お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

山田 夏子のプロフィール写真

山田 夏子

(160)
  • 614人
  • 33回

グラフィック・ファシリテーションが世界を動かす

武蔵野美術大学 造形学部卒。
クリエイターの養成学校を運営する 株式会社バンタンにて、スクールディレクター、各校館長を歴任し、その後、人事部教育責任者として社員、講師教育、人事制度改革に従事。さらに、同社にて人材ビジネス部門の立ち上げ、キャリアカウンセラー、スキルUPトレーナーとして社内外にて活動した。

その後独立し、2008年に株式会社しごと総合研究所を設立。

人と人との関係性が、個人の能力発揮に大きな影響を与えていることを教育経験から実感し、グラフィック・ファシリテーションやシステム・コーチングを使った組織開発やチームビルディング事業を展開している。

関係性を “見える化” するクレイワークや体験学習を得意とし、企業や組織のチームビルディングから、教育現場でのクラスづくりや教員同士の関係作り、地域コミュニティの関係性づくり等、様々な現場で活動中。

●出演
NHK総合テレビ 週刊ニュース深読み(土曜 朝8:15~9:28)
※グラフィックレコーダーとして毎週出演(出演期間:2017年4月~2018年3月)

企業研修のご依頼はこちら
山田 夏子の教室ページの見出し画像

しごと総合研究所

グラフィック・ファシリテーション講座を中心に、チームビルディングや感性開発などのテーマでビジネスの現場に活用できる講座を開催しています。

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー160件

女性 60代

この講座は「他では経験することのできない講座」でした

基礎からアドバンスを受けてきた人たちが受ける実践編は、参加者全員が塊になって研鑽していくことができる貴重な時間でした。そこにはなっちゃん先生の絶大なる包容力があります。

女性 50代

この講座は「参加者と何でも言い合える仲になれる講座」でした

自分の居場所がある安心感と、今日も何か新しい仲間や発見に出会えるワクワク感が最後まで裏切られませんでした。絵を描くことよりもその場の空気を自然体で感じる事をトレーニングする講座です。参加者の方とも率直な意見の応酬をしました。何を言いたいか感じること、自分の言ったことを感じること、普段使ってない右脳に刺激が与えられ興奮してたと思います。そしてあまりに楽しかったので受講生とは講座後に声かけあって晩御飯まで食べにいきました(笑)。場を感じる力、それを絵で表現できる力を身につけて、会社の中で本音の話合いを増やしたいので、繰り返し参加したいと思います。

男性 40代

この講座は「感じとる力を身につける・・・ための入口」でした

先ず前提としてアマチュア一人前になる過程の「3部構成の真ん中」なので、こちらを受けただけではまだ一人前になれません。「感じ取る」トレーニングに多くを割くので基礎編と違い全体像も見れません。更には体得するタイプのスキルなので1日やった位で上達の実感もわきませんしできたかどうかの基準も分かりません苦笑。

ですが、どうトレーニングしていけば良いかを身をもって教えてもらえます。そしてこの「感じ取る力」というのはファシリテーションする上での核となりうる重要なスキルであり、その必要性をこの講座で良く理解できます。更にこの事を学べる講座は唯一無二で他に知りません。

なので、例えば「絵が描けるからグラレコしてみたけど描いて楽しいなで終わってしまう」様な人達にも、場を活性化させる力を得るために(基礎編から)やられてみる事をお勧めします。

女性 40代

この講座は「ファシリテーションに必要な「場を感じる」ことを知る講座」でした

前回2017年に基礎講座を受講し、2年ぶりにアドバンスを受講しました。「場を感じる」ために「愛でる」、そして「描く」。2年という時間が経ってから受講しましたが、レコーディングで終わっていることに気がつき。初心に戻れました。「場を感じる」ことを練習して、次回は「実践編」を受講したいと思います。
なっちゃん、ありがとうございました。

157 件中 1 - 4 件表示

photo

教室風景写真