費用をかけずにセルフ出版! 個性豊かな本を作ろう!

その価値がわかる人だけに自分の本をアピールする。これがセルフバブリッシング本来の姿です。そんな希有な出版セッション(相談)を1名様限定で!

  • 開催回数

    1
  • 受けた人

    1
  • 受けたい人

    9
  • 感想読む

    1

こんなことを教えます

この講座はマンツーマン(おひとり対応)のセッションですので、ご希望の方は下記フォームからお問い合わせください。対応できる日程をこちらへアップさせていただきます。

【希望日程フォーム】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/39c9d8ca343673


●極端な話、売れない本でもいいんです! 
出版セミナーや編集者との面談へ出かけ、あなたの企画がダメ出しされたケースはありませんか? 商業出版の場合は一般の方の企画がひっくり返されてしまいます。「これじゃ面白くない。ココを直せ」という具合に。

その理由はカンタンです。商業出版はとにかく利益を出さなければなりません。ですから、版元さんは「あなた本を売るためにはどう手直ししたらいいか」の発想から入ります。

そういう私も出版社での仕事に関わる時は、そのスタンスです。利益を出さなければならない出版社にとって、趣味性の強いパーソナルな企画は御法度です。

しかし、みなさんがお持ちの企画は、そもそもが”商業出版”を意識してはいませんね。自叙伝やご趣味の世界、培ってきたキャリアなど、「爆発的に売れなくてもいい。わかってくれる人だけに買ってもらえばいいんだ」の企画ではないでしょうか。

私はそのような企画も大賛成ですし、バックアップしたいと考えています。みなさんの本音やご意向は多くのコンサルティング経験によって理解しています。マイノリティ(少数派)がターゲットでも、著者にとってはかけがいのない本ですからね。

その本を出すことはみなさんの目標でもありますし、人生の集大成でもあるでしょう。だからこそ、セルフパブリッシングで応援したいのです。

●自分の理想の本を好きなように出版できるのですか? 
費用はかからないのですか?

答えはYESです。昨今は便利な世の中になりましたからね。
代表的なセルフパブリッシングは電子書籍の『amazon kindle』でしょう。日本国内は元より、世界中を販路としています。こちらは登録&販売に関して無料ですし、35%、70%どちらかの印税契約ができます。

また、電子書籍のデータから紙の書籍本を作ることも可能です。アマゾンからオンデマンド形式(注文に応じ1冊づつ製本する方法)で、いとも簡単に発行できるシステムがあります。こちらは業者サイトを経由しますが、わずかな登録手数料を支払うだけでアマゾンから流通できますし、10%の印税収入も期待できます。

そして、これらの本作りはセルフパブリッシングですから、出版社を経由しません。つまり、あなたの好きなテーマで好きなように執筆&制作することができるのです。夢のような話ですね。

また、自費出版と違い、高額な出版費用がかからないこともメリットのひとつです。さらに、売れたら売れただけの印税収入がありますから、リスクはまったくありませんし、収益も期待できます。

●どんな人がセルフパブリッシングに向いていますか?
今まで多くの方のコンサルティングをしてきましたが、出版を希望される方は必ず理由があります。

<出版したい理由>
・自分の過去を自叙伝でまとめたい
・自分のビジネスへお客さんを呼び込む糸口にしたい
・出版社へ売り込むためのステップにしたい
・培ったスキルを後輩へ伝えたい、などでしょうか。

<テーマの一例>
・裸一貫で不動産会社を興し、上場企業までにしたオーナーの自叙伝
・イタリアン料理の先生が料理教室の集客のために制作したレシピブック
・OLが本業の週末作家。書きためた恋愛小説を電子出版し、大手出版社へアピールしたい
・バイオテクノロジーの研究者が後輩育成のためにノウハウをまとめたい

 みなさんへの説明のために、一例をあげさせてもらいましたが、私のところへ相談にいらした出版希望者は様々なジャンルの方がいらっしゃいます。

それなりに大切な目的・目標があってのことですから、みなさんも遠慮なく私にテーマをぶつけてください。

●セッションを受けるとどのように変わっていくのですか?
まず、セッションの目的ですが、皆さんのわからなかったことや疑問点を解決します。「どのように構成し、どのようにアップロードしたらいいの?」といったご質問が多いのですが、わかりやすく言いましょう。

私ができることはみなさんのテーマを生かし、商品としての出版物にリメイクすることです。

例えば結婚式を想定してください。新郎新婦の華やかな衣裳はプロのスタイリストさんが、ヘアメイクはメイクアップアーティストさんが担当されますね。私の役目はそれと同じです。商品化されたときに、どれだけ読みやすく、読者へ感動を与えるか、そして高評価を受けるか。そのスタイリング&メイクアップが私の仕事なのです。

 たぶん、皆さんは出版に関してわからないことだらけのはずです。それは致し方ありません。私も出版社へ入社した時は、右も左もわからないズブの素人でした。それが600冊以上の書物を制作することで多くの知恵やノウハウを授かったのです。

 ですから、皆さんは遠慮なく恥ずかしがらずにたずねてきてください。ご自身のオリジナルの本であっても、その質感はプロフェッショナルでなければなりません。私も精一杯のお力添えをさせていただきます。

●セッション参加で用意するもの
 本の企画書、もしくはどんな内容にしたいか、そういった主旨がわかるものをご用意ください。お持ちでない方は、セッション会場にて口頭で伝えていただいてもかまいません。
 原稿をすでに書き起こした方はその一部を拝見させてください。
 セッション前にメール添付にてお送りいただけるとこちらの理解も深まりますし,適切なアドバイスを差し上げられます。

この講座の先生

三武 信夫

600冊の編集ディレクター

編集者として出版社に10年勤め、その後独立して編集プロダクション株式会社ハミルトンを設立。企画書作成5000本以上、書籍&雑誌製作数600冊以上、10万部以上のベストセラー5冊……。このような経験から培った企画力・文章力・取材&構成力のノウハウを惜しみなく紹介します。他のセミナーにありがちな知...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数38

教えた人数88

当日の流れとタイムスケジュール

1 参加者より、企画書の類を拝見しながら内容をうかがい、相談に応じます。
2 タイトル、構成面でのアドバイス
3 販売/戦略面でのアドバイス
4 目標作りや長期計画のアドバイス、など
*その他、参加者のご質問にお答えします。

こんな方を対象としています

●セッション(相談)の対象者
・最初に何から手を付けていいかよくわからない
・自分の本の足りない構成要素を明確にして欲しい
・本を出してみたい希望があったが、なかなか実現しない
・読者を惹きつけるための構成要素が今ひとつわからない
・電子書籍を出してみたいがその方法がわからない
・自費出版とセルフパブリッシングの違いがわからない
・出版前に自分をアピールする方法を知りたい
・諸々、相談できる人がいない 

 など、困っていらっしゃる方はお気軽にどうぞ。

ビギナーの方でも大丈夫です。最初は誰もが戸惑うところですから、経験豊かな編集者が的確なアドバイスをわかりやすく説明します。

受講料の説明

●参加費
 参加費のなかには上記のアドバイスがすべて含まれます。なお、恐れ入りますが、カフェでのセッションの場合、ご自身と講師のお茶代はご負担いただきます。
万一、参加者の質問が長くなり、時間延長を希望される場合は、超過時間分のフィーをお支払いいただくこともあります。なお、後続のコマが控えている場合は時間延長をお受けできない場合があります。
*会議室の個室希望の方は事前にメールにてご相談ください。有料(現地お支払い)となりますが、プライバシーの保たれた空間でのセッションとなります。

受講する際は以下をお読み下さい

基本的にマンツーマンの相談アドバイスです。カフェ、またはコワーキングスペースでのアドバイスとなります。セッションの詳細場所についてはお申し込み後にお知らせいたします。こちらからストアカの登録メールへ連絡を差し上げますので返信をお願いいたします。

<お願い>
・企画書、もしくは何を書きたいかの構成案(簡単なメモでもかまいません)をできるだけご用意ください。特に専門色の強い分野に関しては当方が理解できるような資料をお願いいたします(解説サイトのURLでもかまいません)。恐れ入りますが、お送りいただけける場合は開催日の2日前まで送信いただけるよう、お願いいたします。ストアカのメッセージはファイル(WordやPDFなど)を添付することができます。

・ビギナーの方で特にプランを決めているわけではなく、これからの道筋を相談したい、という方は企画書等不要です。計画をいっしょに練りましょう。

・開始時間は厳守してください。万一、遅れて到着された場合でもカウントが進みますのでご注意ください。

感想 1

楽しかった!

( 1 )

勉強になった!

( 1 )

行く価値あり!

( 1 )

男性

この講座は「今までの悩みが吹っ切れたアドバイス」でした

過去において、いくつかの出版社へ企画を持ち込んだのですが、どの出版社も門前払いでした。
その理由は「売れそうも無いから」という返事ばかり。
でも、「世のなかにはわかってくれる人が必ずいる」と信じ、書き綴った原稿があります。

今回は先生に相談して本当に良かったと思います。私の本はマイナーなテーマかもしれませんが、どのようにして世に出したらいいのか、ていねいに教えていただきました。また、自己中心的な書き方にならぬよう、客観的にみて質感をあげる方法も教わり、本当に助かります。「売れそうも無い原稿」を理解してくれる出版社はまったく無かった(当たり前?)ので、救われた気持ちでいっぱいです。また、アドバイスを受けたいのでその時はよろしくお願いいたします。

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:池袋・巣鴨

    受講料:¥ 5,000

過去に開催した日程一覧

この講座の関連ツイート

三武 信夫 さんの他の講座

Page Top