前田 桜子のプロフィール写真

前田 桜子

(0)
  • 1人
  • 1回

今、世界中で注目されるアルゼンチンタンゴ

長崎県佐世保市出身。
3歳から器械体操を始め、インターハイ、国民体育大会など受賞歴多数。
18歳で引退。
フランスのボルドーへ3ヶ月、パリに1年留学。
留学先の大学の授業でアルゼンチンタンゴに出会う。


2016年に帰国後、アルゼンチンタンゴのアジアチャンピオンである窪田央に師事。
各種イベントでのデモンストレーションやおよそ2000人規模の観客の前でパフォーマンスなど精力的に活動。
2019年1月よりダンサーとしての活動のかたわら、
タンゴの魅力を知ってもらうため、市民向けのダンスレッスンを始める。
2019年4月〜大分市でのレッスンを開始。
8月〜北九州のよみうりFBS文化センターの講師としても活躍。

企業研修のご依頼はこちら
前田 桜子の教室ページの見出し画像

スタジオ・インスピラシオン

福岡でアルゼンチンタンゴを始めるなら、スタジオ・インスピラシオン!

こんにちは。インストラクターのSakurakoです。
アルゼンチンタンゴは、今や若者からお年寄りまで、世界中で注目されているダンスです。

その魅力とは、一体!?

タンゴは究極のペアダンスと呼ばれています。
「2人で音に合わせて歩く」
ただそれだけなのに、息がぴったりあったときは母親、または恋人の腕に抱かれたような安心感や優しさで満たされます。

それもそのはず。
タンゴのホールドのことを「アブラッソ」と言い、日本語では「抱擁」と訳します。アブラッソの触れ合いによって脳から幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンやセロトニンが分泌されるのです。
タンゴは精神を安定させ、ホルモンバランスを保つのにも役立ちます。
海外では「タンゴセラピー」が流行し、触れ合いを通してパーキンソン病の改善やアルツハイマーの進行防止にも役立てています。

また、タンゴを始めた方からは
「猫背が治った」
「姿勢がいいと会社で褒められた」
「海外の友人がたくさんできた」
などといった声をよく聞きます。

この機会にぜひ、アルゼンチンタンゴの世界に足を踏み入れてみませんか??

■教室情報
福岡市中央区警固3-1-1長浜ビル3F

■教室URL
https://www.est-inspi.com

続きを読む
  • 講座一覧

  • レビュー0件

photo

教室風景写真