【至極の脳トレ】在野の哲学実践講座

古代から現代に至る哲学の流れを概観し、気になる言葉やテーマをもとに「哲学を実践」します。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>

哲学と聞いて、どのようなイメージを持たれるでしょうか?


学問の世界でも、日常の言葉でも登場するこの言葉。

なんとなく「とっつきにくい」「難しそう」と感じることが多いのではないでしょうか?


その大きな理由の一つに、

「学問(アカデミズム)の哲学の世界と日常の哲学の世界との断絶が大きい」

ことがあるのではないかと思います。


正直、多くの哲学書や研究論文は「かなり難解」に書かれており、

「哲学は、普通のことを難しい言葉を使って言い換えてるだけ」

とすら言われてしまう始末です…


しかし、哲学は本来、とても身近なものです。

誰もが哲学することができます。

たとえば、

「何のために生きるのか」
「なぜ、この世界は存在しているのか」
「自分とは何なのか」
「価値とは何か」
・・・
そんなことを考えてみること。

これは哲学そのものです。


大学で哲学を専攻していた身としては、

「哲学のとっつきにくいイメージを払拭したい」
「哲学の実践を体験して、面白さ・楽しさを知ってもらいたい」

そういう思いがあります。


実際、哲学は「コスパ最強の趣味」だと思っています。
必要なのは、自分の頭のみ。
紙とペン、書籍があればなお良し。

この講座では、「在野で哲学をやってみよう」というコンセプトで、哲学の導入と実践をしたいと思います。
※「在野」とは、民間のことです

目指すのは、
「大学の哲学科の講義ほどマニアックで難解ではないが、啓発本ほど浅くはない」
といったレベル感です。

前半の時間は、「哲学の導入」として、
古代ギリシア哲学から現代哲学に至るまでの哲学の流れを一気に概観します。

後半の時間は、「哲学の実践」として、
気になった言葉やテーマについて、懇親会を兼ねた意見交換や討論をします。

様々なバックボーンの人同士、面白い考え方や変わった視点を共有でき、
新たな気付きや認識が得られる機会となれば幸いです。


<主な内容(予定)>
■哲学の導入(前半)
・哲学における問い
・全体の哲学史の流れ
・古代ギリシャ哲学
・中世哲学
・近世哲学
・現代哲学
・東洋哲学
※詳細に立ち入ると時間が圧倒的に足りませんので、概観を主眼に置きます

■哲学の実践(後半)
・簡単な自己紹介
・気になる言葉やテーマを選択
・自由意見交換


<こんな風に教えます>
資料(スライド)と適宜図解をしながら講義します。

<持ち物>
筆記用具、メモ等

<定員>
基本5名まで
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥3,000

受けたい
14人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

酒造兼エンジニア

栃木県出身。
東京大学文学部哲学科卒業。
2013年、株式会社WorksApplications入社。
2016年、個人事業主、予定していた酒造りの世界に足を踏み入れるべく家業の西堀酒造株式会社。
↓詳細
http://tetsuyanishibori.com/profile

■Webサイト
https://nishiborisyuzo.com/
http://tetsuyanishibori.com/

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <タイムスケジュール>
    <所要時間>
    100分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    50分 講義
    50分 自由意見交換
    ※あくまでも「予定」です
  • こんな方を対象としています

    哲学に興味はあるが敬遠していた人
    教養として哲学の大まかな知識を入れたい人
    哲学的な話題を話してみたい人
    こういう話題を考える時間を持ちたい社会人
    他の人の考えを聞きたい・知りたい人
    高校の倫理の暗記で終わってしまった人
    大学の講義とか専門書までのレベルは求めていない人
    在野の哲学者を目指している人
  • 受講料の説明

    受講料には、レッスン代、場所代が含まれます。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ※宗教勧誘とか怪しい系はNGです。(あくまで「不可知論」で)
    ※「絶対的正解の不在」の共通認識で健全な意見交換をしましょう。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も受けたい登録しています