東京の田舎、青梅の和室で心打たれる名文を音読して英語練習!

スケールの大きい人たちの言葉は、私たちが生きる指針やヒントをくれます。ついでに英語も練習すれば一石二鳥です!

こんなことを学びます

この講座では、心を打つ名文を気持ちよく音読して英語を身につけるコツを学びます。

音読は日本人にとって最も基本的な英語練習法ですが、無味乾燥な文章や義務感からとりくむテキストだと、何度も音読する動機づけがなかなかわきません。でも、心に響くテキストなら繰り返し音読するのを楽しめます。

いつのまにか覚えてしまうくらいに何度も音読するのが英語を身につけるコツのひとつです。

音読に使うテキストは何でもよいのですが、この教室では世界の偉大なリーダーたちの名スピーチを使ってそういった練習をします。

スケールの大きい人たちの言葉は、私たちが生きる指針やヒントをくれます。その意味でもやりがいのあるものになること請け合いです。

使用するスピーチは下記のようなものを想定しています。最初にお申し込みの方とのご相談で扱うスピーチを決めます。

スピーチ例:
・Steve Jobs’ Commencement address at Stanford University (2005)
・Nelson Mandela “ I am Prepared to Die.” (1964)

※この講座の会場は東京都青梅市の拙宅です。和室の畳の上でゆったりとやります。英語レッスンのついでに、拙宅の庭や田舎風情の近隣散策、奥多摩や多摩川の自然やアウトドアもあわせて楽しめます!
 開催リクエストがあれば都心での開催を検討します。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

東京(その他)

価格(税込)

¥1,000

受けたい
2人が受けたい登録しています

この講座の先生

旅、自然、テニス好きの大学教員、ライフコーチ。

旅と自然が好きな大学教員です。クイーンとフェデラーの大ファンです。青梅の西、奥多摩よりに住んでいます。ホームステイが好きで、自宅にはほぼ一年中、外国の旅人が滞在しています。

20年以上、比較政治学や国際社会入門などの科目を担当してきました。外書講読という授業では、国際社会関連の英語文献を読んだり、英語習得法の練習をしたりしてきました。卒業生も多くなるにつれ、学び続けたい人たちが勉強を続けられる場を作って応援したくなり、社会人向けの講座を始めました。

大学での授業は教えあいや話し合いが中心で、今はやりの言葉で言えばアクティブラーニングで昔からやっています。前向きなかたにはとても楽しんでいただけると思います。

駒澤大学法学部政治学科准教授(比較政治学)
AFS交換留学生(1981-82@Dallas, TX)
国際基督教大学社会科学科(88)
東京大学大学院総合文化研究科(博士課程単位取得退学)
日本比較政治学会会員
日本ファシリテーター協会会員
公認 2030SDGsファシリテーター
CTI Japanコーチング応用コース修了 + 続きを読む

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    ☆自己紹介練習
    ※少しだけ英語で話してみます。苦手な方は日本語でもよいです。

    ①扱うスピーチの背景とスピーカーの説明

    ②スピーチの読解

    ③音読
    ・可能であれば聞き取り練習もします。

    ④練習の習慣化のためのコーチング
    ・その場で習慣を作るためのスケジューリングと工夫を話し合い
  • こんな方を対象としています

    ・英語力初中級〜中級
    ・英語を身につけたいけど会話が苦手な方
    ・会話中心のレッスンだとふわふわしてうまくいかない、実力の伸びを感じられない方
    ・基礎からやり直したいけどきっかけや方法がわからない方
    ・自分で練習する習慣がなかなか作れない方
    ・中学校英語で何とかすることを目指している方
  • 受講料の説明

    開催記念料金。
    会場が青梅の拙宅の場合は交通費にご注意ください。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ・筆記用具(消せるペンか鉛筆、赤も)、ノートを持参してください。
    ・開催地は青梅市、JR青梅線石神前駅徒歩6分の拙宅です。
    ・渋谷、駒沢、四ッ谷、新宿、渋谷〜吉祥寺の井の頭線沿線、立川などもリクエストや応募状況により対応可能な場合があります。

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています