お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

「実践Access」01_はじめに_オンライン講座

オンライン

Accessを使ったデータ分析のスタートラインに立てます

こんなことを学びます

講座では、テキストによる自習の仕方をご説明します。
実習の1)から7)のそれぞれの最初の部分の操作を一緒におこないます。

「実践Access」01_はじめにでは、
経営管理で役立つAccessの実践的な使い方を学びます。
データ分析に必要な具体的なAccessの使い方を習得できます。
事務系の人にとって難しいと言われるAccessを実習しながら身に付けられます。

講座のはじめに
Accessが事務職にとって難しいと言われる理由と
Accessがデータ分析に最適であることの理由を説明します。

実習では
「1分ツール簡易版(ボタン1つ)」の作成 をおこないます。
1).Accessの起動
2).空のデータベース作成
3).Excelデータのインポート
4).クエリの実習(選択クエリで絞り込み実習)
5).フォーム「調べ事1分MENU」の作成
6).Excelへのエクスポート(絞り込んだあとExcelで情報提供)
7).マクロの作成(MENU画面自動表示)
をやります。

速くて正確なAccessのデータ分析を実感できます。
そして
職場で役立つ情報共有ツールの作り方を実習できます。

手順をまとめた50頁のテキスト(PDF版)付きです。
受講後ゆっくり自習ができます。
オンラインの見ずらさ聞きずらさがあってもテキストによって確認できます。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥2,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥2,000

この講座の先生

ACCESSで経理を楽しむ

都立一商卒で経理に就く。その後日大理工Ⅱ部に進学し理系に方向変換。経理からシステム開発部門に異動。30代中頃からシステム監査と経営管理学を学ぶ。46歳で転職し再び経理を始める。戦う中堅印刷会社(錦明印刷株式会社)で社長と共に帝国DB評点62以上維持を目指して内部会計システムを運用。そこで役に立ったのがAccess。MS-Accessを開発ソフトとしてではなく経理の道具として活用。
業務実績は1200名規模の会社(株式会社写研)でシステム開発・オンラインDBDC構築。情報処理システム監査技術者は2種1種特殊の時代に取得。経理は下働きから統括まで経験。
現在、経理に商業ACCESSを推奨する社会貢献活動をおこなっています。

NPO法人 スマート経理 代表

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    概要説明    10分
    インポートの実習  15分
    クエリの実習    20分
    フォーム作成の見学 15分
    Excelエクスポート他 05分
    質疑応答    05分
    • こんな方を対象としています

      足立区の綾瀬(教室)まで来れない受講希望者の方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      Access2007(できればAccess2016)以降搭載パソコンが必要です。
      テキストはAccess2016で作成してあります。
      マクロ作成画面が2007と2016では異なります。
      受講時にパソコンが無くても、後日、職場のパソコンでテキストを
      見ながらの自習ができます。

      マンツーマンでおこないます。
      30分前にメールでZoomのIDとパスワードをお送り致します。

      受講日の前日の午前中にストアカメールにて「テキスト(PDF版)」、「Excelデータ」、「実習用文字データ」の
      3点を添付して送付致します。
      到着後、「テキスト(PDF版)」に従って自習(予習)もできます。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この先生の他の講座

    49

    開催リクエスト受付中

    東京(その他)
    1

    開催リクエスト受付中

    東京(その他)

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?