林 明史のプロフィール写真
(0)
  • 0人
  • 0回

トップ証券アナリスト経験者

ニューヨーク州立大学バッファロー校経営大学院修士(MBA)(優等)取得後、2000年から米国系機関投資家であるアライアンス・キャピタル(現アライアンス・バーンスタイン)、2011年からみずほ証券、2017年からUBS証券にて、一貫して証券アナリストを計約20年間歴任。

2019年、MBAの包括的な知識を全ての人が気軽に習得できる機会を提供する夢アカデミーを創設。

2017年日経ヴェリタス誌アナリストランキング・商社部門1位、
2017年Institutional Investors誌アナリストランキング・商社部門1位。
CFA協会認定証券アナリスト。

企業研修のご依頼はこちら
林 明史の教室ページの見出し画像

誰でも分かる★プロ投資家の現代投資理論

年金のいわゆる老後2000万円不足問題でクローズアップされてきましたが、金融リテラシー向上の必要性は理解しながらも、実際に正しい投資理論を学ぶ機会は日本では殆どないのが現状ではないでしょうか。

★老後は遠い先のことで何をすればいいか分からない
★投資は怖いし難しそう
★投資してみたけどうまくいかなかった

本講座はそんな方を対象に、長年プロの機関投資家そして証券アナリストとして市場の最先端を走っていたトップアナリスト経験者が、現代投資理論の中で最も重要と考える点を、どなたにでも分かるように平易に凝縮した45分間のプログラムです。

本講座を受講されると、「投資」への概念がガラッと変わると思います。なぜなら、私自身が予備知識ゼロで米国のビジネススクール(経営大学院)に留学しMBAを取得した際に、投資理論を学び「目から鱗が落ちる」程の衝撃を受けたからです。

更に、トップ証券アナリスト経験者としての知見も、平易にプログラムに盛り込んでおります。

本講座では、以下の項目をどなたにでも分かりやすく網羅します。
〇 投資と投機の違い
〇 リスクとリターンの関係
〇 ポートフォリオという概念
〇 リスク許容度と整合的な選択肢
〇 主な投資対象資産の種類

本講座ご受講後には、
〇 ご自身のライフステージに応じた資産形成の有り方、
〇 老後2000万円不足問題への対応、
〇 投機からポートフォリオ効果享受への発想の転換、
〇 リスク選好度に応じた選択肢の把握、
こんな考え方を身に着けられます。

「投資」の概念について、コペルニクス的転換の衝撃をご体感頂き、金融リテラシー向上の一助となりましたら幸いです。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真