8回コース たった8回のレッスンで、世界中のタンゴパーティで踊れるようになる!

時短でタンゴの基礎をしっかり覚えたい方にオススメの講座です。世界各地で注目されるアルゼンチンタンゴの世界を一度のぞいてみましょう!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
アルゼンチンタンゴの基礎の姿勢、ペアとの組み方、基本的なステップを学びます。

<こんなことが出来るようになります>
国内、海外でタンゴを学ぶ仲間ができます。
日本各地、全世界で定期的に開催されるタンゴのダンスパーティで踊れるようになります。
姿勢がよくなります。
歩く、体をねじる動作でくびれができ、美脚になります。

<こんな風に教えます>
始めにタンゴの立ち方や組み方を学びます。その後、基礎となるステップを学びます。
レッスンは対話形式。わからないことはどんどん質問し、自由に楽しく学びましょう。

<持ち物>
ダンスシューズ(靴底が滑りやすいものをオススメします)
服装はとかに決まりはありません。動きやすい格好でお越しください。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

福岡市内

価格(税込)

¥20,000(¥2,500 × 8 回)

受けたい
12人が受けたい登録しています
teacher

この講座の先生

今、世界中で注目されるアルゼンチンタンゴ

長崎県佐世保市出身。
3歳から器械体操を始め、インターハイ、国民体育大会など受賞歴多数。
18歳で引退。
人生の全てだった体操を辞めた消失感を埋めるべく、
フランス語を猛勉強。1日8時間ほど勉強し、3年後には大使館主催のフランス語スピーチコンクールで優勝。
フランスのボルドーへ3ヶ月、パリに1年留学。
留学先の大学の授業でアルゼンチンタンゴに出会う。


2016年に帰国後、アルゼンチンタンゴのアジアチャンピオンである窪田央に師事。
各種イベントでのデモンストレーションやおよそ2000人規模の観客の前でパフォーマンスなど精力的に活動。
2019年1月よりダンサーとしての活動のかたわら、
タンゴの魅力を知ってもらうため、市民向けのダンスレッスンを始める。

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 アルゼンチンタンゴの基礎①歩く

    始めに、簡単な注意事項とダンスのルールを説明します。(10分)

    その後、基礎の「キ」である立ち方や、組み方について学びます。

    実際に音楽に合わせてひとりで歩いてみます。

    ペアを組んで歩きます。

  • 第2回 アルゼンチンタンゴの基礎②体重移動

    前回の復習(10〜15分)

    足の踏み替え、体重移動の方法について学びます。

    始めはひとりで、慣れてきたらペアを組んで実践!

  • 第3回 アルゼンチンタンゴの基礎③サリーダ

    前回の復習(10〜15分)

    初歩のステップの1つ「サリーダ」を覚えます。
    まずは体の動かし方について説明します。
    その後、ひとりでステップをふむ練習。

    慣れてきたらペアを組んで実践!

  • 第4回 アルゼンチンタンゴの基礎④オーチョ

    前回の復習(10〜15分)

    前回に引き続き、初歩のステップの1つ「オーチョ」を学びます。
    まずは体の動かし方について説明します。
    その後、ひとりでステップをふむ練習。(男性・女性に分かれます)

    お互いにステップに慣れてきたらペアを組んで実践!

  • 第5回 アルゼンチンタンゴの基礎⑤サンドウィッチ・パラーダ

    前回の復習(10〜15分)

    前回に引き続き、初歩のステップ「サンドウィッチ」と「パラーダ」について学びます。

  • 第6回 アルゼンチンタンゴの基礎⑥レボーテ

    前回の復習(10〜15分)

    前回に引き続き、初歩のステップ「レボーテ」について学びます。

  • 第7回 アルゼンチンタンゴの基礎⑦タンゴのパーティ「ミロンガ」について

    前回の復習(10〜15分)

    タンゴのダンスパーティ「ミロンガ」のルールを学びます。

  • 第8回 アルゼンチンタンゴの基礎⑧これまでのステップを使って踊ってみよう

    前回の復習(10〜15分)

    これまで習ったステップを使い、タンゴのダンスパーティ「ミロンガ」の形式に沿って、実際に踊ってみます。

  • こんな方を対象としています

    ダンス未経験者
    新しいことを始めたい
    ペアダンスに興味がある
    海外の友達を作りたい
  • 受講料の説明

    場所代、音楽使用料
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    当日は動きやすい服装でお越しください。
    女性はワンピース、シャツとデニムなど。靴は、ヒール、もしくは底が滑りやすい室内ばきでお越しください。(ジャズシューズや社交ダンスのシューズがあればそちらでも構いません)
    体全身をひねる動きが多いため、底がゴムの方だと膝や腰に負担がかかる場合があります。

    男性は長袖のシャツと動きやすいズボン(ハーフパンツはご遠慮ください)
    靴は、底が滑りやすい室内ばき(女性同様、ジャズシューズや社交ダンスのシューズがあればそちらでも構いません)でよろしくお願いします。
watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています