や川崎の自然を知りたい方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ・当日は歩きやすい服装、靴でご参加ください。多少アップダウンのあるコースを歩きます。
      ・季節柄、寒いことがありますので、防寒具をお持ちになると安心です。
      ・当日雨の予報の時は講座は延期させていただきます。延期の場合は前日19時までにご案内をグループメッセージでいたします。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 7
    • 楽しかった!( 6 )
    • 勉強になった!( 5 )
    • 行く価値あり!( 6 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「春の小鳥に出会ってリフレッシュできる講座♪」でした

    まず双眼鏡をお借りして使い方を教えていただいてからのスタートでした。
    行く先々で、鳥の声が聞こえると、先生が「あそこにいます」と遠い方向を指してくださるのですが、双眼鏡で覗くと確かにそこに野鳥の可愛い姿が。
    立体的で生き生きと、知っている鳥でも動いて手に取るように近くで見えるとますます可愛く感じました。
    早春の生田緑地はひんやりしていましたが空気は清々しく、カワセミやアオゲラにも会えてとても楽しい講座でした。
    また参加して鳥のことを教えていただきたいです。

  • M3

    男性 50代

    この講座は「自然を見る目を養える講座」でした

    近郊の公園でたくさんの野鳥を見ることが出来ました。
    自分だけではとても見つけられない鳥を貸していただいた双眼鏡で観察しました。
    鳥だけでなく自然に関するいろいろな事柄を解説していただきました。
    自宅近くや他の公園で実践したいと思います。

  • W1

    女性 40代

    この講座は「耳目、生まれ直すような体験」でした

    講座から一週間が経とうとしているが、白井先生の授業は大変瑞々しく思い出されます。この数日間、木々の間に鳥の姿を認めることが多くなり、以前は一纏めに鳥の囀りとしていた声に色合いの違いを認識出来るようになりました。初心者の私に新しい五感の扉を開いて下さり有難うございます。感謝致して居ります。

  • W1

    女性 40代

    この講座は「鳥と新緑」でした

    新緑が美しい目黒の自然園のバードウォッチングでした。都会にこんな自然があるなんて、驚きました。
    新緑を愛でながら、鳥の声を聞いて、姿を探すのは、とても楽しかったです。エナガの子を見つけたときは、癒されました。
    自然の事なので、見つけられないこともあると思いますが、歩くのも気持ちがいいので、また参加したいです。
    ありがとうごさいました。

  • W2

    女性

    この講座は「鳥のさえずりで春を感じる講座」でした

    冬の鳥たちはほとんど姿を消していましたが、桜や春の花が美しく咲いているところに、鳥たちのさえずりが聞こえてきてなんとも風流でした。いろんなさえずりが聞こえてきて、その都度どの鳥か教えていただきました。さえずりの主をみつけたり、スズメが街中で巣作りをするところを見たり、巣作りの材料を探しだし、頑張って運ぼうとするところ、花の蜜を吸ったり、ちぎったり、虫を探したりと忙しく動き回るなんとも愛らしい鳥たちの姿を見られて、楽しい時間を過ごしました。

  • この先生の他の講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?