お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

本革/手縫/栃木レザーで新生活のアイテムををつくる

新しい生活に向けて、新しい革の小物を使いはじめるのはいかがでしょう。世界でひとつの新品の本革のアイテムを、ハンドメイドできます。

こんなことを学びます

<はじめての生活のために>
優れた素材である本革(栃木レザー)を用いて、新しい生活を新しいアイテムで彩ってみませんか。大事な人のために、世界でひとつのアイテムをプレゼントしてみるのも素敵です。

・パスケース
・IDホルダー
・ペンケース

何を作るかからご相談のうえ、作り上げるまで一緒に進めていきましょう。

<革は素敵です>
革の良さは、素材としてのストロングポイントが数多いことです。
・実用的。長くもつ、強い素材。
・温かみのあり手になじむしなやかさ。
・経年変化で飴色に変身する美しさ。
・高級ですが高価ではありません。結果的にリーズナブル!
・レザークラフトの技術があると修理ができてなお素敵。
・作ってプレゼントすれば喜ばれることまちがいなし。
・天然素材、扱いやすい素材。難易度高そうでそうでもない。

<手縫いのよさ>
・革の手縫いは、ミシン縫いと決定的に違います。
・糸のからみ方が違うため、手縫いは構造上ほどけづらいのです。
 (ミシン縫いは、一か所切れるとするする抜けてしまう)
・手ならば、太い糸も極端に厚い革も縫えます。
・手作業なりの時間はかかりますが、達成感を満喫できます。

<こんなことを学びます>
日常で使えるアイテムをつくることで、レザーアイテムがどういう造りなのか、どうやってできるのかを実践して学びます。扱うのは牛革、本革です。ブランド革である「栃木レザー」を使用します。

初めての体験される方に向けて、今回はつくるのはシンプルな革小物です。作業工程の一連の流れを学びます。革は手縫い(ハンドソーイング)で組み立てます。所要時間は3時間(個人差がある点はご理解願います)。

<こんなことが出来るようになります>
自分だけの革細工を完成させる事が出来ます。自宅でも一人でレザーのハンドメイド製品を作ることができます。iPhoneなどスマホのケースやアクセサリー、バッグ、ステーショナリーなどの制作につなぐことができます。

<こんな風に教えます>
少人数制のグループで丁寧に教えます。レクチャーとワークを組み合わせた二部構成です。講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、
自由に楽しく学んで頂きます。

<定員>
基本 MAX4名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

4月18日(土)

13:00 - 16:00

東京 / 渋谷・恵比寿

予約締切日時

4月13日(月) 13:00 まで

参加人数

1/3人

開催場所

銀座 表参道駅 徒歩8分

住所は講師の要望により予約者のみに開示

価格(税込)

¥6,000

  • 4月18日(土)

    13:00 - 16:00

    東京 / 渋谷・恵比寿

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
16人が受けたい登録しています

開催日程

4月18日(土) 13:00 - 16:00

¥6,000
参加人数 1/3人
場所 銀座 表参道駅 徒歩8分

この講座の先生

革でものをつくる人です

レザーはあたたかく、しなやかで、キリっとしていてすてきです。

革に魅せられ、作って作って四半世紀余り。気が付くと「僕にもつくって」「私も欲しい」「どうやるのか教えて」と言われることが増えました。数えきれない革のアイテムをこしらえ、イベントに出展しているうちにわずかずつ自信もついてきました。

精いっぱいの等身大で臨みます。初めての方も、そうでない方も、よかったら一緒にうまくなってみませんか。

【本業】
 1.会社員(システム系) 
 2.クリエイター集団Cicada Project代表

【最近の作】IDホルダ、財布、ペストマスク
【出身地】タレントの眞鍋かをりさんと同じ
【苗 字】タレントの眞鍋かをりさんと同じ

あなたのお声かけをお待ちしています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.イントロダクション、概要説明(20分)
    2.構想(30分)
    3.表面処理、コバ処理(40分)
    4.貼り合わせ、縫い合わせ(60分)
    5.仕上げ(30分)

    ※進み具合には個人差等あります。極力仕上げまで努めますが、時間内に完了しない場合もあることをご理解ねがいます(その場合もがんばってフォローいたします)。
    • こんな方を対象としています

      レザークラフトが初めての方。
      やったことはあるけど久しぶりの方。
      やっているけど一緒に作ってみたい方。
    • 受講料の説明

      受講料には材料代、レッスン代、場所代が含まれます。
      開催は、原宿・表参道周辺を予定しています。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      当日はよごれてもよい服装でお願いします。
      そこそこ長丁場なので、お飲み物やおやつの持ち込みはフリーです。

      ※画像のアイテムはアイディア段階です。今後変更することがあります。
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 6
    • 楽しかった!( 6 )
    • 勉強になった!( 5 )
    • 行く価値あり!( 5 )
  • M1

    男性

    この講座は「楽しく学べる講座」でした

    初めてのレザークラフトで、前提知識もありませんでしたが、丁寧に教えていただき、うまくカードホルダーを作ることが出来ました。先生の見本と比べると失敗かな?と思いましたが、家に持ち帰り眺めて見ると、比べるものがないからか、我ながら上手に出来たと思います(笑)。また、参加したいです。ありがとうございました。

    先生からのコメント

    前提知識ゼロからでもきっちり最後まで仕上がりよかったです。
    革の良さに負うところが大きいですが、出来て使いこむごとにいい感じに育っていきます。
    そこがヌメ革の良いところと強くおもうところです。

    ぜひまた、ご参加ください。
    次はこんなものを作りたい、使ってみたい、というアイテムを作成してみるのもよいかもしれないですね!

  • W3

    女性

    この講座は「達成感を味わえる講座」でした

    革の裁断から始め、手縫いで自分の希望通りの本革のIDカード入れを作成する事が出来ました。
    毎日、使う物なので経年変化してどんな風になるのか楽しみです。
    沢山の工程が有りましたが、一つ一つ丁寧に説明してもらい初めてでしたが、不安になる事もなく作品が出来上がりました。
    他にも何か作ってみたくなる講座で、コツコツ作業が好きな方は、どハマりする講座だと思いました。

    先生からのコメント

    レビューいただきありがとうございました!

    平日の遅い時間からの開催、かつIDホルダーという最初に取り組むには少々難易度高めのアイテムに挑戦いただきましたが、無事に最後まで仕上げていただけてよかったです。古いホルダーから新しいホルダーにカード類を引越しされたときのうれしそーな表情に、私もやってよかったとしみじみ感じました。ぜひまた、違う作品講座でご興味ありましたら、参加をお待ちしています!

  • M2

    男性 60代

    この講座は「「優しく親切なレザークラフト講座」」でした

    2回目の参加です。前回とは違う制作物をやらせていただきました。こちらから希望を出して、IDホルダーを作らせていただきました。新しい知識、アドバイスをいただいて、少しずつ上達できればと思っています。前回同様、和やかに楽しく、集中して制作できました。また参加しようと思います。

  • W1

    女性 50代

    この講座は「クセになる講座」でした

    IDカードホルダーを作りました。レザークラフトは全く初めてだったので予定よりも時間がかかってしまいましたが、素敵な作品が完成しました。うれしくてずっと眺めています。笑

    とても優しく明るい先生で、根気強く丁寧に教えていただきあっという間の時間でした。もっともっといろんなレザー製品を作ってみたくなりました。また次回も同じ先生にお世話になりたいと思っています!

  • W2

    女性

    この講座は「レザー製品をもっと作りたくなる講座」でした

    レザーでものづくりをしてみたくて、ペンケースを希望して行きました。形状等をぼんやりイメージしていきましたが、色々汲み取ってくださり、期待以上の素敵なペンケースが出来上がり大満足です。
    出来上がりだけでなく、そのプロセスも面白く熱中してしまいました。先生がひとつひとつ丁寧に優しく面白く付き合ってくださり、もっと他の物も作りたいという気持ちです。本当にありがとうございます!

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?