敬語と電話の個別相談(予約制)

講座ではなく個別指導をご希望の場合は、こちらから。

こんなことを学びます

講座のようにまとまったテーマではなく、それぞれのケースについて相談したいという場合は、こちらの個別相談をご活用ください。
個別相談は完全予約制です。まずはお気軽に開催リクエストをお送りください。

<敬語について>
・敬語について訊きたいことがたくさんある
・敬語を練習したいので、ロープレの相手になってほしい
・面接時の自己PRやビジネス文書の敬語を添削してほしい
・社内でのコミュケーションについて相談したい
など

<電話応対について>
・電話応対について訊きたいことがたくさんある
・電話応対を練習したいので、ロープレの相手になってほしい
・自分の電話応対を指導してほしい
・こんなクレームなら、どんなふうに対応できるのか一緒に考えてほしい
など

私の持てる知識でお役に立つことなら、何なりと仰せ付けくださいませ。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

池袋・巣鴨

価格(税込)

¥4,400

受けたい
4人が受けたい登録しています

この講座の先生

敬語はもっと簡単に使いこなせる

私は、コールセンターに18年勤め、講師として企業へ電話応対研修も行ってまいりました。

コールセンター業務では、敬語を正しく使うことで、お客さまとポジティブな関係が築けることを実感しました。しかし、会社には満足な敬語の教育プログラムはなく、ほとんどを独学で補うしかありませんでした。

外部企業への電話応対研修を実施する講師になり全国を回った経験からは、私の場合と同様、多くの企業が敬語へのニーズがありつつもどのように教育をしたらよいかわからないという状態であることを知りました。

敬語は、いったん理解してしまえば難しいものではありません。自分の言葉として使いこなせるようになることを目標に、どなたにでもわかりやすい講義を行ってまいります。

自分の敬語スキルに不足を感じている方はもちろん、企業の教育担当の方も歓迎します。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    時間は1回につき50分までです。

    開催リクエストをくださる際に、ご希望の内容をお教えください。



  • こんな方を対象としています

    敬語や電話応対の習得について、一人での学習に行き詰まりを感じている方。
    自身のコミュケーションについて、敬語に問題があるのではないかと気になっている方。
    企業の教育担当の方。
  • 受講料の説明

    飲食代は各自ご負担をお願いします。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    録音・録画はご遠慮ください。

レビュー

  • 4
  • 楽しかった!( 1 )
  • 勉強になった!( 4 )
  • 行く価値あり!( 4 )
  • W1

    女性 30代

    この講座は「一人一人に合った学びができる講座」でした

    個別に対応して下さる講座は他にはなかなかないので、私が求めていたこれだという講座に出会えて本当に良かったです。
    どうしたらさらに改善できるのか親身になって一緒に考えて下さったので心強くまた受けたいと思える講座でした。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「どんなケースにも答えをくれる講座」でした

    毎回毎回こういう場合はどう対応したらいいのかという悩みに対して、瞬時に答えを提供していただけます。後はトライ&エラーを積み重ねていくしかないのだなと。初回よりだいぶ上達しました。お値段もお手頃。ありがとうございました!

  • W1

    女性 30代

    この講座は「確実に上達する講座」でした

    この講座を受ける前は、お客様とのアポイントが全くとれず、上司から注意を受け、悩んでいました。しかし講座を受けて、教えていただいたこと、ほんの3つ4つを意識して取り組んだら、次々とアポイントがとれるようになったのです。上司にも「覚醒した?」と言われました。個別の悩みに対応してくれるので、問題意識が明確な方は、すぐに結果が出るのではないでしょうか。

  • W1

    女性 30代

    この講座は「勉強になる講座」でした

    今抱えている弱点を克服するには、具体的に何をすればいいのか教えてくださいます。ハキハキ喋るってどういうこと?とか、具体的なアドバイスが欲しい方におすすめです。また、電話応対は何のためにするのか、という視点は見落としていました。

  • この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?