梅の花を撮って春を楽しもう!〔万葉から続く春景色〕初心者向き

万葉の昔から親しまれてきた梅の花を、今時は、観賞しながら、美しい写真に撮って楽しめます。万葉人に思いを馳せながら、梅を楽しみましょう!

learn

こんなことを学びます

万葉集には119首も梅の歌が読まれ、当時から梅が親しまれていました。菅原道真の梅好きにちなんで、天神様の社紋(マーク)は梅の花のデザインで、境内には梅林がつくられています。
古くから早春の風物詩として、観梅をとおして、人々の心に春の訪れを知らせてきた梅の花です。古き佳き習わしを、写真を撮りながら楽しみましょう。

撮影地の「小石川植物園」の梅林は、日当たりの良い南向き斜面にあり、早咲きの紅白梅が香り良く咲き出しています。
この講座では、手持ちの標準ズームレンズや望遠ズームレンズを活用して、梅の花を魅力的に撮れるようアドバイスします。カメラの設定から、被写体の花の選定、レンズ・カメラの使いこなし、絵柄のまとめ方まで、撮影の流れがわかります。

<教える内容>

●梅の撮影に合わせたカメラの基本設定を説明。
(画質・画像サイズ・撮影モード・ISO感度・ホワイトバランスなど)
●撮影ポイントごとに、絵のまとめ方や撮影方法を説明。
(撮影した画像を使って、ビジュアルに撮り方を説明)
●参加者のレンズに合わせて撮影していただきます。
(撮影中に、個別にアドバイスを行います)

◆撮影結果の講評について
撮影終了後に、希望者には、写真を拝見して大まかに講評します。良い点や改善点がわかり、次の撮影に役立ちます。

★★★★★★★撮影地(小石川植物園)について★★★★★★★

撮影地は、文京区にある東大付属小石川植物園です。日本最古の植物園で、植物の宝庫です。日本庭園の一角を占める梅林は、緩やかな南向き斜面を中心に紅白梅が植えられて、早期から梅が開花します。じっくり撮影するのに最適な撮影地です。

<入園料>
400円(入口の券売機で購入)が必要です。 

<使用カメラ・レンズについて>
●一眼レフ・ミラーレスなどのレンズ交換式のカメラをお持ちの方。
●標準ズームと望遠ズームの、いずれか一方か両方を持参ください。
(どちらもお持ちの方は、できれば両方をお持ちください。)
●18~200㎜などの高倍率ズームでしたら、一本だけでもかまいません。

<三脚は使用しません>
カメラポジション・アングルの自由度を優先して、手持ちで撮影いただきます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆参加にあたってお願いとご確認☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<お願い>
開催日程からお申し込みの際には、参加申し込みコメント欄に「当日ご使用のカメラ・レンズの機種名」と「当日の連絡先(携帯番号)」をご記入ください。
そのほか、写真についてのご質問などありましたら、ご記入ください。
<集合場所の確認>
お申し込み後、開催2日前までに、詳しい集合場所をお知らせします。本講座のグループメッセージをご覧ください。
<雨天中止>
本講座は雨天中止です。中止の場合は、前日23時までにグループメッセージでご連絡します。 
17人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:新宿・代々木

    受講料:¥ 4,300

過去に開催した日程一覧

Iguchi Tsuneo さんの他の講座

teacher

この講座の先生

Iguchi Tsuneo

撮影を楽しみながら、写真が上手くなります♪ 

フィルム時代には、山岳写真や風景写真で活躍。
雑誌『山と溪谷』フォトコンテスト年間努力賞、雑誌『風景写真』フォトコンテスト当月最優秀賞、富士フィルム・ネイチャーフォトコンテスト入選(3回)など、受賞。
隔月刊『フォトテクニック』(玄光社)の依頼により、多くのムック本へ作例を掲載。<... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <午前に開催の場合>
     10:00 教室開催の植物園などに集合。
     10:00~10:15 カメラの基本設定を説明、参加者のカメラの設定を確認。
     10:15~11:30 複数の撮影ポイントで作例を撮影し説明。参加者に撮影してもらいアドバイスを行います。
     11:30~12:00 休憩スペースなどで、希望者の撮影結果を大まかに講評します。
  • こんな方を対象としています

    ◆春の花(梅など)を見るのがお好きで、時には写真に収めてきた方。
    ◆梅や桜などの花見で親しんでいる花を、カレンダー・ポストカードを作れるくらいに綺麗に撮ってみたい方。
    ◆早春の梅林で、心身をリフレッシュしたい方。
  • 受講料の説明

    参加費は受講のみの価格です。撮影地の入園料などは、各自の負担となります。
    (小石川植物園では、入園料400円が必要です。)
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●カメラの電池はフル充電したうえ、あれば予備電池をご持参ください。
    ●カメラの取扱い説明書がありましたら、ご持参ください。
    ●公園内を歩きながら撮影ポイントへ行きますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ●寒中のため、手袋やマフラー・携帯カイロなどの防寒対策をお願いします。
    ●当日、途中から小雨が予想される場合には、折りたたみ傘をご持参ください。

review

レビュー

  • 男性

    この講座は「『切り取り方の難しさ・大切さを実感』した講座」でした

    今回も、いつものように撮影前事前講習を丁寧に御指導戴き大変役立ちました。今後は切り取りをする花の選別を自分なりに努力して被写体を探して写していきたいと思っています。井口先生にまた御指導戴きたいと考えております。お世話になりました。

  • 女性 70代

    この講座は「花を撮るのが楽しくなる講座」でした

    やっと花の季節がはじまり、今回の梅の花撮影講座はとても楽しみに受講しました。好きな花なのにいつも思うような写真が撮れず、梅は難しい!となかば諦めていましたが、被写体の花の選び方、さまざまな構図や背景、画面を整理しての絵作り、光の大切さと露出補正などなど沢山のことを教えていただいてとても勉強になりました。早速復習しながら梅の花の撮影をしてみたいと思います。講座後のご講評も参加者ひとりひとりの全ての写真に対して、時間を大幅にオーバーしてまでも丁寧にしてくださいました。ありがとうございました。

  • 女性

    この講座は「春を切り取る講座」でした

    花の撮影会は、ほぼ初めてに等しく、最初は戸惑いましたが、すぐに、先生が立ち位置を教えて下さり、流れに乗れました。梅の花をじっくりと観察すると、主役にしたい花が何となく浮き上がって来るようで、それに合わせて構図を組み立てたり、光の加減により、補正を変えたり、学ぶ事が沢山ありました。先生がレフ板を当てて頂くと、花が見違えるように綺麗に撮れました。先生のガイド無くしては、これらの写真は撮れませんでした。ありがとうございました。

  • 男性

    この講座は「いい写真には理由がある」でした

    新宿御苑で桜を撮る回でした。
    構図の考え方、被写体と背景の整理の仕方等じっくり教えてもらえるので花の魅力を引き出す撮り方を学べました。
    三脚があると落ち着いて構図等を考えられるのでおすすめです。

  • 男性

    この講座は「写真は一期一会」でした

    手とり足とり丁寧に花写真の撮り方を教えてもらえました。
    今まで気付くことの無かった新しい視点と花写真の構図の作り方を教わり、教わるそばから写真が変わっていくことを実感出来き、自分が成長しているのがわかるので撮れば撮るほど楽しくなりました。
    大変熱心な先生で質問も丁寧に答えてもらえるし、カメラの事や設定、三脚の使い方、良いレンズ。さらには写真に対する「心がまえ」までも教えてもらえます。
    早く続きの講座を受けたい気持ちでいっぱいです。

  • 男性

    この講座は「スッキリ切り取る」でした

    枝ものをちゃんと撮るのは初めてでしたが望遠レンズできれいに撮れました
    撮る際も作例や取りやすい花を示してもらえるのでとても撮りやすかったです

  • 男性 40代

    この講座は「新しい発見」でした

    望遠レンズを使うことでスッキリきれいな写真が撮れました。また三脚を使うことで表現の幅が広がりました。
    講座の最初に作例とその解説資料をいただき、こんな写真が撮れるというイメージがしっかりとできあがります。その後は先生にアドバイスをいただきながら実際に撮影、最後にはマンツーマンで講評もしていただきました。
    先生の他の講座も受講してみたいと思っています。

  • 男性 30代

    この講座は「ポイントが分かりやすく楽しい講座」でした

    望遠レンズによる花撮影は初めてでした。
    事前にとり方のコツや作例、推奨設定をレクチャーしたうえで、撮影に入ります。
    撮影中も逐次写真をチェックしてくれて、アドバイスをもらえるので、ビギナーとはいえそれなりに上達しました。
    最後は写真への講評もありで、かなり満足できる講座でした。

  • 女性 50代

    この講座は「楽しい時間」でした

    作例の資料を用意されていて分かりやすく良かったです。楽しい講座でした。また、機会があったら参加したいです。