お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

鉛筆で絵を描きましょう

実は簡単です人の顔を描くのは、そのポイントを教えます

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
人の顔を描きたいけど描けないから、苦手に変わっていきます
苦手からわかるになるように鉛筆の使い方と
併せて絵のバランスについて学びます

<こんなことが出来るようになります>
基礎中の基礎でバランスのとり方を中心とします
顔のバランスの配置を基礎知識に
最初はなぞるように描いていきます。


<こんな風に教えます>
90分を基本で

10分は知識
図形、▲●■で絵の構成がされていること

20分で鉛筆の使いかた
立てて使う、ねかせて使う、力の加減筆圧

60分で人の顔のバランスを理解できます
最初は図形だけでバランスとり
図形から少しパーツに似せていく
状況によりトレースを利用


<持ち物>
特にありません、鉛筆と紙はこちらで用意します
材料代も含まれます

<定員>
基本 1~10名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
カフェで開催しますので、受講料とドリンク代が別途必要
300~600円
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

秋葉原・御茶ノ水

価格(税込)

¥2,300

現在は開催リクエストを受け付けていません
受けたい
46人が受けたい登録しています

開催日程

現在この講座の開催日程の講座はありません。

この講座の先生

ファッションのスタイル画をはじめ絵の描き方

以前、文化服装学院のドローイングの講師をしており、
自身で絵の個展グループ展も開いていました。


絵を描く道具の得意分野は鉛筆と色鉛筆、
色鉛筆も水彩と油性があり
油性の方が好きです、

そのほかパステルや水彩も講師の時代に
画材の使い方なども授業の一環であり
基礎的知識を教える。


絵の描き方は人物が中心で
バランスの取り方や分解図形を元に
人物を骨組みを下書きした後肉付け、
着装の流れで描きます。

最初はしっかりした人を描くというより
バランスのとり方が中心で

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    90分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    10分 講義
    20分 鉛筆の使い方
    50分 ワーク作業
    10分 見せ合い
    • こんな方を対象としています

      絵を描くことにチャレンジしたい人、簡単に描けるかもしれないと感じている人
    • 受講料の説明

      鉛筆、紙6枚
      コピー紙
      上質
      画用紙
    • 受講する際は以下をお読み下さい

      特にありません、個人的な家庭教師的に教えます
    ※ストアカでは全講座に保険が適用されます。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    関連講座

    お探しの講座が見つかりませんでしたか?