Excelで売上予測(5.5時間サイズ)

過去の傾向を基に根拠ある予測を立てることができる!業績にも社内外の人にも効く!

learn

こんなことを学びます

なぜあなたの会社やお店で「数字の予測」が必要なのかから、統計学のノウハウを利用した予測の方法を、Excelの実習形式でわかりやすく解説します。
 
あなたの会社やお店で、
「これまでの傾向はこうなっている」
「このことから●●という方法で予測をしたらこうなった」
「だからこれからこうしましょう」
 
たとえば
「これまで傾向は、気温の高い日はたくさん売れる傾向にある」
「このことから、単回帰分析という方法で予測したら、最高気温が35℃のとき、販売個数は380個と予測できた」
「だから、仕入れは300個ではなく400個にしよう」
「そして、実際の気温と販売個数を確かめて、予測が当たっても外れても、傾向を見守っていこう」
という考え方が肝要です。
 
一発で当たる予測は、絶対にありません。
絶対に当たる予測は、絶対にありません。
仮にあなたの数値予測は当たったことがあっても、今後も再現性はありますか?
また、あなた以外の方が同じように予測をすることはできますか?
 
そのためには、意思決定までの過程と方法を、共有・継承できることが大切なのです。
そのために、このセミナーで、予測に対する考え方や身につけて、組織で共有・継承しましょう。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

川口・越谷

価格

¥30,000

受けたい
1人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

統計学・数学の予備知識不要でわかりやすく解説します

Excel統計学の研修講師。
これまでの経験や勘だけに頼らない、データや数字も加味した意思決定が要求されます。
そこで、Excelベースの講座を中心に、実務のデータ活用を、表・グラフ・平均値などデータや統計学をわかりやすく解説しています。
数学・統計学の知識は無くても、実務で大ケガしない程度まで、しっかりと説明します。

●主著●
「7日間集中講義!Excel統計学入門(オーム社・刊)」3刷
「ビジネスマンのためのデータ分析&活用術(フォレスト出版・刊)」※繁体字中国語版アリ

●共著●
「ビジネスプロフェッショナルのExcel術」(日経BP社・刊)
 Chapter6 データ分析「実績から次の一手を予測する」のPart1~6を担当
「EXCELマーケティングリサーチ&データ分析[ビジテク]2013/2010/2007対応」(翔泳社・刊) ほか

●通信教育講座●
日経ビジネススクール オンライン講座

●録画授業●
株式会社スクー

●雑誌連載●
日経パソコン「未来を予測するExcel分析術」(2014年7月14日号~9月22日号) + 続きを読む

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.ビジネスで数値予測の意義
      ・ビジネスデータを使ってなぜ数値予測が必要か
      ・数字やデータ、情報を扱うときの注意事項
    2.変化する要因が1個の場合の数値予測
      ・相関関係、相関関係を利用するときの注意点
      ・散布図というグラフをExcelで描く
      ・単回帰分析という方法で予測する式を求める
    3.変化する要因が2個以上の場合の数値予測
      ・重回帰分析という方法で予測する式を求める
      ・複数ある要因のうち、どの要因がより予測を左右するかを探る
      ・重回帰分析の注意点
    4.時系列データの推移だけを利用して予測をする
      ・Excelの散布図の近似曲線の追加機能を使って説明
      ・過去の傾向が直線的・曲線的に増加や減少がみられる場合の将来の予測
    質疑応答
  • こんな方を対象としています

    ・ビジネスデータを扱うための基本を身につけたい方
    ・Excelの活用範囲を拡げたい方
    ・管理者研修の一環として
    ・経営者の方
    ・士業の先生方
  • 受講料の説明

    拙著「7日間集中講義!Excel統計学入門(オーム社・刊)」を使用します。当日進呈します。
    ※既にお持ちの方は、他の方にぜひご紹介ください(本の返却をしていただいても、受講料金の値引き等は行いません)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●録音・録画・写真撮影は、ご自身の復習のためにご利用になる場合に限り、OKとします。
    ●SNSへの投稿する場合、他の方の映り込みに関してはご配慮願います。
     
    ●次のパソコンをご持参ください●
    ・OS: 日本語版Windows
    ・Microsoft Excel2010、2013または2016がインストールされ快適に動作すること
    ・「データ分析」ツールが使えるようになっていること
    ・ACアダプターも忘れずにご持参ください

more

この先生の他の講座

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています