学園祭の模擬店「メイド喫茶」開店で学ぶ損益計算書、貸借対照表

会計・簿記は便利な仕組みですが、とっつきにくいイメージがあります。楽しいケーススタディで財務諸表の基礎、本質を学びましょう。

こんなことを学びます

<会計って何のためにあるの?>
ビジネスパーソンにとって「会計」知識がないことは、今後致命的であると言えます。楽しいケーススタディによって、会計の本質的な目的をつかめば、目から鱗・・・仕組みがパッとわかってしまいます。

<こんなことが体験出来ます>
メイド喫茶開店というケースで、損益計算書、貸借対照表を簡単に作ってみます。

<こんな風に教えます>
小難しい講義は一切なし、PPT資料のポンチ絵を見ながら、無理なく知識が体に入ってきます。

<このレッスンで得られるもの>
損益計算書と貸借対照表の意味、その関係性。

<定員>
基本 2名から10名まで
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

下北沢・自由が丘

価格(税込)

¥3,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

この講座の先生

スポーツビジネス/eビジネス/転職など実践での経験

現在大学の専任教員をしています(埼玉工業大学人間社会学部教授。経営、具体的にはスポーツビジネス、インターネットビジネス、ターンアラウンドマネジメント、地域経営、現代経済、コーポレートファイナンス)。8回ほど転職しながら様々会社で、ビジネスパーソンのやるほとんどの職種を経験しています。ファンドマネジャー、商品開発、調査・企画、営業・営業開発、人事・財務・総務、CFOなども経験。難しい内容の本質を、分かりやすく、面白く、教えます(要望あればケーススタディ使いながら)。スポーツビジネスでは実務経験(千葉ロッテマリーンスでの経営改革、日本バスケット協会アドバイザー、横河武蔵野でのラグビーに関するマネジメントアドバイス)多く著作多数です。インターネットビジネスでは、最近GAFA関係の本2冊出版しています。8回以上の転職経験の中で、改革を常に実行してきました。今は大学での指導、改革(eスポーツプロジェクト主宰、アグリテック=スマート農業での深谷市アドバイス、ラグビーチームのマネジメントアドバイスなどを行っています。(公財)日本証券アナリスト協会検定会員、国際公認アナリスト、深谷市各種審議会委員

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    2時間位の内容を想定しています(応相談)。
  • こんな方を対象としています

    若手ビジネスパーソンや学生で、まだ会計について理解できておらず、まずは本質的なこと、根本的なことを身に着けたいと思う方
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    気楽に参加してください。

この先生の他の講座

0

開催リクエスト受付中

relation

関連講座