中村 純基のプロフィール写真

中村 純基

(9)
  • 12人
  • 9回

未来の生き方を実践するコミュニティ

未来の生き方を実践するコミュニティPowerHope会
幼少期から転校が多く、小学生の時から人とのコミュニケーションをうまくとれず、人前に出ると呼吸が乱れ、汗をかき、顔を真っ赤にしながら拙い言葉でしか自己紹介できず。

大学を卒業後、大手企業に入社。周りは高学歴ばかりだったが、自分がどこまで通用するのかを知りたいと思い、1年目から目標設定やスケジュール管理、タイムマネジメントを意識的に行い、自身の売上目標を70ヶ月連続で達成。

しかし、業界特有である拘束時間があり、最長で4ヶ月休みがないなど、この先も仕事のための人生であることに疑問を持ち、独立を目指す。
 
自身に250万円以上自己啓発やビジネスに投資するも、自分一人の無力さ、強い想いがあっても関われる人の少なさに一度は独立を断念。

個人の影響力が強くなってきた現代、これからは個人同士がチームを組み、それぞれの経験・能力を活かし合って価値を生み出していく時代に変わっていくと感じ、一人一人の意識改革と自立したあり方を身につけていく場が必要と感じPowe Hopeを企画、主催しました。

企業研修のご依頼はこちら
中村 純基の教室ページの見出し画像

未来の働き方を実践するコミュニティ

未来の働き方を実践するコミュニティPowerHope会
〜一瞬の変化の継続により、強い想いを拡大しバランスの取れた人生へシフトする〜(略してPH会)

PH会は、普段出会うことのない人たちと一緒に5つのワークを取り組み、
相乗効果によって人生の土台を構築し、バランスのとれた人生へシフトしていくための
習慣化していくことを目的とした会です。

PH会の目的
①一瞬一瞬の変化の積み重ねによって、
昨日よりも一歩前進できる人になる。

②自分の夢・願望を再認識し、
揺るぎない軸を持つリーダーになる。

③心の安らぎ、幸福感を得るための
考え方、時間、資産、収入を手に入れる。

④依存体質から脱却し、
自立した考えと手段を持って自分の人生を生きる。

⑤強力なパートナーシップを組む為の
コミュニケーションと人間関係を構築する。

■PH会への想い
人は必ず可能性を持っている。
そして、少なからず未来への希望を抱いている。
しかし、その希望をいつの間にか閉じ込めることを当たり前にし、現実の世界に流され、これが普通なのだと言い聞かせている・・・

いつの間にか夢を諦め、これが自分の人生だと思っていませんか?
今の生き方で、自分らしく生き、強みを発揮して成果を出していくことができるのか。

身の回りの環境や世の中の常識といわれているものに振り回され、自分の生きたい人生を生きられないなんて、そんなのは常識なんかじゃない。

​本来人には夢がある。そして、夢は叶えるためにある。

​自分の夢を明確にし、周りの情報や常識に惑わされない軸と心の安らぎの源となる

バランスを手にいれることが当たり前となる大人の集団を作り出すことを目的に活動します。

​■なぜPH会を開くのか
大手企業に勤めるも、長時間残業、コントロールできる幅の少ない人生に疑問を感じ、独立を目指しました。

自身に250万円以上投資するも、自分一人の無力さ、関われる人の少なさに限界を感じ、一度は独立を断念。

​個人の影響力が大きくなってきた現代、これからは個人個人がチームを組み、

それぞれの経験・能力を活かし合って価値を生み出していく時代に変わっていくと感じ、チームによる相乗効果が何倍もの力を発揮し関わることのできる人の数も拡張すると確信。

​夢・願望、自分軸、リーダーシップ、自己責任、チームビルディングを通して能力と願望を拡大していく必要があると強く感じ、人との交流を通して能力を拡大する大人の集団を創ることを決め、PH会を企画しました。

​■自立を目指す理由
世の中の当たり前とされる常識、流れ、生き方。

今までは企業の安定の元、目の前の仕事さえこなしていれば将来は安泰という考えがありました。

しかし、終身雇用制度が無くなり、確定拠出年金制度で退職金は自分で運用しなければならなくなり、

今後個人の「安定」とされていた制度はどんどん失われていくと考えられます。

今までは企業、組織に依存していても何ら問題はありませんでした。

ですが、これからの時代は自分で考え、自分で守り、自分で未来を創っていける人だけが残っていくようになり、逆にこれからも依存し続ける人は、衰退していってしまいます。

企業に依存している人は人間関係、特に家族、恋人、夫婦間など親しい間柄においても依存体質による

問題を抱えている場合が多いです。

例えば服従や支配、束縛、承認欲求へりくだり、責任転嫁、自己否定、現実逃避のような言動・行動が現れ、何らかの問題を抱えている可能性があります。

このような考え方が元で人間関係の軋轢を生んでいます。

​本来は自立し、正しい人間関係を築いていきたいはずが、普段の生活が依存環境にあることから、気づかないうちに私生活にも影響を及ぼしている可能性が大いにあります。

​自立した状態は、経済的に自由になっている状態のみを指すのではありません。

自立した状態の一例をあげます。

​・自分の選択に責任を持ち最後までやり通すこと。
・失敗を人のせいにせず自ら学び、力にしていけること。
・世の中の常識を疑い、自分の軸で正しい選択を行うこと。
・自立した関わり合いで、互いを尊重し合う人間関係を構築できること。
・周りの評価が判断基準ではなく、自分の考えで行動し、伝えることが出来ること。
・自分の得意なこと、好きなこと、価値観が明確で、行動の判断基準を持っていること。
・思いやり、気遣いが出来、自分から先に与えることが出来ること。

自立した状態になることで、どんな環境でも生きていける考え方と手段を身につけることができます。

そして人間関係においても、互いを尊重し合い、高め合い、心の安らぐ関係を構築していくことが出来るようになります。

​PH会では、自己実現のための夢の明確化、選択の基準を持つために自分の理念、価値観を明確にし、自立した人生を歩むための一歩を踏み出すことを目的としています。

​自立のために、夢と理念・価値観、時間管理、お金の教養、経済の豊かさを手に入れて、

自立した人生を歩んでいきましょう!

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー9件

男性 40代

この講座は「とても雰囲気の良い学びの場」でした

講師の先生の仕事分野とは全く違う講座ですが、独学でしっかり学ばれていて、話の通りが専門家目線ではなく学ぶ側が気になる内容の話が多かったので飽きずに受講できました。
 また、受講中も一方通行の会話ではなく脱線した話などにも嫌な顔せずに真摯に話を聞いてくれてとても雰囲気の良い講座でした。

続きを読む

男性 30代

この講座は「発見させてくれる」でした

紙に書き出して行うワークに発見のヒントがあると思いました。

続きを読む

男性 40代

この講座は「自分には無い気づきを得られる講座」でした

マインドマップを使って夢を深堀りします
他の人にも試してみたくなりました

続きを読む
3 件中 1 - 3 件表示

photo

教室風景写真