英語「で」学ぼう! 英字新聞で世界を読むワークショップ

英Economist誌等から最新の興味深い記事を毎回読み切ることで、英語「で」学ぶを実践します。

こんなことを学びます

 英Economist誌の最新号から興味深い記事を選んで、講師とともに最後まで読み切るワークショップです。
参加者は、まとまった英文を最後まで読み切った充実感と最新の世界の知識を得ることができます。
TOEICの問題集はいったん脇に置いて、リアルな英語に触れてみましょう。

進め方
1.難しい語彙の下に和訳の付いたテキストを用意しますので、辞書不要です(ボキャブラリーで落ちこぼれる心配無し)
2.難しい構文は講師が丁寧に解説します。
3.パラグラフごとにネイティブの読み上げ音声を流すので、リスニングの練習にもなります。
4.最後に通しでリスニングします。習ったばかりの英文なのでほとんど聞き取れます。感動的です。英語と内容が同時に定着します。
5.当てたりしませんので安心して参加できます。
6.読む記事は講師が精選して前々日までに告知します。

※10月以降は、開催場所が基本的に「新橋」に変わります。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

受付中

2月21日(金)

14:15 - 16:45

東京 / 東京(その他)

予約締切日時

2月20日(木) 14:15 まで

参加人数

0/8人

開催場所

JR、地下鉄 新橋駅 徒歩5分
雨でも、地下道から濡れずに行けます。 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 6階 会議室B-08(608)

価格(税込)

¥3,000

受付中

2月21日(金)

19:15 - 21:45

東京 / 東京(その他)

予約締切日時

2月20日(木) 19:15 まで

参加人数

2/8人

開催場所

JR、地下鉄 新橋駅 徒歩5分
雨でも、地下道から濡れずに行けます。 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 6階 会議室B-08(608)

価格(税込)

¥3,000

受付中

3月8日(日)

14:30 - 16:30

東京 / 東京(未定)

予約締切日時

3月07日(土) 14:30 まで

参加人数

1/10人

開催場所

御堂筋線 本町駅 徒歩3分
港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館6階

価格(税込)

¥3,000

  • 受付中

    2月21日(金)

    14:15 - 16:45

    東京 /東京(その他)

    選択中 選択
  • 受付中

    2月21日(金)

    19:15 - 21:45

    東京 /東京(その他)

    選択中 選択
  • 受付中

    3月8日(日)

    14:30 - 16:30

    東京 /東京(未定)

    選択中 選択
  • 参加できる日程がありませんか?
    先生に開催リクエストを送ってみましょう!
    開催リクエストする
受けたい
174人が受けたい登録しています

開催日程

2月21日(金) 14:15 - 16:45

¥3,000
参加人数 0/8人
場所 JR、地下鉄 新橋駅 徒歩5分

2月21日(金) 19:15 - 21:45

¥3,000
参加人数 2/8人
場所 JR、地下鉄 新橋駅 徒歩5分

3月8日(日) 14:30 - 16:30

¥3,000
参加人数 1/10人
場所 御堂筋線 本町駅 徒歩3分

この講座の先生

英語「で」学ぶ伝道師

英語「で」学ぶための総合サービスをご提供中です。
① 正しく読む手法(メソッド)の公開
② 実践(プラクティス)の場を提供 ★ストアカ講座★
③ 誰でも英語が読めるアプリ「英読」の無償公開
④ 短期実力養成のためのコーチング

TOEIC 935点(L495, R 440)
(特にTOEICのための勉強はせず、原書の読書とニュース英語のヒアリングを通じて英語力を養成)

『辞書不要!! 英文に日本語でルビを振るアプリ「英読(えいどく)」』の共同開発者の1人として、主に独自辞書の作成を担当してきました。
(2018年末時点で5万ダウンロード達成。iPhone/ android 両サポート。無料)

初・中級者が次にぶつかる壁が「構文の理解」です。構文が読み取れなければ結局何のことか分かりません。
この構文理解を助けるためのシンプルかつ効果的な「藤田メソッド」を使って、ガチの英文を読むセミナーを開催。

「英読」で作成した教材を使うので、語彙力で落ちこぼれる心配はありません。

あなたも、ガチの英文を読む楽しみを手に入れて下さい。 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    19:15 開場(昼の部は14:15)
    19:30 開講(同 14:30)
    1.テキストの概要説明
    2.下記をパラグラフ単位に繰返し
     ①講師によるテキスト音読、説明、文法解説
     ②ネイティブの読み上げ音声リスニング
    3.最後に通しでリスニング
    4.まとめ
    (質問は随時。基本的に当てません)
    21:45 閉講(同16:45)
    • こんな方を対象としています

      ・最近、TOEIC等の学習教材しか読んだことがない方
      ・まとまった量の英文を読み切った経験が少ない方
      ・英語を読みたいが何を読んでいいか分からない方
      ・TOEIC等の得点目標を達成して、次の目標を探している方
      ・外国人の方と話す時の題材に苦労している方
    • 受講料の説明

      受講料には講義代、テキスト代、場所代を含みます。
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      各回のテキストは
      開催の4〜5日前には告知致します。
      (なるべく最新の記事を読みたいので)
      ***
      「英字新聞で世界を読む」の
      2020年 1/10(金)のテキストを下記に決めたので
      ご案内いたします。


      China’s success at AI has relied on good data
      (中国がAIで成功したのはデータのおかげ)

      顔認証とかの画像認識系のAIには、
      AI教育用のデータが大量に必要なのですが、
      そのデータは人間が作らないといけません。

      たとえば犬と猫を見分けるAIを作るには、
      まず最初に犬と猫の画像をそれぞれ数万枚
      用意する必要があります。
      つまり数万枚の画像を1枚1枚開いて、見て、
      「これは猫」、
      「これは犬」と
      いちいちラベルを付ける作業が必要なのです。

      その作業を世界中から請け負う会社が中国に
      あるそうです。
      国内の最貧地区にセンターを作って、
      現地の相場の3倍の給料を払って
      30万人を雇用しているそうです。

      しかも、そのセンターの運営には
      最先端のAIを導入していて
      ものすごい効率化をなし遂げている・・・

      という話を一緒に読み切ります。
      2020年早々、大きな目覚ましになるお話です。

      皆さま、
      是非、ご参加ください (^o^)
      また、
      可能な範囲でいいので予習を強く推奨いたします。



      当日のテキスト(英読アプリで変換)
      https://drive.google.com/open?id=1E3AQF3Zuxo9UZQ3S5cOl60gbMn-7eVvO

      ネイティブ音声
      https://drive.google.com/open?id=1wZcMQ8wXERDHQIOWM2tCShVxImrLPbF7

      元記事(The Economist)
      https://www.economist.com/technology-quarterly/2020/01/02/chinas-success-at-ai-has-relied-on-good-data

      以上
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    レビュー

    • 51
    • 楽しかった!( 24 )
    • 勉強になった!( 43 )
    • 行く価値あり!( 37 )
  • M1

    その他 30代

    この講座は「英語で時事問題を学べる講座」でした

    最新の英文記事を読みながら、記事内容の補足情報を適宜出してもらえます。文法や単語(辞書に載っていないような単語や著者オリジナルの語句など)についても解説してもらえるので、自分一人で読むときのような「検索で出ない!」というストレスなく時事問題を理解できます。
    英語で時事問題をまなび、さらに英語も学べるいい講座です!

  • M2

    男性 40代

    この講座は「忍耐力・集中力も養える講座」でした

    今回は長文(9200字)でしたが精読スタイルで読み切るというタフな授業でした。予習段階での疑問点がほぼ解消され、授業後は非常にスッキリとしました。今回の英文は主語が長い文や倒置表現が特に多いように感じられましたが、書き手の癖も出るのかなと思いました。個人的には英文での名詞表現を日本語での動詞表現で表すような自然な訳が出来るようになりたいです。中国のAI市場を支える一翼を低賃金労働者に支えられている画像ラベリング工場が担っているとは初耳で勉強になりました。

  • W2

    女性

    この講座は「「英文としっかり向き合える講座」」でした

    細かい単語の説明がとても面白くてあっというまでした。経験豊富な先生ならではのエピソードもとても印象的でした。ありがとうございました!

  • M2

    男性 40代

    この講座は「英語で最新ネタを勉強できる講座」でした

    今回も大変有意義な講座でした。中国で急増中のⅡ型糖尿病ネタはちょっとした日々の雑談ネタにも使えるものでした。本日は先生の師匠の方もお見えになっていまして驚きましたが、参加者が多ければ多いほど多様な見解に触れることもできて色々と勉強になりました。次回もタイムリーなネタを期待しております。

  • W3

    女性 60代

    この講座は「英字新聞で世界を読む」でした

    私のレベルで大丈夫かなぁと思いましたが、分かりやすく説明してくださったので、最後まで読み解くことが出来ました。

  • この先生の他の講座

    関連講座

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?