お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ハラスメント防止研修~パワハラとアンガーマネジメント~

対面

パワハラ防止対策が企業に義務づけられることになり、企業内での取り組みが本格化している中、どのようにパワハラを防止すれば良いかをお伝えします。

こんなことを学びます

【セミナーの背景と概要】
企業でのパワーハラスメントについては、防止対策を義務付ける法律が成立し、大企業では2020年6月から施行されることになりました。それを受けて、ハラスメント防止への取り組みが企業内で本格化しています。

パワハラが起こる理由は、以下の3つがあるといわれています。
(1)パワハラについて無知である
(2)人権意識が低い
(3)感情のコントロールができない

本研修では、知識やアンガーマネジメントの技法を学ぶだけでなく、パワハラにつながる「~であるべき」という思い込みに気づいていただくために、自分自身の持つ価値観を客観視する演習なども行い、予防・防止につなげます。

社員の多様化が進む中、ダイバーシティを推進して企業が成長していくためには、社員同士の良好なコミュニケーションが欠かせません。パワハラは、コンプライアンス上のみならず、社員間のコミュニケーション不全を招き組織の成長を止める要因となります。

また、パワハラとまではいかなくても、職場に数多くある不満やイライラといったものも、自分自身の「べき」が招いていることが多くあり、それがパワハラにつながる可能性があります。まだ顕在化していないパワハラの芽を摘むためにも有効な研修となっています。

【期待される効果】
・怒りとパワハラの関係に基づいて感情のコントロール方法を理解できる
・自分自身の怒りの背景にある「べき」という価値観に気づく
・他人の価値観への許容度をひろげることができる

【参加者の声】
・部下の指導が苦手だったが、どう伝えればよいかわかった。使ってみたい。
・部下とうまくコミュニケ―ションを取っていく上で、非常に参考になる話だった。
・怒りを伝える際に、まず相手の状況を確認する必要性が理解できた。
・自分自身の考え方や進め方にも問題があることがわかった。
・自分の持っている価値観と他人のそれとが想像以上に違っていることがわかった。ワークを行うことで、多くの気づきがあった。
・「怒り」そのものが悪いわけではなく、その伝え方や自分の持つ許容範囲の問題ということが新鮮でした。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥500

受けたい
5人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥500
場所 東京(その他)

この講座の先生

朝生 容子のプロフィール写真
研修講師、コンサルタント

朝生 容子

大学卒業後、大手通信会社に入社。人材開発部門にて若手社員育成、女性活躍推進、マーケティング、経営企画等に従事。1999年に社会人向け教育機関に転職。企業研修部門でマネジャーとして人材育成コンサルティングやリーダーシップカリキュラム開発プロジェクトに参画。2012年にキャリアコンサルタント、研修講師として独立。企業内研修を多数請け負うほか、年間のべ約200名の働く個人からの相談に従事。働きやすい職場作りのコンサルティングにも取り組んでいる。
主な資格:国家資格キャリアコンサルタント、キャリア・コンサルティング技能士2級(熟練レベル)、産業カウンセラー、アンガーマネジメント・ファシリテーターなど

この講座の主催団体

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【プログラム】
    1.「パワーハラスメント」とは
    2.「怒り」のメカニズム
    3.自分自身の「べき」を棚卸
    4.価値観共有ワーク
    5.アクションプラン策定
    6.まとめ
    • こんな方を対象としています

      パワハラ防止のため、社内研修をお考えの人事研修ご担当者、ダイバーシティ推進部門の方のご参加を歓迎いたします。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      お持ちいただくものは筆記用具のみです。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?