お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

はじめてのプレスリリース。企画・作成からマスコミへの配信までを学ぶ

オンライン

講師は、4年間で186回、国内外のメディアに掲載実績があります!そのプレスリリース作成ワークシート&テンプレートをプレゼントします!

こんなことを学びます

【参加者の成果】
◎サポートを受けて、プレスリリーを出したら5紙に掲載された。
◎記事を見た大手メーカー10社と新規取引が始まった。
◎業界紙、地方紙を含め6紙に掲載され、年間の案件が、2.5倍に増えた。
◎アドバイスを受けたタイトルでプレスリリースを出し、日経新聞に掲載。
◎商品の特性を時事問題に絡めたらメディアに取りあげられた。
◎Yahoo!トップニュースに掲載された
◎国内外のメディアから取材された

他。成果をあげた企業様が、多数あります!

【スライドの一部を特別公開!】
https://www.slideshare.net/ssuser307590/ss-235624106

【この講座はこんな方にお勧めです】
・中小企業経営者
・個人事業主の方
・広報担当者
・Web担当者
・自社の強みを発信する文章に悩んでいる方
・自社商品・サービスをメディアで取りあげてほしい方

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
【6月限定50 %OFFキャンペーン】
  通常   ¥5,000 → ¥2,500
※特別プレゼント:プレスリリース作成ワークシート&テンプレート
※顔出しなし・音声なしの参加ができます。

お気軽に開催リクエストください。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

【こんな悩みを解決!】
☑ 広告費をかけられない
☑ プレスリリースってなに?
☑ 何を書けばいいのかわからない
☑ どう書けばいいのか分からない
☑ プレスリリースの基本を知りたい
☑ プレスリリースのテンプレートがほしい
☑ どこに、誰に、どうやって、出せばいいのか?

☑ プレスリリースを出したけど、取材が来ない!!!

といった悩みや課題を抱えている方を対象としたプレスリリース講座です。

90分の講座で、プレスリリースの基本を押さえます。具体的には……

☑ 広告と広報(プレスリリース)の違い
☑ メディア掲載のメリット
☑ プレスリリースを活用するメリット
☑ マスコミが欲しがる情報とは?
☑ マスコミに取りあげられるサービス・商品とは
☑ プレスリリース成功事例
☑ プレスリリースの出し方
☑ マスコミとの付き合い方
☑ プレスリリースのテンプレート

今の時代、どんな職業であっても自ら情報発信していくことが、ビジネス成功の必須条件です。そのために、どの企業もホームページを作成し、SNSや動画を駆使しています。
同業他社が同じアプローチをしている中から、一歩抜け出すために、自社サービスや商品がメディアで紹介されたらいいな……と、願っている方も多いでしょう。

メディアに取りあげられたくて、プレスリリースを配信したのに、全く反応がない……と、落ち込んでいる方もいるハズです。なぜなら、記者の元に届くプレスリリースの9割はタイトルを見ただけで、ゴミ箱行きだからです。

なぜ、そう言い切れるのか?
それは、私がプレスリリースを受け取ってきたライターだからです。

そもそも、一般の方は、プレスリリースを受け取った記者が何を考えながら読むのか知らないでしょう?

実は、私。

ライターとしてプレスリリースを受け取る一方で、私はプレスリリースを配信する側でもあるのです。

2015年秋に、あるプロジェクトでクラウドファンディングを立ち上げました。
その時に、生まれてはじめてプレスリリースを書き、記者会見をしました。
結果、Yahoo!のトップニュース掲載をはじめ、1ヶ月間で国内外で30件以上のメディアに掲載されました。
それ以来、プロジェクトの節目でプレスリリースを出し、4年間で186回(確認できているだけで)メディア掲載されています。

私は、2004年にライターとして仕事を始めてからたくさんのプレスリリースを受け取ってきました。

15年以上、プレスリリースを見てきた私は、自然と「マスコミが取材したくなるプレスリリース」を体得していたから、前述の成果を出せたのでしょう。

これまで私は、プレスリリース講座を大阪の男女共同参画や生涯学習センター、岡山県産業振興財団などの依頼で開催してきました。延べ300名近くが受講しくださり、講座の企画担当者が驚くほどの高評価をいただいてきました。その講座をオンラインで行います。

□取材する側
□取材される側

その両方を経験している私だからこそ、伝えられるノウハウがあります。通常、マスコミは一度取りあげた情報を、2度3度と掲載してくれません。けれど、私は同じ記者に何度も取材を受けています。その理由も講座でお伝えします!

〈参加者の感想〉
※これまでにいただいた参加者コメントを少しだけご紹介します。

・商品企画の時点で、広報プランを考える必要があるとわかった
・製品・サービス・施設などの違いによる書き方のポイントがわかった
・とても分かりやすく、考えを深めることができました。
・思いつかないような案を出していただいたりと、今後の作成時役に立ちそうです。
・タイトル・サブタイトルの作成が難しいと感じた。ワークショップ講座を受講したい。
・会社としてどのように見られたいか、見せたいかを考える機会になりました。
・インターネット上でプレスリリースについて調べてみましたが、いまいち理解できませんでした。今日学んだことを活かしてプレスリリースを書いて経験を積んでいこうと思います。
・もう一度よく考えて、プレスリリースを作ってみようと思います。有難うございました。
・ブラッシュアップのサポートを依頼したい。
・マスコミの視点で考えてプレスリリースを作ろうと思う。
・受講してよかった。
・プレスリリースの型がわかった。
・ワークシートを使って、プレスリリースにチャレンジしたい
・プレスリリースをどうやって出せばいいのかわかった
・身近なところにプレスリリースの窓口があるとわかった
・プレスリリースを書く意義から具体的な書き方まで、基礎から丁寧に説明があった。
・書く時に抑えるべきポイントやテンプレートなどは直ぐに実戦で活用できそう。
・内容は本当に理解しやすく、質問もしやすい雰囲気でよかった。
・1時間半の講義が時間を過ぎるのを忘れる位楽しかった。
・プレスリリース作成講座の開講が楽しみです。
続きを読む

7月4日(土)

14:00 - 15:30

オンライン

予約締切日時

7月4日(土) 08:00

参加人数

0/30人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

7月15日(水)

18:30 - 20:00

オンライン

予約締切日時

7月15日(水) 12:30

参加人数

0/30人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

7月18日(土)

14:00 - 15:30

オンライン

予約締切日時

7月18日(土) 08:00

参加人数

0/30人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

7月29日(水)

18:30 - 20:00

オンライン

予約締切日時

7月29日(水) 12:30

参加人数

0/30人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,000

  • 7月4日(土)

    14:00 - 15:30

    オンライン

  • 7月15日(水)

    18:30 - 20:00

    オンライン

  • 7月18日(土)

    14:00 - 15:30

    オンライン

  • 7月29日(水)

    18:30 - 20:00

    オンライン

  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
5人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

7月4日(土) 14:00 - 15:30

¥5,000
参加人数 0/30人

7月15日(水) 18:30 - 20:00

¥5,000
参加人数 0/30人

7月18日(土) 14:00 - 15:30

¥5,000
参加人数 0/30人

7月29日(水) 18:30 - 20:00

¥5,000
参加人数 0/30人

参加できる日程がありませんか?
先生に開催リクエストを送ってみましょう。

オンライン受講料に含まれるもの

特別プレゼント:プレスリリース作成ワークシート&テンプレート

この講座の先生

成功したい経営者のための文章コンサルタント 松永弥生のプロフィール写真

成功したい経営者のための文章コンサルタント 松永弥生

本人確認済み
  • 18人
  • 17回
教室ページをみる 先生に質問する

経営者インタビューが得意な現役ライター

私は趣味のブログを続けていたら、編集部からお声がけをいただき2004年に40歳でライターデビューしました。

それから、15年。

どう書いたら伝わるんだろう?
もっとスラスラ書きたい!

と日々、悩み工夫を重ねてきました。

最初の数年間は、比喩ではなく本当に泣きながら書いていました。取材に行って〆切が迫っているのに、どう書いていいのか全くわからない!! と毎回悩んでいたんです。

だから「文章が書けない…」と困っている方の気持ちが、身にしみて分かります。

文章講座を始めたのは、2014年にAmazonで電子書籍 “ビジネスにつながる電子書籍出版” を出版したのがきっかけです。カテゴリー2部門で1位を取り、セールにも選ばれました。

自分が悩みながら書き、得てきたノウハウを惜しみなく伝えたため好評をいただき、文章講座、プレスリリース講座や小冊子出版サポートなどの依頼が入るようになりました。

今、私は仕事を頑張るために情報発信力をつけたいと考えている方が「伝える力」を得るサポートを全力でしています。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    ・広報・プレスリリースとは?
    ・広告と広報の違い
    ・メディアとSNSの効果の違い
    ・メディア掲載のメリット
    ・マスコミが喜ぶプレスリリース
    ・ニュースのタマゴ
    ・プレスリリースの型
    ・マスコミとのつながり方
    ・質疑応答

    受講申込み後に、事前アンケートを送ります。
    プレスリリースや広報について質問があれば、ご記入下さい。
    当日の講座に盛り込みます!
    • こんな方を対象としています

      ・中小企業経営者
      ・個人事業主の方
      ・企業広報担当者
      ・Web担当者
      ・自社の強みを発信する文章に悩んでいる方
      ・自社商品・サービスをメディアで取りあげてほしい方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      顔出しなし・音声なしの参加ができます。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 4
    • 楽しかった!( 2 )
    • 勉強になった!( 3 )
    • 行く価値あり!( 3 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「「基本からわかりやすく学べる講座」」でした

    プレスリリースの基本から
    段階的にわかりやすく教えて
    頂きました。
    途中質問タイムがあり回答も
    的確でした。

    また次のステップアップに
    つながる講座で良かったです。
    ありがとうございました。

    先生からのコメント

    ご参加ありがとうございました!
    積極的に質問いただけて、嬉しかったです。

    お送りしたワークシートとテンプレートを活用して、ぜひプレスリリースを配信してください。
    その時は、私にも送っていただけると嬉しいです!

  • M2

    男性 60代

    この講座は「メディア視点のプレスリリースで掲載率を上げる講座」でした

    公開されているスライドを見て、広報初心者向けだと思っていたが、予想以上に濃い内容だった。基礎的な知識から、具体的な視点や手法、自分で情報収集する際の参考サイトまで「自分が知っていることを全て伝える!」みたいな意気込みを講師から感じた。
    講師が取材する側・される側の両面を経験しているだけあって、説得力のある内容だった。
    受講後に送られてきたワークシートが、実践に即使える形式になっていたのが嬉しい。プレスリリースを出す時は、ワークショップもぜひ受講したいと思った。

  • W3

    女性 40代

    この講座は「盛り沢山でとても充実した内容」でした

    プレスリリースを書く意義から、具体的な書き方まで、本当に基礎から丁寧に説明いただいたので、とてもわかりやすかったです。
    実際に書く時に抑えるべきポイントやテンプレートなどは直ぐに実戦で活用でき、とてもありがたいです。

    先生からのコメント

    ご参加ありがとうございました。
    目的意識を持って参加いただけて、すごく嬉しかったです。
    テンプレートとワークシートを活用して、プレスリリースを作成してください。成果報告も楽しみにしています!

  • M2

    男性 40代

    この講座は「すぐに未経験の私でもプレスリリースの出し方が解る講座」でした

    新型コロナの騒ぎ以前より対面で松永さんの別の科目の講座を受講させていただいておりました。
    今回オンラインになるとお聞きしたのと、自分の仕事で必要とする事柄の講座だったので受講してきました。
    内容は本当に理解しやすく、質問の時間も講義中にしっかり取ってくださるので不明な点を聞いたりすることも出来て大変満足です。
    約1時間半の講義でしたが時間を過ぎるのを忘れる位楽しく受講できました。

    また、この後のワンステップ進んだ講座も楽しみにしております。
    今日は本当にありがとうございました。

    先生からのコメント

    講座公開して、すぐにお申し込みいただきとても嬉しかったです! 参加ありがとうございました。
    こちらの講座をオンラインで開催するのは、初めてだったので、緊張していたのですが、楽しんでいただけてよかったです。

    プレスリリース作成講座(仮題)もご用意しますので、ぜひご活用ください。よろしくお願いします。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?