お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

4回コース 3人のフィンランド人が語る”教える”ということ

4回コース
オンライン

フィンランド人が考えるフィンランド教育について現地のプロから日本語で聞くことができます

こんなことを学びます


・フィンランドの教育現場を見てみたいけど行く時間がない
・言語の壁があってフィンランド人の意見を直接聞けない
・視察に行っても時間がなくてあまり質問出来ない
・視察後に日本人と情報を共有すると

日本人の視点ばかりだなと感じることはありませんか?

::::::::::::::::::::::::::::::::

イベントは登壇者が
日本語堪能なため
全編日本語で
お届けします

:::::::::::::::::::::::::::::::::

日本語で直接フィンランド教育の
現場で働く人の話が聴ける

質問できる大チャンスです

日本とフィンランドで制度や環境の違いが大きすぎて
フィンランド人から話を聞いても現実離れしたように
聞こえてしまうという方でも
1日目に基本を学んで
残りの3日間でフィンランド人の考え方を学ぶ
2ステップで深い学びを届けています

-----------------------------------

講師はフィンランドに住む
現役保育士
現役高校教師
教育専門家、子育て中のお父さん

私たちomenaは皆さんの聞いてみたいことを時間の許す限りたっぷり聞いていきます
例えば…

・なぜ日本語を勉強しようと思ったのか?
・普段どんな場所でどんな仕事をしているか
・教えるという言葉について思うこと
・フィンランド教育の好きなところと嫌いなところ
・今のフィンランドの教育について思うこと
・フィンランド教育で変えたいところは?
 どうしたらもっと良くなると思う?
・働いていて大変なこと?
・保護者として感じる不平等?社会システム
・日本の教育・保育の現場で働きたい?
・びっくりしたこと、事件
・なんでこの仕事を選んだのか?
・職場環境、人間関係、働きやすさ
・子どもと関わる上で大切にしていること

などなど、当日参加者の皆さんも直接質問できる時間を作ります


▼開催日時
6月14日(日) 【プレイベント】無料
日本時間20:00-21:00

6月27日(土) 【初日】基礎知識編 
日本時間19:00-21:00

6月28日(日) 【2日目】幼児保育・マックス先生
日本時間19:00-21:00

7月4日(土) 【3日目】教育専門家・起業家パパ・ニーロ先生
日本時間19:00-21:00

7月5日(日)  【最終日】現役高校教師・ヘリ先生
日本時間19:00-21:00


▼開催場所

オンライン、Zoom


------------------------------------

【ワークショップomena】
ワークショップomenaとは2人の日本人がフィンランドで出会い始まりました。
フィンランドの保育を知っている目線から
「日本の先生たちはなぜこれが知りたいの?」と
日本の保育の目線からみる
「フィンランドの先生はなぜこれをするの?」
をお互いの目線から見てみるととても新鮮でした

日本の先生たちが知りたいことと
フィンランドの先生が見せたいもの
視察に行った時に感じるズレの理由がわかりました
「これを日本に発信していきたい」

こうしてフィンランドワークショップomenaが生まれました

また現地視察コーディネーターの目線と
視察に参加する側の目線
お互いの立場から視察を考えて見ると
せっかく高いお金と時間を使って遠くのフィンランドまで視察にきても
フィンランドと日本の違いを確認したままで帰国して
新しい知識を自分の現場に取り入れたり日々の生活に活かしきれていないと感じました

ワークショップに参加しても同じように新しい知識を
メモをしたまま実際に行動に移せていないなとも感じました

そこで、私たちは保育者の視点に立ってフィンランドの知識や情報を
参加者さんの職場ですぐに生かすことの出来る内容のワークショップや
フィンランドのシステムを日本に取り入れることはできませんが

フィンランドの人たちの考え方や価値観を知って
自分の考え方や価値観を改めて考えてみる場所を
作りたいと考えています

omenaはフィンランド語で りんご
たくさんの実のなる木
大きな実のなる木
美味しい実のなる木

どんな実(身)を育てたいか
いろいろな選択肢を提供したり
一緒に育てていきたいと思っています

HP  
https://www.workshop-omena.com/
---------------------------------------------------
【スタッフ紹介】
Yakko
日本で約10年間幼稚園教諭と保育士を経験。 フィンランドの教育に興味を持ち昨年までフィンランドの幼稚園でインターンを経験。3園でインターンをし他にも保育園、小中学校、専門学校など合わせて20カ所を視察。フィンランド滞在中オランダ、デンマークの保育園、小学校などを視察。

Chisato
フィンランド在住10年。フィンランドの専門学校卒業後、派遣保育士やエスポー市のファミリー保育士として勤務。現地の観光や視察コーディネートをしながら現在はラハティ応用科学大学でソーシャルサービスを専攻し、positive learning oyでポジティブ教育を学び、特別支援専門学校で支援員として勤務経験あり
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥8,500(¥2,125 × 4 回)

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
1人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。

この講座の先生

Chisato Anttilainenのプロフィール写真
フィンランド在住10年。フィンランドの社会福祉専門

Chisato Anttilainen

フィンランド在住10年。フィンランドの専門学校卒業後、派遣保育士やエスポー市のファミリー保育士として勤務。現地の観光や視察コーディネートをしながら現在はラハティ応用科学大学でソーシャルサービスを専攻し、positive learning oyでポジティブ教育を学び、特別支援専門学校で支援員として勤務経験あり

この講座の主催団体

カリキュラム

  • 第1回 6/27 基礎知識編・フィンランドワークショップomena

    初日はフィンランドの教育を広く浅く学んで頂きます

    ・フィンランド教育の基礎知識
    ・教育制度
    ・資格(日本でいう保育士、教員免許など)
    ・カウンセラー、言語聴覚士など学校内で働く教員以外の専門家
    ・それらの業種につくための大学での勉強内容
    ・現場実習の内容やインターンシップの様子
    などシステム的な面と

    ・フィンランドの先生の子どもとの関わり方
    ・フィンランドと日本の学校、保育園の違い
    ・現場の先生が使っているメゾットやグッズの紹介

    など実際の現場での先生たちの様子を
    フィンランド在住と
    フィンランドで保育士としての勤務経験がある
    omenaの日本人スタッフが
    日本でのワークショップの経験から
    日本人の皆さんからよく聞かれるフィンランドの
    教育についての疑問、違いなど
    フィンランドと日本の教育両方の目線からお話します

    フィンランドについてほとんど知識がない方でも
    イメージしやすいよう基礎知識を分かりやすく説明します

  • 第2回 6/28 幼児保育編・マックス先生


    マックス先生は数年間色々な幼稚園で非常勤
    (休みの先生の代わりの先生)としての勤務経験があります。
    言語学習に情熱を注いでおり
    幼稚園で働く傍らフィンランド語学習のための
    動画と漫画を作っています。

    日本と同じくフィンランドでも男性保育士の
    数はまだまだ少ないです。
    フィンランドで男性保育士としてはたらくことに
    何か大変なことはあるのでしょうか?
    代わりの先生として働く中で見える
    忙しい保育現場などなど
    リアルなフィンランドの保育現場の話をして頂く予定です。

    また言語学習が趣味で日本の渡航歴がないにも関わらず日本語を話すMAX先生、日本語以外にも英語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、中国語など多言語を勉強しています
    彼の自作の言語学習コンテンツはこちらから↓
    https://www.languagenuggets.com/

  • 第3回 7/4 教育専門家・起業家パパ・ニーロ先生

    1989年フィンランド ロヴァニエミ生まれで
    ヘルシンキ在住のニーロ先生
    2010年から約2年間日本に住んでいました
    日本語や日本の文化の奥深さに惹かれ、
    現在は大学院で社会心理学を専攻しています
    起業家でもあり、フィンランド教育をベースに
    人生設計の立案支援、コンサルティングなどを
    2019年より日本にて展開しています

    プライベートでは二児の父です
    大学院生で起業家でお父さんという
    多彩な顔を持つニーロ先生はどんな日常なのでしょうか?
    日本語で教育について話す機会が多い彼は
    日本とフィンランドの間で教育についてどう考えているのでしょうか?
    サンタクロース村のあるロヴァニエミ出身ですがお子様は都会のヘルシンキ育ちです
    フィンランド内での地域差についても話してもらえるかもしれません

  • 第4回 7/5 現役高校教師・ヘリ先生

    1985年フィンランドのJuva生まれのヘリ先生。
    東フィンランド大学では英語翻訳を専攻し
    副専攻では日本語と日本の文化学びました
    2006年に日本の関西外大に留学しており
    英語の翻訳の修士習得後に大学院で文学
    フィンランド語と教育専攻です
    大学院生の時に大人向けの高校と中学校で勤務した経験があります。
    現在、ヘルシンキの高校でフィンランド語(国語)と
    第二言語やマスメディアについて教えてます
    現役の高校教師の視点からフィンランドの高校生についてや
    先生の働き方についてなんかも話してくれるかもしれません
    どのような授業を展開しているのかも多くの方が興味があるのではないでしょうか?

  • こんな方を対象としています


    ▼参加対象者
    子どもに関わる方、保護者、フィンランドに興味のある方です。

    保育士、教員はもちろん
    子育て中の方や
    フィンランドの教育について興味のある方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    講師はフィンランド在住のため
    オンライン会議システムzoomを使用します
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?