k1_経理にやさしくAccessをご紹介します

経理はAccessを使うと今より速く正確になります

こんなことを学びます

「実践Access」を使った経理をご紹介します

「楽しい経理」
聞かれたことを1分以内に答える
証票は3分で提示
頼まれた資料を15分以内に作成する

資金の動きは銀行口座の動きとデータの動きを同期照合できること
受注と売上と未回収に関する情報提供を瞬時におこなう

従来の経理業務の中にAccessという道具を使用すると
経理・事務部門の生産性は向上し
「楽しい」を実感できるようになります。

◆Accessを知っていただく入り口講座です(初心者大歓迎です)
 マンツーマン講座ですので気兼ねなくご質問いただけます。
◆Accessは一般人には使えない難しいソフトと言われていますが
 経理・データ分析で使う部分は意外にも簡単な操作で使えます。
 そのことを体験する講座です。
●パソコンは当方で準備します。講師と同期をとりながら操作できます。

---------------------------------------------------------------------------
以下は時間に余裕があるときの内容です。

経理の方もデータ分析に興味を持たれています
 Python、Java、テキストマイニング・・・はデータサイエンティスト向け、
 データ分析ならAccessで十分対応できます。RDB、SQLも知ることが可能
 です

Accessで断トツの事務職になる時の注意事項

役立つアプリの作り方のご質問にもお答えします。


続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥2,000

受けたい
0人が受けたい登録しています

この講座の先生

ACCESSで経理を楽しむ

都立一商卒で経理に就く。その後日大理工Ⅱ部に進学し理系に方向変換。経理からシステム開発部門に異動。30代中頃からシステム監査と経営管理学を学ぶ。46歳で転職し再び経理を始める。戦う中堅印刷会社(錦明印刷株式会社)で社長と共に帝国DB評点62以上維持を目指して内部会計システムを運用。そこで役に立ったのがAccess。MS-Accessを開発ソフトとしてではなく経理の道具として活用。
業務実績は1200名規模の会社(株式会社写研)でシステム開発・オンラインDBDC構築。情報処理システム監査技術者は2種1種特殊の時代に取得。経理は下働きから統括まで経験。
現在、経理に商業ACCESSを推奨する社会貢献活動をおこなっています。
日本システム監査人協会 会員No482
NPO法人 スマート経理 代表
ホームページ「経理館」運営

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    開始時間~05分間 自己紹介とAccessとは
    00:06~20分間 経理で役立つアプリの紹介
    00:26~20分間 インポートとクエリの実習(とりあえず知っていただきたいこと)
    00:46~20分間 経理で速さと正確さを表現する方法
    00:66~10分間 注意事項と質疑応答
  • こんな方を対象としています

    Accessの使い方を知りたい方
    初めてAccessに触るという方も大歓迎です。
    文系・事務職がAccessなんて使えるの?と思っている方
    断トツの経理マンになりたい方。
    AIやRPA導入をご検討されている方
  • 受講料の説明

    ◆カフェで開催した場合の飲食代はご本人負担になります。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    カフェ又はマックのカウンターテーブルにて1対1でおこないます。
    声の大きさに注意してご説明いたします。
    事前にメールで日時と場所の調整を致します。
    日程が埋まっていない日時にも事前メールでご予約可能です。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています

お探しの講座が見つかりませんでしたか?