表 孝憲 統計と心理学と筋トレを愛するゴリラ location 東京
  • 開催回数 8
  • 教えた人数 73
  • 受けたい 176
  • 感想 19

profile

2001年京都大学法学部入学。在学中はアメリカンフットボールのみの4年間と部のコーチをしながら必死で単位を揃える1年間という京大生らしい5年間を過ごす。
ビジネスの基礎を吸収したいという思いからモルガン・スタンレー証券株式会社債券部に新卒入社。エクセルの階乗の仕方を知らない新卒としていじられる。債券の営業として働く傍ら入社後すぐから面接官として週末は面接に従事。
2011年頃から視野を広げるため、在職しながらバングラデシュの世界最大のNGOのBRACでの研修に参加。
2013年6月退職。UC Berkeley Haas Business Schoolへ留学。
大学時代全く勉強しなかったので生まれて初めて真面目に勉強するなか全くできなかった統計がカジノを題材授業が行われ面白さに気づく。最終的には統計ソフトを使って回帰分析を走らせるまでに(なんとか)成長。
在学中に以前面接官と就活生という立場で出会った井上と株式会社ミライセルフを設立。カルチャーフィットを数値化および統計的に解析し、人工知能でその精度を高めるテクノロジーHRベンチャーをスタート。2015年7月に資金調達し現在に至る。

skills

スキル&専門知識タグ

  • #統計
  • #HRTech
  • #資金調達
  • #PeopleAnalytics
  • 19

  • 楽しかった!( 7 )

  • 勉強になった!( 14 )

  • 行く価値あり!( 10 )

  • 男性 40代

    この講座は「基礎から教えて頂きました。」でした

    データ解析の方法がわかりました。

  • 男性 30代

    この講座は「実務で使える内容でとても楽しい講座でした」でした

    大変有意義な講座で楽しく勉強させていただきました。
    例題や問題として挙げていた内容が実務でもすぐ試せるものだったので、参加して本当に良かったと思っています。
    統計の面白さを感じることができたのと同時に、大学時代にもっと勉強しておけばと後悔しました(^^;)

    これを機に、社内のデータを使って分析してみようと思います。
    本当にありがとうございました!

  • 女性 40代

    この講座は「統計入門感想」でした

    表先生、昨日はとてもわかりやすく統計の説明をしていただきありがとうございました。人事部で仕事する者として、日々直面する問題に統計の知識を利用し、ある程度解をだしていけたらと思っています。

  • 男性

    この講座は「丁寧でした」でした

    丁寧でした

  • 男性 30代

    この講座は「Excelで統計を扱い人にとって良い入門編」でした

    知識を一方的に教わるだけでなく、実際に手を動かしながらの講座でしたので、頭に残りやすいと思いました。
    扱う内容としてはある程度の範囲を含んでいましたが、複雑な内容の説明はあまりなかったので、入門編として良かったです。

  • 女性 40代

    この講座は「統計に少しでも興味があるならおススメです!」でした

    統計について学ぶのは初めてだったのですが、とにかくとても面白かったです。先生もとても熱心で、学習意欲を掻き立てられました。残念ながら仕事ではあまり統計にかかわらないのですが、今後も個人的に勉強をしていきたいと思います。

  • 女性

    この講座は「統計を知ってる初心者向け」でした

    受講内容は、書籍ではイメージしにくい言葉の定義や統計表の説明などを具体例を挙げて分かりやすく説明してくれたので、統計は難しいというハードルが少し下がって身近に感じました。
    但し、本当に初心者は受講後に自分でもっと勉強しないと実践ではまだまだ使えないと思います。
    統計ってどういうものかを知るには良い内容だと思います。

  • 男性

    この講座は「全くの初心者にも分かりやすい講座!」でした

    超初心者でしたが、身近な話題を取り入れながらの説明でしたので、理解しやすかったと思います。
    今後仕事の中で統計を取り入れての分析にチャレンジしてみますので、行き詰まったらアドバイス宜しくお願いします!

  • 男性 30代

    この講座は「目から鱗がでる実践的な統計入門(大学などの講義より分かり易い!)」でした

    【受講背景】:
    ○統計学は大学、大学院、ビジネススクールで学んだが、学んでもすぐに忘れる
    ○大学など教科書を読んでも専門用語や言いまわしがくどく、分かりにくい
    ○ビジネスでも統計学を基礎としたデータアナリティクスの能力が求められているため、キャッチアップしたい

    【学んだこと】
    ○平均、中央値、データ、偏差、分散、標準偏差についてのイメージ理解と算出方法
    ○上記、統計指標の算術的意味
    (ex. なぜ、分散は偏差の2乗を算出するのか、標準偏差はルート計算をしているのか)
    ○母集団と標本の統計量の意味的差異(STDEV/STDEV.P)
    ○正規分布(表)の使い方
    ○相関関係と因果関係の違い
    ○回帰分析(単回帰/重回帰)の考え方、求め方

    【自身にとって重要なこと】
    ○ビジネスで何を目的として統計量を算出するかを明確することが重要
    ○なるべく実データをいじる中で統計の理解を深めることが重要

    【今後のアクション】
    ○統計検定2級などの勉強から統計学に関する理解を深める
    ○米国の統計テクストや日本語の良書を入手し理解を深める
    ○仕事で学んだ内容を使ってみる。疑問や不明点を洗い出し解決するために学ぶ。

  • 男性

    この講座は「本物の重さ」でした

    文系の私が統計に再入門するために受講しました。
    どこかで聞いた統計の基本的な説明も、先生の経験の通った言葉のおかげで私の脳に今度こそ定着することでしょう。
    統計初学者は下手に自分で本を読むより本講座を受けた方が効率がよいと思います。

    また、本編とは全く関係がありませんが、配布資料の構成や内容、書式に先生の嗜好や主張を勝手に感じてとっていました。個人的には、そんなところも楽しめました。ありがとうございました。