お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

早春の彩り=白梅・紅梅を撮る!《高倍率・望遠ズームでキレイに♫》

対面

ホントはキレイな梅の花なのに、枝の先でよく見えない・・・。梅林の花を、高倍率・望遠ズームレンズでアップ撮影します!

こんなことを学びます

紅梅・白梅は、和テイストで上品な花を咲かせます。“いけばな” や“盆栽”で、その美しさを知っていても、野外の梅林で写真に撮ることなんて、できそうもない・・・。そんな風に諦めている人に朗報です!

一眼レフやミラーレスなどのレンズ交換式カメラでは、高倍率ズームや望遠ズームレンズが使えます。これらのレンズを使えば、梅林の梅の花も、クローズアップで撮影できます。しかも、花の前後はボカすことで、花自体を浮き上がらせることができます。そうして撮った写真には、“いけばな” や“盆栽”にはない生き生きした梅の花の魅力があふれています!

この講座では、高倍率・望遠ズームレンズの手持ち撮影で、梅の花を魅力的に撮れるようアドバイスします。カメラの設定から、花の選定、レンズ・カメラの使いこなし、絵柄のまとめ方まで、撮影の流れにそって説明します。

<教える内容>

●梅の撮影に合わせたカメラの基本設定を説明。
(画質・画像サイズ・撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなど)
●撮影ポイントごとに、撮影方法や絵柄のまとめ方を説明。
(撮影した画像を使って、ビジュアルに撮り方を説明)
●参加者に撮影していただきます。
(撮影中に、個別にアドバイスを行います)

◆撮影結果の講評について
撮影終了後に、希望者には、写真を拝見して大まかに講評します。

<使用カメラ・レンズについて>

●一眼レフ・ミラーレスなどのレンズ交換式のカメラをお持ちの方。
●高倍率ズーム(18~135mmなど)や、望遠ズームレンズ(55-200mmなど)を持参ください。

<三脚は使用しません>

カメラポジション・アングルの自由度を優先して、手持ちで撮影いただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>

開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。

<集合場所の確認>

お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。

<雨天中止>

本講座は雨天中止です。中止の場合は、前日23時までにグループメッセージでご連絡します。 
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

京王・小田急沿線

価格(税込)

¥4,500

受けたい
7人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込) ¥4,500
場所 京王・小田急沿線

この講座の先生

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇【 お知らせ 】◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
2019年4月で、延べ受講人数が1,000人を超えました。
これも、受講者の皆様のご支援・リピートがあってのことです。これからも、充実した講座となるよう、精進しますので、よろしくお願いいたします。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。

四季の花をテーマに撮り続けて、花写真教室で指導を続けています。フルール花写真教室⇒ http://cfphoto.exblog.jp/

近年、花撮影のほか、レンズの使いこなし術をテーマに、いろいろな新講座を企画しています。

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <午前に開催の場合> *9:30開始の場合があります。
     10:00 撮影地の最寄駅などに集合。
     10:00~10:20 移動。カメラの基本設定を説明、参加者のカメラの設定確認。
     10:20~11:40 複数の撮影ポイントで作例を撮影し説明。参加者に撮影してもらいアドバイスを行います。
     11:40~12:00 希望者の撮影結果を大まかに講評します。

    <午後に開催の場合>
     14:00 撮影地の最寄駅などに集合。
     14:00~14:20 移動。カメラの基本設定を説明、参加者のカメラの設定確認。
     14:20~15:30 複数の撮影ポイントで作例を撮影し説明。参加者に撮影してもらいアドバイスを行います。
     15:30~16:00 希望者の撮影結果を大まかに講評します。
    • こんな方を対象としています

      ◆梅の花を見るのがお好きで、時には写真に収めてきた方。
      ◆梅の花を、カレンダー・ポストカードを作れるくらいに綺麗に撮ってみたい方。
      ◆早春の梅林で、心身をリフレッシュしたい方。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
      ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
      ●撮影ポイントをめぐりますので、歩きやすい靴でご参加ください。
      ●寒中のため、手袋やマフラー・携帯カイロなどの防寒対策をお願いします。
      ●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 1
    • 楽しかった!( 0 )
    • 勉強になった!( 1 )
    • 行く価値あり!( 0 )
  • W3

    女性 50代

    この講座は「白梅、紅梅を望遠レンズで撮ってみよう」でした

    お花が撮りたくてiguti先生の講座には何度も受講してます、今回は梅に挑戦しましたが
    オートフォカスが合わず苦戦しました。
    寒いのと途中諦めかけましたが、先生の丁重な指導により、何枚か撮ることが出来ました
    背景の選び方、花の選び方なども大変勉強させて頂きました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?