Nishibori Tetsuyaのプロフィール写真

Nishibori Tetsuya

(29)
  • 96人
  • 19回

酒造&ITエンジニア

栃木県出身。
東京大学文学部哲学科卒業。
2013年、株式会社WorksApplications入社。
2016年、個人事業主、予定していた酒造りの世界に足を踏み入れるべく家業の西堀酒造株式会社。
↓詳細
http://tetsuyanishibori.com/profile

■Webサイト
https://nishiborisyuzo.com/
http://tetsuyanishibori.com/

Nishibori Tetsuyaの教室ページの見出し画像

Nishibori Tetsuyaの講座

「人生1分野1職業」。

このような分業型社会の価値観になったのは、実は近代以降の資本主義社会での話といわれています。

ルネサンス時代の人間観とは、「あらゆる分野に普遍的に関心を持ち、能力を発揮することが理想」という価値観があったと言われています。

レオナルド・ダ・ヴィンチは、音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に長けていたと言われています。
彼は、「万能人 (uomo universale) 」と呼ばれていました。

本来、人間1個体にはそれだけのポテンシャルがあるはずです。DNA細胞でいえば99.9%以上、人類皆同じです。

あらゆるスキルや知識というものは、根源をたどればモチベーションであり、その動機・きっかけが全てです。

畢竟、超マニアックな専門知識というのは、既に書籍やネット上にほぼほぼ存在しています。

たとえば、大好きなミュージシャンとか、作家とか。
Wikipediaや色んなサイトや書籍・雑誌を見て勝手に研究していると思います。

ある分野のことを年中考えている人にとっては、勝手に手が動いて調べて実践してどんどん研究しているはずです。
これは、どんな分野も同様で、たとえばダ・ヴィンチは世の中のあらゆる事象に純粋に興味を抱きまくっていたのだと思います。

とはいっても、「必要性を認識しても、中々手が動かない。」
これはダイエットなどと同じで、人間当たり前のことです。

私自身も、社会人1年目はIT技術にアレルギーがかなりあって非常に苦労しました。
興味のあるもの(思想とか哲学とか)なら何時間でも没頭できるのに、IT技術書の読書はまったく持続しませんでした。

きっかけは単純で、とあるハッカー系映画、リアルなニュースなどでした。
「へえ〜」「なるほど」「そういうことか!」こういう気付きの体験も、どんどんのめり込んでいくモチベーションでした。

結局、どれだけ興味が持てるか、おもしろいと思えるか、といった心理状態が全てだと思います。

何かに熱中した人間は、圧倒的速度で上達します。
「勉強=苦痛」ではなくむしろ快、勝手に勉強している状態が最強です。

世の中、誰かしらできている物事で「できない」はあり得ず、人間やれば何でも出来る、そしてDIY(Do It Yourself)だと思います。

現在のストアカ講座は
・Web/IT技術
・日本酒醸造
・哲学
と謎ラインナップではありますが、どれもファーストステップとしてきっかけづくりにしてほしいものばかりです。

「なるほど」「面白い」とちょっとでも思えるような分かりやすい講座づくりを目指しています。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー29件

男性 40代

この講座は「とても知識が深まる講座です。」でした

この度は、ネットワーク、セキュリティという珍しコースを受講させて頂きました。ネットワークの全体像からの説明で体系的に理解を深めることが出来ました。アドバンスコースもあれば是非受けたいです!

続きを読む

男性 20代

この講座は「広く浅くネットワークの知識が学べる」でした

ネットワークの周辺知識や、世の中の技術について教えて頂きました

続きを読む

女性 40代

この講座は「今更聞けないネットワークの基本がわかる講座」でした

IPやDNSサーバー等、名前は聞くけどよくわからなかった事を教えて頂きました。とても優しい口調の先生で良かったです。

続きを読む

男性 40代

この講座は「貴重な情報が得られる講座」でした

今まで入門書を読んでも理解出来ませんでしたが、この講座を受けて疑問点がかなりスッキリしました。
本では決して得られない情報も教えていただき、受けた甲斐がありました。

続きを読む
29 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真