柳澤 史樹のプロフィール写真

柳澤 史樹

(0)
  • 0人
  • 0回

「あなただけのポテンシャル」引き出し方伝授します。

はじめまして。
フリーライター・自分史活用アドバイザーの柳澤と申します。
取材&ライティング、PR、イベントプロデュースを生業としています。

これまでわたしは仕事を通じて、多くの人の「自分史(オートバイオグラフィ)」を聴いてきました。

自己肯定感を得るのが難しい現代社会において、自分史は若い世代にこそチャレンジする価値があると確信します。

自分と客観的に向き合うことで、あなた自身が未来を生きるポテンシャルを持っていることを実感できた時、人生が変わります。
その力を手に入れましょう。全力でサポートします。

・一般社団法人「自分史活用推進協議会」
自分史活用アドバイザー
http://jibun-shi.org/advisor-members/kanto/yanagisawafumiki/
・小学館「サライ」web版「気軽に書ける自分史講座」
https://serai.jp/tag/%E8%87%AA%E5%88%86%E5%8F%B2
・Creative Unit "Team LINKS"代表
https://www.facebook.com/TeamLINKS

柳澤 史樹の教室ページの見出し画像

あなたの可能性を見つけて引き出す「自分史エッセイ」

みなさん「自分史」という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことがないという方も多いかもしれません。
またご存知の方にとって自分史という言葉は「シニアの人が晩年書き残す書籍」というイメージだと思います。

「自分史」という言葉は1975年に初めてうまれ、主にシニア向けの書籍出版事業として知られてきました。
シニアの「終活」と併せ広く知られ、現在では大手新聞社や出版社による自分史講座や自費出版により、年間数千冊もの自分史が出版されています。

しかし近年、時代における価値観の変化、Webなどメディアの多様化などにより、2〜40代までの若い世代の人も自分を知り、可能性を引き出す、コミュニケーション&セルフブランディングツールとして活用されるようになりました。

この講座では、全国で自分史の普及を行う「自分史活用推進協議会」認定の自分史活用アドバイザーである講師が、あなたが生きてきた軌跡としての自分史を作品にするための基礎を学びます。

自分史を学びながら自らの過去に誠実に向き合い、現在の座標を確認し、そして未来を描く。

この過程を第三者に伝える作品として完成させるワークを通じて、あなたは客観的に自分の存在を認識し、愛することができます。

自分の人生の価値は自分が思う以上に気づかないもの。
だからこそ作品として他者に見せるものを作ることが重要です。
また自分が忘れたまましまい込んでしまっているなかに、本当のあなたを見つけ、未来への手がかりとなるキーが必ずあるはず。

この人生ドラマを描くのもあなたなら、演じるのもあなた。
ぜひチャレンジしてみてください。
未来を生きるためのエネルギーが湧き出てくるはずです。

続きを読む
  • Icon share シェア
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真