Terada Kazuyoのプロフィール写真

Terada Kazuyo

本人確認済み
(2)
  • 2人
  • 2回

初心者のための写真教室を開講しています。

フォトグラファー/建築CGレンダラー
三重県名張市生まれ。兵庫県西宮市在住。
総合建築会社、CG制作事務所、設計事務所などを経て2007年独立。
2014年よりフォトグラファー/建築CGレンダラーとして活動中。
同年より写真教室を開講しています。

出張教室も承っております。お気軽にお問い合わせください。

企業研修のご依頼はこちら
Terada Kazuyoの教室ページの見出し画像

チャコールブルーの写真教室

写真を基礎から学んでみたいと訪れた写真教室ではじめてフィルム1眼レフを手にしました。先生の写真のやさしい雰囲気や空気感の要素の一つが「フィルムで撮る」事だとわかり、先生にアドバイスをいただきフィルム1眼レフカメラを購入しました。
ファインダーをのぞいた感覚、ピントを自分で合わせること、重さ、シャッターの音と感触。
はじめて自分で写真を撮っているという感覚にとらわれ、自分が見ている景色や風景を大切におさめている感じがしました。
フィルムカメラは写真を撮ってもモニターで見ることもできませんし、現像に出さなくてはいけません。
「待つ」という要素はフィルムカメラの魅力の一つと考えています。
現像し、プリントが出来上がってきた時、シャッターを押した時の自分の感情や情景が浮かび上がってくるのです。
その感覚をいつも持ち続けたいと思っています。
デジタルカメラにはフィルムにない便利な機能がたくさんあります。オートでしか撮ったことが無いというのはもったいない。
ホワイトバランスをすこし変えて撮ってみる、絞りとシャッタースピードを自分で選んでみる、マニュアルでピントを合わせてみる。
カメラの基本的な仕組みがわかると写真の世界が広がります。
デジタルカメラの基本的な使い方から、データのストック方法まで丁寧に説明をしていきます。
デジタルカメラにはRAW現像という世界があります。
フィルム写真の暗室での現像とプリントと同じように、RAW現像は奥深いものがあります。
デジタルカメラで撮ってすぐに写真にしてしまわず、自分で現像し、満足のいく色にしていきます。
デジタルカメラで撮った写真にも「時間」を大切にかけていきたいと考えています。
教室ではデジタルでもフィルムでもご希望の一眼レフカメラでレッスンを受けていただくことが可能です。
デジタルとフィルムの双方の良いところを学んでいただき、それぞれに活かしていただきたいと考えています。
ファインダーをのぞくと、あたりまえの毎日がいつもと違って見えてきます。
大切な時間を切り取る。 写真におさめる。 イメージをつくりこむ。
そんなお手伝いができたらと思います。
寺田和代

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー2件

男性 50代

この講座は「「撮影が楽しくなる講座」」でした

珍しい被写体だったので、楽しく受講できました。
撮影のポイントを楽しく教えていただきました。

続きを読む

男性 40代

この講座は「自分のカメラと仲良くなろう!」でした

深く知ってから仲良くなるのか?
仲良くなってから深く知るのか?
なんてことはさて置き、自分のカメラに馴染めてない方は、受講するとカメラが好きになると思います!
知ってるつもりで知らない基本を、しっかり教えていただけます!

続きを読む
2 件中 1 - 2 件表示

photo

教室風景写真