Mori Taizoのプロフィール写真

Mori Taizo

(16)
  • 53人
  • 27回

悩めるリーダーにブレイクスルーを起す人財育成コーチ

森 泰造
(株)みらい創世舎代表取締役
リーダーシップ実践マスター塾塾長
(一社)コーチングカレッジ認定講師

西南学院大学卒業後、日本KFCホールディングス(株)入社。

ケンタッキーフライドチキンでは現場の店長、スーパーバイザー、人財育成コーチとして5000名を育てる。

年間1千万を超す赤字店舗を1年で黒字化させるなど店長着任店舗は全て増益。
人材育成コーチとして1000店舗を超すチェーン店統一の教育ツールを次々と開発。
新入社員育成改革を行い2年以内の退職者を「0」に。

企業研修やコンサルティングだけでなく、高校でもリーダーシップをテーマに教鞭をとるなど、EQリーダーシップを発揮できる未来の人財の育成に奔走している。

グローバルスタンダードを忠実に実践して得た豊富な成功体験を礎に体系だてた、再現性の極めて高いリーダーシップ実践メソッドを用い、2017年3月リーダーシップ実践マスター塾を開塾。
実際に受講生全員にブレイクスルーを起し、その実践手法は高い評価を得ている。

著書『ケンタッキー流部下の動かし方』あさ出版

Mori Taizoの教室ページの見出し画像

(株)みらい創世舎のリーダー育成講座

管理職を任される方は、経営陣から将来の会社を担う候補として目される方です。
管理職のプロとして会社を渡り歩いていらっしゃる方も中にはいます。
しかしそれは少数で、プレイヤーとして優秀と認められた方が昇格するパターンが日本では非常に多いですね。
 
管理職のあるべき姿とは、次期経営陣の候補として
・戦略的思考
・リーダーシップ
・部下育成能力
・問題解決能力
等を発揮することと言われています。
 
管理職には、日々発生する様々な問題に対応しながら、リーダーシップを発揮し次代を担う部下を育成する能力が求められているのですが、現実はいかがでしょうか?
 
情報は10年前と比較しても2倍以上に増えています。
 
今後さらに情報量は増えていくでしょう。
 
たくさんの情報を処理しながら、部下を使おうとすると、どうしても短期的に処理しなければならない案件にエネルギーが集中してしまいます。
 
部下を育てる視点よりも、部下を使って現実に対処する視点が勝り、長期的な視点で部下の成長を戦略的に取り入れている管理職は少なくなってきています。
 
加えて、パワハラやメンタル不全といった問題に発展するため、周囲の目を気にしてしまう腰の引けた管理職の方々の声をよく耳にします。
 
そこから聞こえてくるのは、
 
「どこまで部下に強く言ったらいいのかわからない」
 
「任せてしりぬぐいするくらいなら、自分でやったほうが早い」
 
「最近の若い人は使いにくい」
 
「仕事量が多すぎる」
 
といったことです。
 
でも管理職がこれでは、なかなか部下の成長も望めませんし生産性も上がりません。
 
経営陣が会社の士気を上げようと意気込んでも、会社全体になかなか伝わらないですよね。
 
 
マクロの視点で見ると、採用できる従業員は質・量ともに減っていくと予測されています。
 
まず、15歳から59歳までのいわゆる「働ける人」。
2010年には7100万人いましたが、2060年には3800万人と、なんと半分になってしまうのです。
その分シニア人口が増えますね。
さらに外国人労働者数は2016年には100万人を突破しました。
また、最近の若者はスマホ世代で人とのリアルのコミュニケーションに長けていないと言われています。
 
多様性を、会社を成長させるリソースとして活かす人材育成戦略、管理職の部下育成は未来を作るうえで待ったなしの状況なのです。
 
放っておくと、今の情報過多社会では多くの対処案件に振り回され、未来の準備はやりたくてもできない状況になり、競合にもグローバルスタンダードにも置いていかれることは想像に難くはありません。
 
どんな部下でも、どんなところでも、部下の可能性を引き出し成長させ、そのプロセスをリソースに変える力。そして組織を発展し続けるチームに変革する力。
 
会社の為にも、元気な日本の未来の為にも、今管理職の方には本当のリーダーシップが求められています。
 
 
私は、ケンタッキーフライドチキンで5000人の人財を育成指導してきました。
人の能力を引き出すことに焦点を当て、エンパワメントを引き起こし、組織の生産性を向上させ、狙った結果につなげてきました。
 
例えば、
・時給800円のアルバイトを3000円の仕事ができる人財に育てることで、閉店寸前だった超赤字店舗を1年で黒字化した
・くすぶっていた店長の能力を引き出し、低い評価だったその店舗を1年で日本一の店舗に導いた
など、他にも多くの現場での実績を積み重ねてきました。
 
これは、「ビジョン実現のために、まず従業員の能力を高める」というグローバルスタンダードの考えを忠実に実践してきた結果でもあります。
 
これに加え、発達心理学、コーチング、NLPの視点・思考を取り入れて人間の原理原則に従ったオリジナルのリーダーシップメソッドを体系化しました。
 
このメソッドを使えるようになると、
・環境や目の前のことに振り回されることがなくなり
・人の能力を最大限に引き出せるようになり
・目標に向かって一丸となって取り組むチームが創れるようになります。
 
このメソッドを理解する講座として
「コーチングでメンバーが自然に動き出す!リーダーシップ実践講座」を毎月開催しております。 
 
講座自体は、「すぐにでも使いたい内容」「リーダーとして部下育成しているイメージが出来た」「何をどうすればいいか理解できた」などの評価を頂いております。
 
ただ、リーダーシップの実践は一度だけの講座で学んだだけではなかなかできるようにはなりません。
 
また、リーダーシップメソッドを使って実際の職場で現状を打ち破る成果を出して頂く実践講座として
  「リーダーシップ実践マスター塾」
を上級講座としてご用意しております。
部下の活かし方・動かし方がわからず伸び悩んでいる管理職の方に、大局的に物事をとらえて組織を統率し、成長を続ける組織を何度でも造れるよう育成する、超実践型のリーダーシップを習得する講座です。

楽しみながら学べる講座ですし
学ぶと人間関係を大きく変えることができます。
皆様とお会いできることを楽しみにしております。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー16件

女性 20代

この講座は「「実践」に徹した講座」でした

タイトルどおり「実践」できる内容が盛り込まれた講座でした。
シンプルにまとめて説明していただき、分かりやすかったです。
このストアカを通して他のセミナーも受けたのですが、なかなか「実践」という意味では物足りなかった(「なるほど!」とは腑に落ちることは多いけど「じゃあ一体どうしたらいいの?」というモヤモヤで終わってしまった)ので、その点森さんのセミナーは実践に徹していて良かったです。この講座の内容を習慣化できるよう、今から資料を見返して行動計画を立てようと思います。

続きを読む

男性

この講座は「コーチングがわかる」でした

わかりやすい

続きを読む

女性

この講座は「実践型」でした

一つ一つ考えながら、限られた時間で実践する、少しエネルギーを必要としますが、とても良い機会となりました。

続きを読む

女性 30代

この講座は「頭の中のもやもやがクリアになる講座でした」でした

リーダーシップって何?どうしたら身につくの?ともやもやしていた状態から一歩踏み出すべく、受講しました。
結果、もやもやしていた頭の中がクリアになるのがこの3時間で実感できました!
特にコーチングの手法を用いて参加者同士で実践することで、課題の棚卸し、やるべき具体策が掴めました。
講座も和気あいあいと進み、非常にリラックスして臨むことのできる講座です。
今回の講座で学んだことを《できる》ようになるだけでなく、《習慣化》することで自分自身を変化させていきたいと思える1日となりました。

続きを読む
16 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真