お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

【オンライン】特定形と「いただく」を使いこなす講座

対面 オンライン

脱「頂く」依存症!特定形、中でも「頂く」と「下さる」を正しく使い分けられれば敬語上級者!文脈や状況に応じた敬語を使えるようになりましょう。

こんなことを学びます

この講座は
「御(お・ご)」の使い方のシンプルなルール
  もしくは
敬意と人間関係を伝える敬語を理解する敬語講座 を
 受講済みのかた向けの講座です。

■特定形とは?
特定形とは、決まった法則性なしに特別な変化をする敬語のことです。従って、一つ一つ覚えないと使えません。だかrこそ敬度が高く、ここぞというときに必要です。
また、「こちらのパンフレットを拝見してください」のように間違った特定形を気づかず使っていると信頼を失い、いくら商品知識は確かでも信用されなくなってしまうかもしれません。

この講座では、主な特定形を覚えるとともに、特定形の中でも特に使い分けが難しく曖昧になりがちな「いただく」と「くださる」の使い方を集中的に学びます。

「申込書にご記入いただきます」
「メールでお問い合わせいただいたのはいつでしょうか」

このような「いただく」の使われ方のどこがおかしいのかに気づき、修正できるようになるところまでを目的にした講座です。
接客業の方には特に受けていただきたい内容です。

■「いただく」の間違った使用例
「昨日メールしたのに返事が来ない!」とお客さまが怒っているとしましょう。
昨日届いたお問い合わせは全て返信済みなのに、どういうことだろう、といぶかしく思ったあなたは、いつ送られたのかを確認しなければなりません。
「失礼ですが、メールをお送りいただいたのはいつでしょうか?」
こんな質問をしていませんか?
こんな訊き方では、お客さまをもっと怒らせてしまうかもしれません。

■増加し続ける「いただく」依存症
いま、「いただく」依存症が増えています。
「いただく」依存症とは、もちろん私が勝手につけた名前ですが、下記のような症状を持った人たちのことです。
【症状1】敬語を使わなきゃと思うと「いただく」ばかり使ってしまう
【症状2】「いただく」がないと、なんとなく丁寧じゃない気がする
【症状3】「ください」は命令だから使ってはいけない
【症状4】「いただく」を使わなかったら、代わりに何と言えばよいかわからない
【症状5】「いただく」が使われている文章に違和感を覚えたことがない

どれか一つでも当てはまったら、ぜひ受講をご検討ください。

■「いただく」と「くださる」が使いこなせれば一人前!
「いただく」と「くださる」は、日本語を母語としない日本語学習者にとってかなり混乱する言葉だそうですが、日本語が母語の人にとっても混乱しやすいことに変わりはありません。

勘違いをしている人が多いのですが、「いただく」は丁寧語ではありません。
「いただく」と「くださる」は、適切に使えば配慮を示すのに使い勝手の良い言葉です。
一方で、なんとなく「いただく」を付けておいたほうが丁寧に聞こえるから、という理由で「いただく」を付けていては、かえって配慮から遠ざかっています。
不適切な「いただく」は過剰でうっとおしく聞こえたり、慇懃無礼に聞こえたりします。文法的に間違っていれば、なおさらです。

言葉に唯一絶対の正解はありませんが、どんな状況やどんな文脈であれば「いただく」が効果的で、逆に「いただく」を使わないほうがよいのはどのような場合なのかを理解しましょう。

敬語は、敬意を伝えるとともに正しい情報をも伝えなければなりません。

敬語を使うということは、自分がどのように相手を尊重しているかを伝え、正しい状況認識を共有する積極的な行為であることがわかると思いますよ。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥6,600

受けたい
2人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥6,600
場所 池袋・巣鴨

対面受講料に含まれるもの

受講料には、資料代が含まれます。
飲食代は各自ご負担をお願いします。

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥6,600

この講座の先生

敬意を伝え人間関係を見える化する敬語を教えます

私は、コールセンターに18年勤め、講師として企業へ電話応対研修も行ってまいりました。

コールセンターでは、敬語を適切に使うことで、お客様とポジティブな関係が築けることを実感しました。しかし、会社には満足な敬語の教育プログラムはなく、ほとんどが独学でした。

外部企業への電話応対研修では「今まで電話が嫌だったが、早くお客さまと話したくなった」「ずっと聞いていたいと思った。こんな研修ははじめて」「研修で感動するとは思わなかった。すごい!」などの感想を頂戴し、それなりの手応えも感じていました。しかし一方で、多くの企業が敬語へのニーズがありつつもどのように教育をしたらよいかわからないという状態であることを知りました。

敬語は、いったん理解してしまえば難しいものではありません。そのうえ、敬意を伝えることでコミュニケーションの潤滑油となり、人間関係を見える化することで責任の所在が明確になります。このような便利なツールである敬語が、ビジネスにおいて使えるのと使えないのでは、大きな差が付きます。自分の言葉として使いこなせるよう、どなたにでもわかりやすい講義を行ってまいります。
+ 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <進行の目安>(120分)
    10分  お互いの自己紹介(職種・参加動機・この講座に求めるものなど)
    30分  特定形とは~知っておきたい特定形
    10分 「いただく」と「くださる」の表すもの
    10分  休憩
    30分 「いただく」と「くださる」を使いこなす
    20分  特定形を覚える 
    10分  質疑応答
    • こんな方を対象としています

      ・敬語の基礎である「お」の使い方をマスターし、もっと敬語を使いこなしたい方
      ・誰に向かう敬意なのかを意識して敬語を使いたい方
      ・巷で使われる「いただく」の使い方に疑問を感じている方
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      一方的な講義にならないよう、なるべく発言していただく機会を設けます。
      録音・録画はご遠慮ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー7

    • 楽しかった!( 5 )
    • 勉強になった!( 7 )
    • 行く価値あり!( 7 )
  • M3

    男性 50代

    この講座は「また一つ、敬語の違和感の原因がよく理解できた講座」でした

    普段、よく耳にする「いただく」や「くださる」に違和感を感じる時や、感じない時がある。しかしその違い、理由はよくわからない、どこが間違っているかもわからない…ずっとそんな状態でしたが、この講座を受講して、やっと、その一端が理解できた気がします。今後は多少なりとも、意識して使えるのではないかと思います。とても勉強になりました。

  • M3

    男性 40代

    この講座は「いただくを乱発しないための講座」でした

    失礼にならないために安全策で「いただく」を乱発してい例は多いと思います。
    意に反して相手に失礼な印象を与えている例もあることを知りました。間違いの例とどう直すかをセットで知り、すぐ使えそうな表現が数多く学べます。

  • W2

    女性 30代

    この講座は「今までの敬語たちは間違ってたと気づけた」でした

    普段 当たり前のように使っていたり、耳にしていることが実は間違ったとに気づくことが出来ました。何気なく毎日使っていて間違って身について(アタマにしみついて)しまってましたが、教えていただいたことをスムーズに使っていけるともっと良い人間関係が築いていけると実感しました。

    先生がとても丁寧にわかりやすく、そして楽しく教えてくださるので毎回楽しみです。

    次回も宜しくお願いいたします。

  • M3

    男性 30代

    この講座は「言葉選びの判断基準を知ることが出来る講座」でした

    本日もありがとうございました!
    メールを書く際に「いただく」「くださり」のどちらが良いのか、漢字にした方が適切なのかいつも悩んでいましたが、前回講座と併せ正しい判断基準を知ることができました。
    CCに関係者が多く丁寧に返したいメールほど誤った日本語でずっと返していました。テンプレで日本語を矯正したいと思います。
    諸々ご調整もありがとうございます。
    引き続き、何とぞよろしくお願いいたします。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「頂くの意味を知ることができる講座」でした

    頂くの意味を知らずメールで「~頂きます」を多用していました。頂く本来の意味を知ることができるので、考えて使うことができるようになりました。

  • この先生の他の講座

    1

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン
    0

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン
    6

    開催リクエスト受付中

    池袋・巣鴨 / オンライン

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?